FC2ブログ

トルコライス『ツル茶ん』

2009 長崎
06 /03 2009
ちょっと早いけどお昼にしようということで、この日の昼食はトルコライスを食べることに。トルコライスはピラフ・とんかつ・スパゲティを一つのお皿にのせ特製ソースやカレーを掛けて食べる、長崎生まれの大人のためのお子様ランチだそうだ。

なぜトルコライスというのかは諸説あるらしいけど、“ことりっぷ”には「中国の焼き飯、西洋のスパゲティの中央にとんかつがのり、ワンプレートで出されるため、東西文化が混在するトルコになったなど。ウソかまことか?」と紹介されていた。


最初にトルコライスを考案したという元祖のお店『ビストロ・ボルドー』にいってみたらお休みだったので、そこから比較的近い『ツル茶ん』にいくことにした。『ツル茶ん』は1925(大正14)年創業の九州最古の喫茶店で、建物は東洋日ノ出新聞社の社屋だそう。
ツル茶ん④


東洋日ノ出新聞社は中国革命の父・孫文や“姿三四郎”のモデルにもなった柔道家・西郷四郎に縁の新聞社だとか。お店の前に孫文故縁の碑と来歴のボードが建っていた。孫文先生…けっこう過大評価されてるよね…。
ツル茶ん⑤


店内もレトロ・モダンな雰囲気が漂っていた。
ツル茶ん①


そんな歴史的な場所で食したトルコライス…美味しいけど、ワンともにはちょっと重かったかも。“大人の~”とはいってももっと若い人向けかな。他にも組合せがあったので違うのを選べば良かったのかもしれない。でも人気の洋食を盛り合わせにした考案当時の時代の気分は感じられた。
ツル茶ん②


併せて“ミルクセーキ”のハーフも。まるでシャーベットのようで飲むというより食べるといった感じ。これも長崎独自なんだそうだ。暑かったからことさら美味しかった。上にサクランボが乗っていたのだけど、写真を撮る前に食べてしまった…。スプーンを二つ用意してくれたところにお店の気使いを感じた。
ツル茶ん③



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

トルコライスと聞いて飛んできましたw
美味そうですね!
最近重めの物は、ひかえてるチョップも、
これには弱いww

ミルクセーキは、練乳チックなのでしょうか?
これも、けっこうキそうですねww

to:チョップさん

> トルコライスと聞いて飛んできましたw
ウケる~(笑)
それぞれは美味しかったんですけど
重めのメニューなので、ワンともはハーフサイズでよかったかも。
でも美味しかったですよ。
ミルクセーキは練乳も入っているようですが、
シャーベット状になっているのでサッパリしています。
真夏になったら恋しくなるかも。

ミルクセーキって、もうその言葉だけでなんだかなつかしい気持ちになります。

長崎はやっぱり坂の町ですよね~!すごく昔に行ったきりですが、坂がすごかった印象が強く残ってます。写真拝見しながら、「そうそう、この感じ!」って思ってました。

ほんとにお墓参りとか、日常生活とかお年寄りには大変だと思います。その分足腰は鍛えられてそうですけどね。

私は・・・

三十路になって大分経つ私には、ピラフととんかつだけでいいかも。(^_^;) 部活やってる学生君たちに嬉しいメニューかもしれませんね。このメニューといい、ミルクセーキといい、元祖長崎の創作メニューって結構あるものですね。因に、どちらも知りませんでした。
このパスタとは大分違いますが、揚げ物の付け合わせに、スパゲッティのケチャップ炒めとキャベツの千切りがいつもついていた母の料理を思い出しました。決して料理が下手な人ではないんですが、センスがイマイチなんです。
レトロな店内の様子、長崎の老舗『レストラン銀嶺』を思い出してしまいました。一人で行ったんですよね、なぜか・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

to:キリさん

ミルクセーキなんてそんなに珍しいものでもないのに、
と思っていたら長崎のは変わってましたね~。
練乳をかけたかき氷を思わせました。
これから暑くなると恋しくなるような気がします。

