FC2ブログ

『旧長崎英国領事館』

2009 長崎
06 /18 2009
3日目、最終日はまずホテル周辺の散策から。

ホテルのすぐ近くにある“領事館の小路”
すっかりキレイに整備されていたけど…。
領事館の小路


そのすぐ横にあるのが“旧長崎英国領事館”
明治41年完成したこの建物は、今は「野口彌太郎記念美術館」になっているそうだ。現在は老朽化にともなう保存改修工事のため閉館中。
旧長崎英国領事館


もう少し行った市民病院の前には“我が国鉄道発祥の地”“運上所跡”の碑が建っている。
鉄道発祥の地は横浜―品川だと思っていたけど、こちらは営業運転を開始したとして発祥を名乗っていて、長崎はそれよりも前に蒸気機関車が初めて日本で走った場所ということらしい。
そういえば出島の近くに、川に向かって動輪が据えられていたっけ…。
2009 長崎 運上所跡碑


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

領事館の小路って・・・

ぱっと見は、(今時の)マンションに入るための専用道路みたいですね。
アハハハ・・・  発祥地自慢、どこも譲らないんでしょうね。何かにつけ、発祥、元祖、本家・・・ と。観光客寄せ、売り上げに繋がるからでしょうかね。風情に欠ける場所に記念碑だけがポツンと立っているのがちょっと寂しくもあります。

to:Noraさん

そうなんですよ。路面もキレイに整備されていますしね、表示が無いと普通の路地ですよね。片側は領事館の塀で、昔からそう呼ばれていたんでしょうけど。
発祥地自慢はどこにもありますよね。日本の場合、鉄道発祥の地というよりは鉄道伝来の地と言った方がいいかもしれませんが。ナンでも残しておくことができない事情もありますけど、ヨーロッパのように古い街並みが残っていればまた見た目も違うんでしょうね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。