FC2ブログ

UEFAチャンピオンズリーグ ルビン・カザン vs FCバルセロナ

サッカー観戦
11 /09 2009
昨日の明け方、バルサTV(CS)でチャンピオンズリーグ予選の録画放送のさらに録画を途中から見た。

今回はルビン・カザン(ロシア)のホームゲーム。
ルビン・カザンのホームスタジアムはロシア連邦のタタルスタン共和国の州都カザン。モスクワから東に800kmの所にある大都市だそうだ。


スタジアムの気温は -4℃ !!


ピッチの横には雪を掻いた跡があり、選手の吐く息は白く、当然ユニフォームは長袖。ベンチも毛布を掛けて寒さを凌いでいたというのに、プジョーとケイタは半袖だった 驚く

相手がバルサだからか、スタジアムはほぼ満員。
ロシアの人にはまだまだ序の口の寒さかもしれないが、
昼間にやった方がまだ暖かいと思うのだけど…。

さて相手のルビン・カザンは、バルサがホームでまさかまさかの負けを喫した相手だ。ルビン・カザンの監督が終了間際、ピッチ際で祈り続ける姿が印象的だった。

今回の試合は、寒さのせいかバルサのイージーミスが目立った。それにルビン・カザンは負けなければいいので、自陣に引いてしまって全く出てこない。EURO2004で優勝したギリシャを彷彿とさせるドン引きサッカーだった。
後半のロスタイムに焦ってロングボールを放り込むバルサというのもなかなか見られるものではない。

結果は0-0のドロー。
バルサはまさかまさかの3位後退。
いくらワンとも達が観戦に行くからと言って、ここまで面白くしてくれなくてもいいのに…。

ナポレオンのロシア遠征同様、ロシアの冬は大敵のようだ。



今朝がたあったリーグ戦で、バルセロナはマジョルカとのホームゲームだった(録画観戦)。相変わらず格下相手には露骨にメンバーを落とす。始めは苦戦するも4-2で勝利。フルメンバーだったら2失点はしなかったと思うけど、これも長いシーズンを考えると仕方がないのか…。

昨日のブログに書いたバルセロナの気温だが、試合中の情報で夜の8時頃は13℃ぐらい。この日はピッチに置いたボールが動いてしまうほどの強風で、気温より寒そうに見えた。やっぱりダウンコートは必要そうだ。


午後3時からはJリーグでアントラーズ-モンティディオ山形の試合をテレビ観戦。危なげなく2-0で勝ったが、川崎も勝ったので順位に変動はナシ。この試合で負けたジェフ千葉の降格が決まった。この間のナビスコカップ表彰式での一件が尾を引いて、ひょっとしたらジェフにも勝機があるかと思ったけど…。それにしてもあの表彰式の一件はテレビでは全く取り上げない。川崎にはずいぶん気を使っているようだ。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

バルサの件は、サッカーの怖さを
改めて感じました。
ホームを獲れないとキツイですね。
でも、ワンともさん達が参戦すれば
大丈夫ですよ!
チョップ達の魂も託すので
お願いします><
つ魂

山形戦は、良かったですね!
シュート0!気持ち良い!
次の京都戦、現地に乗り込んできます!
マルキ、岩政が出場停止ですが、
リザーブメンバーが、やってくれるでしょう!
信じるものは救われる!by野沢

to:チョップさん

組み合わせが決まった時に、このグループはバルサとインテルだな、
なんて思っていたのにまさかこんな事になるとは想像もしませんでした。
ディナモ・キエフも侮れない感じですし、気が抜けなくなりましたね。
チョップさんの魂も持って、インテル戦の勝利を見届けて来たいと思います。

試合中は気付きませんでしたけど、山形はシュート0だったんですね。
王者らしい記録で嬉しいです。
京都に行くチョップさんにワンとも達の魂を託します。
今のアントラーズなら大丈夫でしょう。
道中、お気を付けて。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。