長崎はホントに坂道が多かったです。
眺めはいいんですが、毎日生活するには大変だと思いました。
お墓も同じく、仏様にはいい眺めですが参拝者にはキツイですよね。
東京も意外と歩くので、田舎から遊びに来ると
だいたいの人は筋肉痛になって帰って行きますね(^_^;)

to:Noraさん

トルコライスはワンともも学生のころだったらきっとガッツリ食べていたと思います。ミルクセーキはほぼ練乳のかき氷ですね。でも甘すぎなくて暑い夏にはきっと恋しくなると思います。ワンともも地元の名物ってあまりよく分からないですね。地元を離れてから実は郷土料理だったってことに気付いたりしたことはありましたけど。
揚げ物にキャベツの千切りとケチャップ・パスタ…千切りは別にして、ケチャップ・パスタとご飯は合いませんね。でも昔のデパートの食堂の洋食にはそんな付け合わせがあったような…。お母さんもそんなイメージがあるのかもしれませんね。ちなみにキャベツは消化にいいらしいので、ウチで揚げ物をする時は大量に切って出します。
『レストラン銀嶺』は事前に調べている時に出会っていたワードです。今回はルート的にズレていて行けませんでした。老舗レストランに一人で…緊張しませんでした?

トルコライス美味しそうですね。。
今度新潟のお店においてあるかさしてみます
毎週もうすぐだんな様になる人と食べ歩きしてますけど何が食べたいかと言われると即答できないのです

トルコライス・・・。トルコでは豚肉食べないんじゃないの?なんてツッコミ、しちゃいけないんですね。別にトルコ料理でもないんだし・・・。

それにしても、食べ盛りの男子学生に好まれそうなボリュームですねぇ・・・。カロリー高そう・・・。
ハーフサイズとかミニサイズがあれば、どんなものか一度食べてみたいですけどね。

ミルクセーキ。子供の時によく家で作ってましたよ。卵黄と砂糖と牛乳と氷で・・・。でも、練乳が入ってるなら美味しそうですね~

to:ナタリーさん

初めまして。
当ブログへのコメント、有難うございます。
これからもヨロシクお願いします。

トルコライスは長崎だけのもののようですが、
新潟にもあったら行ってお試しください。
ウチも週末のランチは外食が多いですが、
特に決まっていない時は何を食べていいか迷いますね。

to:ラーダ・ドゥーナさん

ほほほ…あくまでも地勢的なこじつけのようですよ。
こじつけって言うのもナンですが(^_^;)

全部コッテリ系のメニューなのでちょっと重いですよね。若い頃はこのぐらい重くて高カロリーでも全然平気だったのに、なんだかちょっと寂しくなっちゃいます。ハーフってあればいいんですけど、ない感じでしたよ。

一般的なミルクセーキは練乳を使わないんですね。自分で作ったことがなかったので知りませんでした。長崎のは練乳が効いていると思います。

オモシロイ名前

トルコライスっておもしろい名前ですよね
語源を聞けば、納得ですけど
旅行に行くと、そこの名物、その店の名物といっては食べすぎちゃいますよね
あとでちょっと後悔したり
それでも全く学習能力は養われないYo-ですよ
Yo-はミルクセーキが大好きです
でも、こんなミルクセーキみたことないですね
とっても美味しそうです
お腹が冷えて下痢になっちゃうかも(笑)

to:Yo-さん

ワンともも「お腹の調子が…」と言っておきながら
旅行中はなんだかんだとイッパイ食べているような気がします。
限られた日数であれもこれも食べたいから
無理してでも詰め込んでいるんですけどね(^_^;)
理性は止めろと言っても本能が欲してしまうのです。
ミルクセーキはちょっと一般的なものとは違いますよね。
お腹の弱い人は冷えに要注意ですが、
これから暑くなってくると恋しくなりそうです。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。