FC2ブログ

『トレヴィの泉』から『パンテオン』まで

2009 バルセロナ&ローマ
12 /22 2009
“スペイン階段”から“トレヴィの泉”は歩いて行けそうだということで、次は“トレヴィの泉”へ向かった。

今となってはどこをどう歩いたか憶えていないが、路地を抜けたら忽然と“トレヴィの泉”が現れたという感じで到着。さすがにここも大勢人がいて写真を取ると必ず人の頭が写るといった具合だった。
トレヴィの泉②


正面の彫像はネプチューン。
左から名倉、ホリケン、泰三……ウソ。
この泉は紀元前のローマ皇帝アウグストゥスの婿養子アグリッパが造らせた水道が起源だとか。アグリッパというと、「アグリッパはアゴ立派」というオヤジギャク並みのゴロ合わせを言っていた先生がいたっけ…。
トレヴィの泉①



泉の周辺にはローマ兵士の格好をした人達がいて、写真撮影に応じていた。ちゃんと撮らせてもらうとお金が掛るだろうから遠くからこっそり撮影。
泉にはもちろん後ろ向きにコインを投げてきた。さて、またローマに来ることができるかな。
トレヴィの泉③



次は“パンテオン”も歩いて行けるようだと言う事でそっち方面へ。通りに「パンテオン、あっち」という表示も出ていた。


途中、「なんか、ある」と目に入ってきたのはギリシャ神殿に出てくるような列柱。これは“ハドリアヌス帝の神殿”で、出来たのは145年だとか。中にも入れるようだが、この時はもう終了のようだった。
神殿跡



さらに「パンテオン、あっち」の表示に従って進むとすぐ“パンテオン”に行き着いた。
パンテオン①


「パンテオンって何?」「さぁ…」という感じで中へ。
後でガイドブックを読んで分かったが、ここも築2000年クラスの神殿だった。しかも世界最大の石造建築だとか。そしてまた現れたアグリッパの名前。立派なのはアゴだけじゃなかった。
パンテオン②


天井に穴が開いているのだけど雨は大丈夫なのだろうか。
ダンナ・ピットは「意外と入ってこないんだよ」と言っていたが。
パンテオン③


一応、床には排水用らしい穴が開いていた。
パンテオン④


この時でだいたい17時半ぐらい。外はすっかり暗くなっていた。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンともさん こんばんわ
ローマですか、いいですね。(行った事はないですけど・・)
トレヴィの泉は有名ですから、海外はサッパリのnanaでも知ってました。ちゃんとコイン入った?
「アゴリッパ」一つ勉強になりました。

パンテオンの天井って・・・

穴が空いていたんですね。自分たちで撮影した写真も見直してみました。空いていました。(^_^;)
コロッセオは別格ですが、遺跡とか教会を見てもあまり感動しないのですが、トレヴィの泉は「うわぁ~」と思いました。コインは投げ入れましたか? 私たちは投げ入れたので、またローマに行かなくちゃ! です。
トレヴィの泉は朝狙いがよかったのかも。それでも観光客はそこそこいますが、午後以降程ではありませんでした。・・・って、もう遅いですね。(^_^;)

こんにちは。

パンテオンも行かれたんですね。
自分が行った時はパンテオンだけスルーして
しまったのでちょっと後悔してます。。。^^;

それにしても・・17時半ぐらいで外は暗いのですね。。
行った時はサマータイムだったので21時位まで、明るかったかな。。

トレヴィの泉も人がいっぱいですねっ。。
もう一回行きたいですっ。
ちなみに自分もコインを投げてきましたw

to:nanaさん

ローマは、街自体が文化財的な感じで見どころも多いし食事も美味しかったです。日本人旅行者の数はパリと同じぐらいたくさんいましたね。トレヴィの泉は行かずとも知れた名所ですよね。ちゃんとコインは入れてきましたよ。5円玉を。
「アゴリッパ」は、確か美術の先生が石膏像を見せながら言っていたような記憶があるんですが、そんな変なことばっかり憶えて肝心の授業はサッパリでしたね(~_~)

