FC2ブログ

ホテル・モントレ長崎

2009 長崎
05 /21 2009
緑豊かな起伏の多い山間の高速から長いトンネルを抜けるといきなり街が現れた。トンネルは“ながさき出島道路”。いきなり現れた街は水辺の森公園の前。

バスはそこを右に曲がって最初の停留所“新地バスターミナル”で下車。ホテルまでは徒歩5分となっていたので歩けると思ったら意外と遠かった。電停でいくと二駅分。ホテルのHPに徒歩5分とあったのは直近の曲がり角からだったみたい…。雨に加えて風も強かったからちょっと大変だった。


今回のホテルは『ホテル・モントレ長崎』
テーマはポルトガルの修道院。ロビーへの扉を開けたらちょうど結婚式の写真撮影の最中だった。ちょうど受付のお向かいに小さなチャペルがある。せっかくの結婚式だけど雨だったので中での撮影になったのだろう。
ホテル・モントレ長崎④


あちこちに使われている青いポルトガルのタイル“アズレージョ”がポルトガルを醸し出している。ちゃんとポルトガルの職人が焼いたものだとか。中庭があるところもヨーロッパっぽい。
ホテル・モントレ長崎⑤ ホテル・モントレ長崎⑥


アンティーク風のエレベーターで8Fの部屋へ。
ちょっと狭いけど静で落ち着いた部屋だった。家具やファブリック類は可愛らしくて女性向きかも。
ホテル・モントレ長崎①


バスルームは普通だったけど、タイルの柄にちょっとポルトガルっぽさが出ていたかな。
ホテル・モントレ長崎② ホテル・モントレ長崎③


今回はビュッフェの朝食付き。種類は多くないけど和食と洋食の両方が食べれる。皿うどんがあるのが長崎っぽかった。ダンナ・ピットは終始「納豆がない」と言っていた。今まではどこに泊まってもあったし、最近は関西でも納豆を出すらしいので意外といえば意外。九州ではより強固に食べないのかな…。
ホテル・モントレ長崎⑨


このホテルには“ランプ・ミュージアム”があって、19世紀のオイルランプのコレクションが陳列されていた。ボディにつかわれている陶器には東洋的な絵柄もあって、日本で焼かれたものなのだろうか…。
ホテル・モントレ長崎⑦ ホテル・モントレ長崎⑧


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

チョップの友達が、銀座のモントレーで
結婚式を挙げましたw
でも、別ですよね・・・きっと。。。

朝ごはんビュッフェは、チョップ大好きです!
納豆もw
ダンナ・ピットさんの気持ちが痛いほどわかるw
それにしても、綺麗なホテルだww

新地バスターミナル

懐かし過ぎる! ダイエー前ですよね、ここ? 学校帰りに用事の無い時は、買い物をして、ここからバスに乗っていたんですよぉ。(^_^) 因みに、学校の最寄りバス停は、ワンともさんが泊まられたホテル前でしたよ。
『ホテル・モントレ長崎』、オープン時に、アルバイト先にいたホテルマンのお兄さんが一人引き抜きで入ったんですよね。(遠い目。。。) 実際に見たことも、行ったこともないのですが、綺麗なホテルですね。客室も綺麗です。そういえば、私がバイトしていたホテルでも朝食に納豆は置いていなかったかもしれません。今時、一搬家庭ではそれなりに納豆も食べると思うんですけどね。東日本ほどではなくても。皿うどんの朝食が羨ましい。。。

to:チョップさん

銀座のモントレも同じ系列のホテルのようですよ。
長崎はポルトガルがテーマですが、銀座はパリなんですって。
長崎も銀座もなかなか素敵なホテルですね。

食べ物がいっぱい並んでいるとテンション上がりますよね。
でも後々の事を考えてあまり食べないんですが…。
ダンナ・ピットはほぼ毎日納豆を食べてますから(笑)。
東日本の朝ゴハンは納豆が基本ですもんね。

神戸のホテル・モントレ&アマリに泊まった事があります。部屋の雰囲気も似てますね~

確かに、ちょっと女性の好みそうな部屋だなと思います。ベットがパイン材だし・・・。雑誌ノンノのインテリア特集とかに出てきそう・・・。

長崎。憧れるけど行った事がないんですよ。吸収は福岡までしかなくて・・・。神戸に似ているって言いますが、どうなんでしょう?

