FC2ブログ

『稲佐山ロープウェイ』

2009 長崎
06 /14 2009
2日目の夜は夜景スポットの“稲佐山”へ。
ガイドブックによると長崎ロープウェイが運行する無料の送迎バスがあるというので、それを利用して向かうことに。
無料送迎バスは19時から一日4便、6つのホテルを経由していく。ワンとも達は宿泊ホテルに近いロワジールホテル長崎のバス停から乗ることにした。
稲佐山ロープウェイ①


で、バス停にある時刻表をよーく見ると事前に予約が必要だと書いてある。もうバスが来るまで時間が無かったので、慌ててホテルのフロントへ行き予約のお願いをした。バスの予約はバス停のあるフロントでお願いするようになっている。
ガイドブックはこういう情報を載せてよ…。

ちなみに行きも帰りも乗車時間が決まっているので、自分の都合で行動したい場合はお金は掛るけどバスかタクシーを使った方がいいかも。




無料バスは6つのホテルを回って稲佐山ロープウェイ乗り場のある淵神社入口へ。ロープウェイ乗り場が神社の敷地内にあったので驚いた。
乗車料金:片道700円、往復1200円
稲佐山ロープウェイ④


ロープウェイは2~30人乗れる大きなもの。5分ほどで山頂の駅に着くとちょっと歩いて稲佐山の展望台へ。展望台付近の駐車場には大型観光バスも何台か停まっていた。
稲佐山ロープウェイ②


長崎の夜景は1,000万ドルの夜景なんだそう。修学旅行生が大勢いてかなり騒々しかったけど夜景はとってもキレイだった。
「学生は昼間に来ればいいじゃん…」って思うのはワンともだけだろうか…。
稲佐山ロープウェイ③




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

確かにそうですよね。
肝心なことが抜けているガイドブックって結構ありますよね。
今はインターネットが普及しているので、いろんな情報を集めれば完璧な情報に近づけるけど、
せっかくお金をだして買った本なのだから、
肝心なことをちゃんと記載してもらいたいですよ。
でも、結果的には無料バスにちゃんと乗れてよかったですね。
夜景もきれいですね。
子供に夜遊び教えちゃいけませんよねぇ(笑)

夜景綺麗ですね!
生だとこの何倍も綺麗なんだろうなー。。

しかし、ロープウェイの乗り場が、
神社の敷地内って凄いですねww
事故が無さそうww

to:Yo-さん

これが日本だとまだカバーのしようがあるんですが、海外だと厳しいですよ。
微妙に痒い所に手が届かない中途半端な情報ってママありますね。
抜けとはちょっと違いますが、
数年前にフランクフルトに行った時に使ったガイドブックは
地図が間違っていて寒い夜の街を延々と歩き回ったことがあります。
あれからそのガイドブックは買っていません。

無料バスは結果オーライでしたが、乗れなかったら大不満ですよ。
今のガイドブックって、読者がインターネットも使う事をある程度踏まえて作っているんでしょうかね。

to:チョップさん

生の夜景は奇麗でしたよ。
コンデジですべてを伝えるのは無理ですね。

なかなかご利益がありそうな場所ですよね。
夜はそれなりに雰囲気がありますが…。

色々と。

いつ間にかリニューアルしたみたいですね♪
いやはやこの雰囲気もまた落ち着きます。

しかし僕も旅がしたくなりますね。
もう来年には18になるし、行ってみたいなぁと思っています。まあまだまだ青二才です。いきなり旅なんかしたらたかが知れてますが。

そんな訳で、このブログで我慢?しようと思った所存です。

こうなったらもう世界の果てまで行っちゃって来て下さいッ!
ファイトです!!

to:とある学生さん

梅雨になったのでちょっとソレっぽいテンプレートに変えてみました。
梅雨が明けたらまた変えようと思っています。
ブログでも季節を楽しみたいですよね。

ワンともは18歳の時の行動範囲は家から半径2km以内でしたよ(笑)。
旅行を楽しむようになったのは社会人になってからです。
とある学生さんも学割を有効利用して18歳なりの旅を楽しんでください。
「寝てばかりいる賢人より、旅する愚人」という諺もありますし。
でも「探究し過ぎると足元をすくわれる」ということもあるので、
冒険のし過ぎにはご注意を。

あははは…世界の果てはどうでしょう。
でもユーラシア大陸の西の端は行きましたよ。

ロプウェイに乗ったことがありません・・・ (-_-;)

長崎ではデートスポットの一つである稲佐山ですが、バイトに明け暮れたいた私は稲佐山の夜景を一度も見たことがありませんでした。(^_^;) 社会人になって、一人旅をした時に、元バイト先の知り合いに連絡をとって、車で連れて行ってもらい、ようやく念願が叶いました。遅い・・・ 港町独特の夜景ですよね。稲佐山からの夜景は勿論綺麗なのですが、地元の人は、稲佐山の反対側から見ることも多いとか。学生時代は、そこには行ったことがあるんですよ。
乗り場が神社の境内にあるのは、やむを得ない事情があったんでしょうかね?

to:Noraさん

分かります、分かります。ワンともも関西に住んでいたのに六甲山の夜景を見ず仕舞いでした。稲佐山の反対側からもキレイな夜景が見れそうですね。ワンとも達が行った風頭公園も眺めが良かったので、きっと夜景もキレイでしょうね。ただ反対側は一般旅行者用にはちょっと行きづらいかもしれませんね。
函館のロープウェイ乗り場の前にも神社があったんですが、基本的に山の麓に神社が多いからロープウェイ乗り場も神社の傍になっちゃうんでしょうかね。稲佐山の場合は神社の中じゃないと場所が取れなかったのかもしれませんね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。