FC2ブログ

『ヘイフリ坂(幣降坂)』

2009 長崎
05 /31 2009
風頭公園から歩いて下山することにしたワンとも達。
山を下ってヘイフリ坂(幣降坂)に出たいのだけど、それらしい道が見当たらない。

ちょうど通りかかった犬の散歩をしている住民の方を捕まえて訊いてみた。でも、詳しくは知らない様子。住んでいると無意識に利用していて、かえって知らない場合もある。

その方が「たぶんそこの道だ」という“長崎ハタ資料館”の前の路地を行ってみることに。
「人の家?」と思うような路地をちょっと行くと、長崎の街と長崎港が眼下に見えてきた。
幣降坂①


もう少し行くと斜面に墓地が広がる。この墓地にはシーボルトの妻だった楠本 滝の墓もあるとか。シーボルトってオランダ人だと思っていたのだけど実はドイツ人だった。

そういえば長崎の墓石は墓碑銘(?)が金色に塗ってあるものがほとんどで、あまり見たことがなかったので珍しかった。墓石を写すのはちょっとナンなので一服用の“やすみいし”を。
幣降坂②

古い墓地らしく、長くて急な石段が続く。
幣降坂③

途中、お墓参りの老夫婦とすれ違ったけど、ここは墓参も大変そうだ。
幣降坂④


ようやく石段も終わりヘイフリ坂に出た。
ヘイフリ坂は“幣降坂”と書き、来歴による次の通り。
皓台寺と大音寺の間にある坂。寛永11年(1634年)、諏訪神社の一の鳥居に使用するための石材を麓に降ろした際、宰領が御幣(紙を切り細長い木に挟んで垂らした神祭用具)を振って、人夫たちを鼓舞したこと由来するとも言われています。長崎では、この坂のほか延命寺と長照寺の間や東本願寺横の坂も幣降坂と呼ばれています。この坂は長崎でロケが行われた映画「解夏(げげ)」の冒頭やラストシーンに出てきます。
ヘイフリ坂

「解夏」はまだ見たことがないけれど、風情のある坂だった。

長い階段坂を降りてちょっと膝がガクガクになったけど、頑張って眼鏡橋へ。

関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

やっぱり

やっぱり解夏のロケ地でしたかぁ
そうだと思いながらブログを読んでいましたよ
あの映画は良かったですよ・・・
あの映画で大沢たかおファンになりましたから
Yo-は話好きの人が好きなのですが
大沢たかおは例外
無口でも雰囲気だけで会話するっていうか・・・
なんとも言えず良い表情があるんですよ

それにしても長崎は坂が多いですよね・・・
Yo-の重たい体にはしんどい街です
歩けないと思います
夏痩せしないかな~

民家の間の細い坂道

その辺は、当然車が入れませんので、住宅建設ようのブロック、木材は今でもが運んでいるんですよ。初めて見た時は、びっくりしました。風情のある町ではありますが、新聞配達、郵便屋さん、宅配便屋さんは大変だと思います。
そういえば、シーボルト通りという通りがありました。わざわざ行ったのに、何の特徴も無い商店街でしたけどね。(^_^;) 今は、変わったのかなぁ・・・
幣降坂、って言うんですか? 私も知りません。思い返せば、行動範囲が狭くて、あまり長崎の町を歩き回ったような記憶がありません。勿体無い話です。

to:Yo-さん

『解夏』っていい映画なんですね。
今度機会があったら見てみます。
大沢たかおってあまりドラマには出ませんね。
そのせいかあまり作品を見たことがないんですよ。
広瀬香美の元ダンナっていうイメージが強いかも。
それはさておき、あまり台詞のない演技って難しいと思います。
きっといい俳優さんなんでしょうね。

長崎は坂が多かったですね。
平地だけで済ませようと思ったら相当行動範囲が限られると思います。
長く歩くのと坂道を歩くのでは膝への負担が違うと思いますね。
夏痩せしたいですね。ちょっと不健康な気もしますが…。

to:Noraさん

ワンともたちも、すごく狭い路地沿いに家が建っているのを見て「どうやって家を建てているんだろう」と言いながら歩いていました。きっとそういった専用の機材があるんだと思っていたんですが、運搬は馬ですか。なんとも古風な方法ですね。ちょっと見てみたかったです。郵便屋さんや宅急便屋さんはよく見かけました。まだバイクが使えるだけマシなのかもしれませんが、やっぱり大変そうでしたね。長崎の入り組んだ細い路地を見てなんだかヴェネチアを思い出しましたよ。坂道がないだけマシでしたが(^_^;)
シーボルト通りは行きませんでしたけど、でも何か由来があるからそう言っているんでしょうね。
ヘイフリ坂はワンともたちが行った時はほとんど人通りがありませんでしたけど、映画のロケ地らしいので、ロケ地巡りの人は来るんでしょうね。住んでいるのと観光ではおのずと行動範囲が違ってきますよね。ワンともも昔、大阪に住んでいたのに、とうとう大阪城へは行かず終いでしたよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。