FC2ブログ

東京ラーメンストリート『六厘舎』

ちょっとお出かけ(グルメ)
08 /25 2009
昨日のお昼食は、ダンナ・ピットが小耳に挟んできた東京ラーメンストリートに出店しているラーメン店“六厘舎”へ。


人気店だということで少し時間をずらして行ったのだけど、13:30ごろでこの行列。
六厘舎①


並んでから席に着くまで約1時間かかった…。店内はカウンター席とテーブル席を併せて30席ないぐらい。


さて肝心のラーメン。
ワンともが食べた“つけめん(味玉入り)”¥950
六厘舎②


ダンナ・ピットが食べた“つけめん大盛り(味玉入り)”¥1,050
六厘舎③


ここの麺は太い。細めのうどんといっても過言ではない。スープは魚介系で濃い。でもしつこくなくて甘みも感じられた。なんといっても魚粉がいい風味を醸し出している。
以前ウチの近所にあったお店の味とちょっと似ていて懐かしかった。あの行列に並ぶと思うとちょっとメゲるけど、できればまた食べたいと思った。



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こうしてみると・・・

やっぱりワンともさん夫妻はラーメン好きですね。(^_^) まぁ、日本人で「ラーメンが嫌い!」と言う人はそういないと思いますけど。Tamaのマンションの近くにも魚介系のダシでスープを作るラーメン屋さんがあり、Tamaは気に入っていたのですが、私は肉系のダシの方がやっぱり好きなんですよね、ガツンとくる感じがして。(^_^;)
行列の出来る超人気店だと、15:00とか16:00頃のホントに外した時間でも軽く並んでたりしますもんねぇ。外国人には分からないだろうなぁ、この感覚。

奇遇にもラーメンネタを昨日書いたチョップ参上w
ここのラーメンは、食べた事がないですが、
とても美味しそうですねw
つけめんは、大勝軒を食べた事がありますw

しかし、すごい行列ww

うわわ☆

ものすごく美味しそう♪
僕つけ麺デビューまだです。
食べてみたい

ラーメン

う~ん。さすが東京。
ラーメンで1000円というのはほとんどが土地代ではないのか、と思うのは田舎者のやっかみでしょうか。

to:Noraさん

ワンとももラーメンは好きですが、色々と熱心なのはダンナ・ピットですね。六厘舎のラーメンは魚介系ですがガツン系なので、Noraさんにも合うと思いますよ。魚介系の風味が苦手だとちょっと厳しいかもしれませんが。
バルセロナではガイドブックに載っているレストランの前に長蛇の列ができてきるのを見かけます。あとカサ・ミラやサッカーのチケット売り場なども…。観光地だからかもしれませんね。

to:チョップさん

チョップさんおススメのお店だと、
大勝軒には時々行きますが、まだつけ麺は食べた事が無いです。
あとは行ったた事がないので、今後参考にさせて頂きます。
六厘舎は昨日の『ナイナイサイズ』で紹介されていましたから、
また行列が長くなっちゃうかもしれませんね。
お店が地下なので外よりは並びやすいと思いますが、
行かれる時は何かヒマつぶしを持って行った方がいいかもしれません。

to:玉さん

すっごく、美味しかったです。
おススメなので東京に来られたら是非。
通販もあるみたいですよ。
最初はつけ麺に抵抗があったんですが、
食べてみるとこれが美味しいんですよ。
玉さんは九州だから、やっぱりとんこつが好きですか?

to:片田舎動物病院 院長さん

土地代というのはあるでしょうね。
ただ魚介系は動物系より若干高めかもしれません。
でも650円ぐらいのラーメン屋さんもありますよ。
近所にあった美味しいラーメン屋さんは650円~でしたし。
それより旭川や札幌のラーメンが意外に高いと思いましたね。

うまそぉ~

このぐらいの太麺が大好きぃ~
うまそぉ~
食べてみたーい
やっぱり東京には美味しいところがたくさんあっていいですよねぇ

先日セブンイレブンでつけ麺を買って食べたけど
ワンともさんたちが食べたラーメンくらい麺が太くて
それでもって、魚介系のスープでおいしかったですよ
ワンともさんも是非試してみてください(笑)

to:Yo-さん

太麺といっても今までに類をみない太さです。
が、この太さが秀逸でしたね。
八重洲の地下街なので是非。
けっこう並びますけどね(^_^;)

セブンイレブンのつけ麺も太麺&魚介系スープすか。
珍しいですね。今度食べてみます。
テレビでは今年は味噌がくるって言ってましたけど、
予想に反して魚介系なんでしょうかね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。