長崎が舞台の映画「7月24日通りのクリスマス」(大沢たかお主演)を見ると「そうかな?」と思いますが・・・。

to:Noraさん

そうです、ダイエー前です。そこの前を通ってホテルに行きました。トイレを利用するのに一度入りましたが、地下もあって大きいダイエーですよね。そういえば近くに学校がありましたよ。ひょっとしてNoraさんの出身校はあそこかな???

『モントレ長崎』にもちょっとした思い出があったんですね。格安ツアーの割にはなかなかいいホテルでしたよ。
東日本の人はよく納豆を食べますし朝ゴハンの定番ですけど、アツアツのご飯に乗せるとそれなりに匂いが立つので、嫌いな人に配慮して出さないのかもしれませんね。それに西日本のお客さんが多くて用意してもあまり食べないのかもしれません。ワンともは2、3日ぐらい食べられなくてもいいと思うんですが、ダンナ・ピットは朝ゴハンに納豆がないと「画竜点睛を欠く」といった感じらしいです。皿うどんは長崎らしいですよね。長崎の人は香川のうどんみたいに朝から食べるものなんでしょうかね。

to:ラーダ・ドゥーナさん

おっ、モントレ仲間ですね。ちょっと調べてみたら神戸のモントレはイタリア、アマリの方は豪華帆船がテーマなんですね。長崎も神戸も雑誌の撮影にはもってこいの造りかもしれません。

ワンともは長崎が初九州だったんですが、異人館のあるあたりは神戸もそうですが、横浜や函館とも似たような異国情緒があると思いました。どこも坂が多くて散策には体力が要りますけどね(^_^;)
「7月24日通りのクリスマス」は長崎が舞台だったんですか。見てから行けばまた印象が違ったかもしれませんね。機会があったら見てみたいと思います。

ダンナ・ピットさんの気持ち

ダンナ・ピットさんの気持ちわかりますぅ~
朝食は白いご飯に納豆ですよねぇ~
ご飯が無くても
納豆だけでも食べたいですよ
体にもいいしね!!
種類は少なくても、おいしそうなビッフェじゃないですかぁ~???
残りものって感じはまったくしないし、
皿うどんも食べれるなんて羨ましい

ホテルはステキですねぇ
部屋もステキですけど、外観がもっとステキです
日本っぽくないですよね
洋館つくりが西洋文化発祥の地なんでしょうかねぇ

to:Yo-さん

Yo-さんも納豆大好きなんですね。
ワンともも納豆は好きですが、ダンナ・ピットの消費量は毎日に近いです。
でも健康にいいので積極的に摂りたいですね。
日本のホテルのビュッフェはやっぱり種類が多いですね。
とはいっても海外のホテルではあまり朝食を付けませんが。

> 残りものって感じはまったくしないし、
そ、そんな風に感じるホテルがあったんですか?

このホテルはグループ全体のコンセプトが洋風なので
こういったスタイルなんだと思います。
でも場所柄的にマッチしていたと思います。

残りもの

そうなんですよぉ~
ビュッフェの朝食のときに
ちょっと遅めに行ったら(もちろん朝食の時間内)
これって残りもの?って感じのことがあったんですよぉ
パットの四隅に残っているものをかきわけなくちゃいけないとか・・・
ウィンナーも折れたものとか・・・
やっぱりお皿やパットやお鍋には
ふっくら、たくさん、ツヤツヤがいいですよね
特に日本なんですから!!
海外は何もとるものがないビュッフェを何度か経験しています
現地の人はフツウに食べるものでも
Yo-が手を出したくないものばかりで
結局何も皿にもれず
コーヒーとパンだけ・・・ってことがあります
Yo-の食べず嫌いが原因ですけどね(苦笑)

to:Yo-さん

え~、いくら遅めとはいっても
残り物かき集め系はいただけませんね。
事前に「食べ残しをなくすため、なくり次第終了です」
とでもお断りがあれば納得もしますけど。
そう考えるとビュッフェより一人ずつのお膳のほうが
無駄がなくていいってことでしょうかね。
アパ・ホテルは和か洋のお膳でした。
海外だとアジアのホテルの朝食は充実していますよね。
今までで一番最悪だったビュッフェは
グランド・キャニオンの手前にあったレストランでしょうか。
今思い出しても吐き気がするほど不味かったです(~_~;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。