Re: パンテオンの天井って・・・

そうなんですよ、天井に穴が開いているんですよ~。2000年も前にあんなキレイな半球の屋根を造りましたよね。しかも上手く真ん中だけ空けて。スゴイ建築技術だと思います。
ヨーロッパは教会が多すぎて見慣れちゃった感はありますね。遺跡もそうですけど感動は個人の興味の幅で違ってきますね。トレヴィの泉では、もちろんコインは投げ入れましたよ。行きたいレストランがまだまだありますから、もう一回ぐらい行かないとダメかもしれませんね。人は多かったですけどライトアップがキレイだったので、これはこれでOKでした。

to:naonaoさん

ウチは、パンテオンは行ったのに他の見どころをスルーしてしまってました(~_~;)
なにせ無計画でしたから…。

冬のヨーロッパは、夕暮れは日本と同じぐらいですが、
朝、明るくなるのが遅いですね。
一度だけ6月に行ったことがありますが、
ホントに夜の9時ごろまで明るいですよね。
夕飯を食べているのに外が明るいので
もう一回お昼を食べているような気分になりました。

トレヴィの泉はオフシーズンだというのに人がいっぱいでした。
もちろんコインは投げ入れてきましたよ。
もう一回行かないと、ですね。

「世界の果てまで行ってQ」という番組で、観光地のマグネットを集めるためだけにイタリアへ行く、という企画がありました。

このトレビの泉も出てました。結構リアルなマグネットでしたが、ワンともさんたちは旅先でマグネットは購入されませんか?

パンテオン宮殿の天井・・・。なぜ、穴なんですかね~。ステンドグラスとか入れた方が綺麗な気がするけど、何らかの意味があるんでしょうね~

to:ラーダ・ドゥーナさん

> 「世界の果てまで行ってQ」という番組で、観光地のマグネットを集めるためだけにイタリアへ行く、という企画がありました。
ありましたね。ワンともも見てましたよ。面白かったですよね。
残念ながら食べることと見どころを回ることだけに気を取られていて、イタリアでは全く買い物をしなかったんですよ(^_^;) 今思うと何か記念に買ってくれば良かったと思っています。ちなみにマグネットは、昔はよく会社の人向けのお土産で買ってました。

> パンテオン宮殿の天井・・・。なぜ、穴なんですかね~。ステンドグラスとか入れた方が綺麗な気がするけど、何らかの意味があるんでしょうね~
ちょっと調べてみたんですが、あの穴は採光のためのもののようです。後世になっても穴が開いたままなのは謎ですが、ステンドグラスを嵌めてしまうと、キレイですけどやっぱり違うモノになってしまいますし、建築当時の意思を尊重したのかもしれませんね。

イタリアって

歴史的な建物が多くてきれいな所ですね
彫刻がすごーく細かそうで近くで見てみたい気がします
ライトアップされてるとまた雰囲気も全然違って素敵だし

道がどこもすごーく広そうに見えるんですけど。
実際広いのかな?

to:まんたさん

そうですね、歴史的なものがすごく多すぎて回りきれませんでした。
なにせ紀元前からですからね。
彫刻などが好きな方は一日中楽しめる街だと思います。
冬は日没が早いので、場合によっては昼とライトアップと両方楽しめますね。
そのかわり入場可能なものは早く閉まっちゃいますけど。

この辺の道は入り組んでいて細いと思いました。
広そうに見えるのは、建物の前が広場になっているからかもしれませんね。
トレヴィの泉も神殿跡もパンテオンも前が広場になっているんです。

後ろ向きで投げたコイン

Yo-たちもローマへ行ったときにトレビの泉へ行きました
とてもスリが多いと聞いていたので、コインを出すときも慎重にバックの中をゴソゴソ
友達は、後ろ向きで思いっきりコインをなげたら、隣にいた友達の額に命中
友達はとっても痛がっていました
そりゃそうだわね・・・

今回のブログ・・・ワンともさんの意外な一面をみたような感じです(笑)

to:Yo-さん

絶対外せない名所の一つですよね(^^)
あそこってスリが多いんですか。
そんな危険な雰囲気はありませんでしたけど、
シーズンにもよるんでしょうね。
スリも人が少ないと仕事がしづらいでしょうし(笑)。

> 友達は、後ろ向きで思いっきりコインをなげたら、隣にいた友達の額に命中
あははは。そんな狙ってもできないようなことが起こるんですね。
そのコインはどうなっちゃんたんでしょう。

> 今回のブログ・・・ワンともさんの意外な一面をみたような感じです(笑)
え、どの辺ですか?

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。