FC2ブログ

シドニー違い

旅行(travelog)
08 /14 2009
Yahooのトップページで見掛けたこの記事。

『オーストラリア目指した男性、カナダのシドニーに到着』
オーストラリアにいる親類に会うためアムステルダムの空港を出発した71歳のオランダ人男性が、孫と一緒にシドニーに到着したが、そこは目的地からは1万7000キロ離れたカナダのシドニーだった。
 豪現地紙イラワラ・マーキュリーによると、男性はオランダの旅行会社にオーストラリアのシドニーまでのフライトを手配するよう依頼。その際に、間違った行き先が予約されてしまったのだという。
 7日にオランダを発った2人は、オペラハウスやハーバーブリッジのあるシドニーに12日になって無事たどり着いた。
 かつては炭鉱町だった人口2万6000人のカナダ・シドニーに誤って到着するという同様のミスはこれまでにも何度かあり、2002年8月には英国人旅行者が同地で休みを過ごしたほか、昨年もアルゼンチンからの旅行者が空港で地元住民と仲良くなり、予定を変更して休暇を楽しんだ。(ロイター)




そんなことってあるんだねぇと思っていたら、この記事とはちょっと違うけど、ダンナ・ピットの知り合いがアメリカで目的地とは別の空港に着いてしまったということがあったそうだ。どうもゲートが変わっていたらしいのだが、本人も搭乗口のスタッフも気付かず、席もたまたま空席だったので、そのまま出発してしまったようだ。10年以上前の話しだから、搭乗の際のチェックも機械じゃなかったのかも。
英語ができないワンともに同じ事が起こったら、多分どうすることも出来ず、ロスト・パッセンジャーとして日本に返されるだろう…。

それにしても、カナダのシドニーに行ってしまうミスが何度かあるというのが驚く。で、そのまま楽しんでしまう人がいるということも…。

アメリカにはベルリンという地名の都市があるらしいが、間違ってドイツのベルリンに行ってしまったということはないだろうか。

ちなみにワンとも達がサッカー観戦で行くスペインのバルセロナ。このバルセロナという地名は南米の国にもいくつかある。まさか間違えないとは思うけど、エクアドルやドミニカに着いたらシャレになりません。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ほぉ、そんな事が・・・。
でも、同じ英語圏でよかったですねぇ。
これが言葉の通じない国だととても観光しよう、とは思えませんもの・・。

間違えて行ってしまった人たち、とんだハプニングにもめげず楽しめるなんて素晴らしい~!

同じ名前の都市がある別の国・・・。う~ん、映画の設定ではありそうですね

この記事も見ました。(^_^)

もう、PCばっかり見ているもので・・・ (^_^;)
偶然の間違いだとはいえ、普通はシドニーと言ったらオーストラリアの方を第一に考えるものではないでしょうか。開き直って「カナダのシドニーで遊んじゃおう!」と出来る人はいいですが、急ぎの用事の方の場合は大変でしょう・・・  バルセロナという町も複数あるんですね。世間一般ではスペインのバルセロナを思い浮かべますが、バルセロナがある他の国の人にとっては常識が違うんでしょう。
まだ英語が通じる国に降ろされたらラッキーな方だと思います。地上係員で英語が通じない国だったら冷や汗もんです。(^_^;)

to:ラーダ・ドゥーナさん

確かに同じ英語圏で良かったですよね。
言葉が通じなかったら不安になっちゃいますから。

現地で楽しんだのはアルゼンチンの人達らしいですが、
さすがラテンの国だけあって楽観的ですね。
ポジティブだと旅が楽しいかも。

移民や植民地の関係からアメリカや中南米の国には、
ヨーロッパ各地と同じ地名の所が多いようです。
確か「銀河鉄道の夜」に出てきたグアダラハラという地名は
スペインにもメキシコにもあったりします。

to:Noraさん

ワンとももPCばっかりです。それで腕や肩がおかしくなっているのに…(~_~;)
普通シドニーはオーストラリアですよ。「カナダのシドニー」と言われたら逆に印象的で間違えないでしょうけど。しかし結構いろんなところから、人口が2万6千人のカナダのシドニーに飛行機が飛んでいるんですね。バルセロナも複数あるようですが、南米ばかりなので元植民地の名残でしょうね。きっとまた違った思い入れがありそうです。ワンとも達のバルセロナ旅行はサッカー観戦が目的ですからね、南米に着いて試合が見れなかったらもう腑抜けになってしまうと思います。
そうですね、最悪でも空港は最悪でも通じそうですもんね。あとはこっちの英語力ですね(~_~;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。