FC2ブログ

30年前の旅行先1位は…

旅行(travelog)
08 /06 2009
まずは広島原爆の日に合掌。


頚肩腕症候群に加え若干の腱鞘炎。
更新が精一杯でコメントもなかなかできない…シクシク 号泣

それでもネットを巡っているとこんな記事にぶつかった。

『昭和54年のGW動向 海外旅行先1位は…』

1位はハワイ、次いで台湾、韓国、ヨーロッパ。
この年は第二次オイルショックの影響で不況だったため、旅行も安・近・短が人気だったとか。でも、一泊旅行に出かける人は前年比7%増。海外も13%増だったらしい。


同じような原油高に不況風が吹いている現在、新型インフルエンザの発生もあって減ったといわれる旅行者だけど、それでも30年前の4倍の人が海外旅行に行っているらしい。行き先も韓国、中国、ハワイの順。今度行く台湾はランク外になっちゃったのか。まさか中国に入っているワケじゃないよね?


田舎の小学生で、東京すら外国のように感じていたワンともには、海外旅行なんて全く別世界だった。まさか毎年サッカー観戦で海外に行くなんて想像もしていなかった。それだけ海外旅行が手軽になったってことだろうか。
とはいえ30年前も現在も、不況の割には旅行代が高い時期にこんなに海外へ行く人がいる。不況って一体なんなんだろう。
そう考えると、しつこいようだけど、子連れで海外旅行に行ける家にまで“子ども手当”って要る!?




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

そうだった・・・

日本人でありながら、こちらの記事読むまですっかり忘れていましたよ。(恥・・・)

若者の(特に海外)旅行熱が冷めている分、熟年者の旅行が増えているのもあるかもしれませんね。今の熟年者が若者だった時、海外旅行はまだまだ手の届かない”一部の金持ちの娯楽”だったでしょう。今は、ちょっと無理すれば誰でも行けますから有り難みも減ってるのかも。

子供手当、所得に応じて支給すればいいのに・・・ 何でもかんでも”一律”と考えるからおかしなことになってくるんですよっ!! (怒)!!

そうそう

すんごいお久しぶりです
私もだるさでウダウダしてたので
ほとんどパソコンの前に座らず(苦笑)
頚肩腕症候群に加え若干の腱鞘炎で
ネット巡ってちゃダメですよ(笑)

うちも子供がいないから言うんじゃないけど
子供手当は所得制限するべきだと思います
一番税金払ってる私達は全然恩恵うけられないわ(爆)

to:Noraさん

ワンとも漠然としか覚えてません。今年は長崎に行ったご縁で長崎のは憶えてましたけどね。

30年前に家族連れで海外に行き出した人達が今熟年になって旅行に行っているんでしょうね。団塊の世代は旅行業者にとっても大きな市場だといいます。なにせ人数が違いますからね。それにしても今時の若者は子どもの頃から海外旅行に行っている人も多いでしょうから、そういう意味では有難味が無くなっちゃったかもしれませんね。自分のお金で行く旅行も体験して欲しいものです。そういえば最近の若者はビールを飲まなくなったという記事も見ましたよ。

子ども手当は完全に票集めのための制度ですよ。月2万6千円って、年30万円超ですよ。高所得の家庭もそうですが、低所得の家庭だって補助金で遊んで暮らしている家庭もあるのに…。なんだか共産主義的な思想が根底にある制度のような気がします。

to:まんたさん

お久しぶりですね。
まんたさんの所にも伺ってはいるんですが、
手の状態が悪くていつも読み逃げですみません。
この時期はだるくて嫌ですよね~。
秋に台湾に旅行に行くことになったので
色々と調べたり手配したりしていたらぶり返してしまいました。
なんちゃってトラベラーの本領を発揮したせいです…とほほ。

子ども手当は子供がいる家庭を狙ったバラマキですよ。
なんでもお金で解決しようとするあたり、税金に無頓着なのは民主党も一緒だと思いますね。

今の中年・年配層は昔とくらべて元気だしバイタリティーがありますねぇ。若者も同じくらいの価格を出すくらいなら、海外へ・・・とか思うのでしょうか。GWなどは国内のホテルでも結構高いですもの。

夏休みとかGWの空港でのインタビューむかつきますね!まだ連れて行ってもたいして有り難味がわからないような子供とか。行くなら自分でバイトしてから行け!って思います。

新型インフルエンザでアメリカ方面に行くのを控えていた時期に親子づれがインタビューで「まぁ、あっちでマスクをずっとしてますしぃ~、今さらキャンセルしてもお金返って来ないしい~」と答えているのを見て呆れました。

子供手当て。本当に必要な家庭だけにして欲しいです。だって、子供のいない家庭だって家系の苦しい救助の必要な人もいるでしょ?!と思います。

でも、目先のエサに釣られて・・・って人、多いでしょうねぇ

to:ラーダ・ドゥーナさん

海外でも元気に観光するシニアに遭遇する事がありますよ。スイスでは山登りに来た高齢者の一行を見かけて、そのバイタリティに感心した事もあります。ワンとももそんな元気な老後を送りたいところです。
最近は長期の休みになると、学生限定の格安航空券などがあっていいですよね。でも若者の旅行者は減っているといいます。一方で留学は増えているような気がするんですが、どうでしょうね。

子ども手当のような制度はなかなか改正が難しいでしょうから、決まる前に問題視してほしいんですけど、マスコミもあまり触れませんね。少子化対策は、バラマキより安定した雇用と収入の確保が建設的で将来性があると思いますけどね。それに貰う事に慣れてしまって堕落する人も増えそうな気がします。世論で政治をする怖さを感じていますが、どうにもならなさそうですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。