FC2ブログ

レストラン『MADRID-BARCELONA(マドリッド・バルセロナ)』

バルセロナのグルメ
12 /10 2009
チャンピオンズリーグのチケットの引き換えが済んで、お向かいのメガストア(オフィシャルショップ)で買い物をしたら、すっかりお昼を過ぎていたので、地下鉄に乗って“ディアゴナル”まで戻り、かねてから気になっていたレストランへ行った。
去年一度行ったのだが満席で入れなかった。

レストランの名前は『MADRID-BARCELONA(マドリッド・バルセロナ)』
1920年ごろ、この前に駅があってマドリッド行きの列車が出ていたことから付いた名前だそうだ。
MADRID-BARCELONA①



間口からは小さなレストランのようだが、入るとまずカウンターがあって奥に広い。らせん階段があって2階にも席があるようだった。
MADRID-BARCELANA③



らせん階段近くの席について、まずはビール。
乗り継ぎの飛行機の中でジュースを飲んだきりだったから、のどが渇いているのもあってすっごく美味しかった。

お通しはマッシュポテトにチョリソーが乗ったもの。
もったりとしたマッシュポテトがほんのり暖かくて、チョリソーがアクセントになっていて美味しかった。
MADRID-BARCELANA②



サラダは季節のサラダ。
オリーブオイル、ワインビネガー、塩で自分で味付けをする。
MADRID-BARCELONA⑦



メインにダンナ・ピットがツナのステーキ。
MADRID-BARCELANA⑥



ワンともがコッドフィッシュ(たら)のグリル。
MADRID-BARCELANA⑤



注文が終わってお料理を待っている間、斜め後ろの席のオジサンが食べている山盛りの貝が気になったダンナ・ピットは、スタッフを呼んで「あれと同じ貝も」と追加。
オジサンの食べていた山盛りの貝は“シェルフィッシュ”というそうだ。
内容はカミソリ貝、ムール貝、アサリなどなど。
メインより先に出てきた山盛りの貝を食べながらビールをグビグビ。
この貝はビールに合うっ!
MADRID-BARCELANA④
上にのっている細長い貝は“カミソリ貝(マテガイの一種)”



このレストランはカサ・バトリョの近く、グラシア通りと交わるCarrer D'Arago'沿いにある。14時前にお店に入った時は席が半分も埋まっていなかったが、30分もしないうちにほぼ満席になった。日本人には遅い昼食になるが、開店と同時に行くと並ばずに入れそうだった。




『MADRID-BARCELONA(マドリッド・バルセロナ)』
Carrer D'Arago'282 (MAP)
TEL/932-157-026
営業時間/13:00-15:45、20:30-23:45
定休日/日曜日
※VISAカードは使えた。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

山盛りの貝

貝はガーリックとかで味付けされているのですか?
ベルギーに行った時に、どこのレストランにもバケツいっぱいに入った貝を出していたいのですが・・・
すごいボリュームでとても食べ切れそうにも無く
それでも食べみたくて・・・
となりの席のおじさんが残したバケツに手を伸ばそうと思ったくらいです
ビールにはあうだろうなぁ~って思っていて
今度ベルギーへ行ったときには高くても食べてみようって心に決めておりました
ワンともさんの貝の写真と似た感じでしたよ
それにしても長い貝、なんとも不気味ちゃんですね・・・

忘れていました!

「そうだ、ムール貝食べに行かなきゃ!」です。ドイツで、まともに食べたのはまだ一度しかないので、今シーズンは数回行っておきたいと思っていたのに、Tamaの飲み会が多くてすっかり忘れていましたよ。カミソリ貝とやらは食べられないでしょうが、ムール貝だけでもね。
前菜、サラダはおいといて、魚介類尽くしのランチでしたね。ツナの上に載っているのは何なんでしょう? (・_・)?


to:Yo-さん

貝の味付けはオリーブオイルとガーリックと塩とレモンですかね。
シンプルなんですが貝のうま味が出ていて美味しかったですよ。
ベルギービールと山盛りの貝っていうのもそそるシチュエーションですね。
海外ではボリュームもさることながら魚介類はお肉に比べると高いですよね。
モノによってはちょっと贅沢っていう金額じゃないんですもん(@_@;)
でも、ここのレストランのこの貝盛り合わせは10euroぐらいでお手頃でした。
カミソリ貝は食べてみるとクセになる美味しさですよ(*^_^*)

to:Noraさん

Noraさんの忘れていた記憶を呼び戻せて幸いです(^^) ムール貝はドイツの冬の味なんですね。ビールとムール貝、たまりませんナ(*^_^*) ワンともも冬場はよく牡蠣フライを食べに行きます。選ばなければ一年中食べられますが、やっぱり冬場のは肉厚で美味しいですから。これから日本は忘年会シーズンでダンナ・ピットも飲み会が続くようです。そんな時、貝類は肝臓にいいですから積極的に摂った方がいいですね。
ここのレストランはシーフードがうりのお店のようです。ツナの上に載っているのをダンナ・ピットに聞いたところ忘れちゃったと言っていましたが、ワンともはネギトロのネギ無しなんじゃないかと思うんですけどね…。スミマセン、大まかにしか覚えてなくて。あ、ソースはウニっぽかったそうです。

かっこいい

あれと同じ貝もってご主人かっこいいですね~
我が家では絶対あり得ません
英語?スペイン語?話せませんから(~_~;)
スペイン料理って日本人には合うの味なんですか?

to:まんたさん

スタッフには英語で言っていました。
観光地なのでだいたいは英語が通じます。
カッコイイかどうは別にして、英語でやり取りしているのを見るとちょっと尊敬しますね。ワンともも助かってます。

> スペイン料理って日本人には合うの味なんですか?
とっても合うと思います。
タコやイカも食べますし、一番有名なのはパエリアですね。
でも油が多いので、ずっと食べているとしつこくなってきますね。
年のせいかもしれませんケド…(~_~;)

MADRID-BARCELONA(マドリッド・バルセロナ)
素敵なレストラン
お料理 美味しうです

ポチッと応援させて頂きました

ムール貝にカミソリ貝・・・。どっちもまともに食べたことがありません。
でも、マテ貝は昔、海に取りに行ったことがあります。ちょっと気持ち悪かったですが・・・。

スペイン料理・・・。パエリアくらいしかしらないけど、タコを食べるというので驚いたことがあります。アジア以外でタコを食べる国って少ないんじゃないですかね~(知らないだけ?)

to:ryuji_s1さん

初めまして。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
これからもヨロシクお願いします。

ここはシーフードの美味しいレストランでした。
店内も1920年ごろの雰囲気を残していて素敵でしたよ。

クリックもありがとうございます。

to:ラーダ・ドゥーナさん

カミソリ貝は長細くてちょっと普通の貝のイメージとは違うので、知らないと抵抗があるかもしれませんね。でも食べるとすごく美味しいんですよ。マテ貝って日本の海にもいるんですね。

ワンとももスペインに行くまではパエリアにトルティージャぐらいしか知りませんでした。ポルトガルやギリシャでもタコを食べるようですし、あの辺はそういう食文化のようですね。調理方法は違いますが、親しみがわきますよ。でも、世界でもタコを食べる所は少ないんじゃないでしょうか。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。