FC2ブログ

『浦上天主堂』

2009 長崎
06 /23 2009
長崎旅行の続き…。
平和公園の平和祈念像の右側奥から出ると『浦上天主堂』が見えるスポットがあった。年配のおばさん達がそこのベンチに座って、「ツアーの旅行は、団体に付いていけなくてシンドイ。少人数でゆっくり回るのがいい」というような話をしていた。そういうものなのだろうか…。
浦上天主堂①


さらに10分ほど歩くと『浦上天主堂』に着く。
爆心地にほど近いこの教会も被爆して多大な被害を被った。中は撮影禁止なので画像は無いが、ステンドグラスがとてもキレイだった。
浦上天主堂②

この教会を被爆当時のままに残そうという話もあったらしいが、結果的に破壊撤去され同じ場所に再建されたそうだ。キリスト教迫害などの歴史的な背景もあって教会がこの場所に拘ったらしいが、アメリカへの政治的な配慮もあったという。……アメリカへの配慮。


敷地内には原爆被害の遺構も。首が取れてしまっている像は何の像なのか分からないらしい。
浦上天主堂④


ヨハネパウロ2世の胸像が置かれていた。1981年に長崎を訪れてミサをしたのだとか。ヨハネパウロ2世はバルサのソシオだったということで親近感がある。
浦上天主堂⑤


この日は夏のような暑さだったので、教会前のアイスクリーム屋さんからアイスを買う。アイスクリンのような素朴な味。コーンがもうちょっと美味しいと良かったナ。
浦上天主堂③




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

団体ツアーだと自分たちのペースで回れないし、興味のない場所はすっ飛ばせないし・・・。
でも、移動とか便利ですよね。ホテルの玄関前まで連れて行ってくれるし・・・。

ウチは海外の場合は1日だけの日本語ツアーを利用します。でも、2本の1日ツアーだと参加している客によってはストレスがたまりそうですね

私も団体ツアーは苦手ですねー。かなり昔から団体行動が苦手だったからですけど(^^;)、特にツアーとなると、自分の自由がきかない上に、やたらせかされたりするし・・・。

ただ、移動はラクだし、利点もいろいろあるので、ツアーだったら・・・って思うことも少なからずあります。最近は、特別に直行便を飛ばす海外ツアー・・・。いいなあ、あれ。

to:ラーダ・ドゥーナさん

この会話をしていたオバちゃん達は70歳以上に見えたのですが、このぐらいの年齢だと団体で回るより自分たちの体力に合わせて回った方が楽なのかもしれませんね。

ウチも基本的には個人旅行が多いですが、国内は航空券+ホテルのツアーは安くていいですね。海外だと、シンプルツアーと同じ金額でもっといいホテルに泊まれることに気が付いたので、もっぱら個人手配ばかりです。でもワンともだけだったら英語ができないのでツアー利用になっちゃいますね(^_^;)

to:キリさん

国内旅行は個人がいいですね。何かあっても言葉が通じるのでホントに困ることそうそうもないでしょうし。海外もできれば個人がいいですが、ワンともだけだったらムリなので仕方なくツアーになると思います。
ツアーの利点はやっぱり移動でしょうね。以前は飛行機+ホテル+半日観光のシンプルツアーを利用していましたが、時間が無い時はツアーってホントに便利だと思いました。
直行便…スペインも早く復活して欲しいですよ。でも経由の方が安かったらそっちを利用しちゃうんですけどね(^_^;)

そっか・・・

オバちゃん方は、団体旅行が好きなのかと思っていた(好きな人も多いでしょうが)のですが、見学のスピードが問題になるんですね。確かに、足腰が弱い人は、団体行動が苦手かもしれませんね。(^_^;)
アメリカはいつも配慮される側にいるんですね。アメリカは他国に配慮したことが、かつてあったんでしょうか・・・  あ、同胞のイギリスくらにはあるかもしれませんね。

アイスのコーンも昔ながらの物ですね。こういうコーンは、ショッピングモールの飲食店の複合施設、もしくは観光地くらいでしか見かけないような気がします。

to:Noraさん

ワンとも達が出くわしたオバちゃん達は、もう70歳も過ぎていそうな人たちだったので、歩くのも一歩一歩って感じでしたし、普通の団体旅行は大変だと思います。5、6人でタクシーなんかでゆっくり回るのがいい感じでしたよ。

イギリスには一目置いていると思いますがアメリカは独善と傲慢の国ですから、イギリスにも「都合よく物事を忘れる特技がある」なんて嫌味を言われていますし。ゴリゴリごり押しするアメリカと合理的で冷徹なイギリス、でも根本は同じ白人至上主義だと思いますね。

なんだか金魚すくいのモナカみたいだったんですよ…。コーンも進化しているんですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。