FC2ブログ

『フォロ・ロマーノ』から『パラティーノの丘』

2009 バルセロナ&ローマ
01 /10 2010
食事の後はフォロ・ロマーノへ。
フォロ・ロマーノとは政治経済の中心だった場所だとか。

以前は無料だったらしいが、有料になってから入口が制限され、現在は来る時に通った通り沿いと、コロッセオ側の通り沿いの2か所。
ワンとも達はコロッセオ側から入ったのだけど、間違えて出口専用の“聖なる道”へ入ってしまった。一見入口っぽくてまぎらわしい。
フォロ・ロマーノ①
“聖なる道”“ティトゥスの凱旋門”
間違えて入っていく人と引き返してくる人…。


フォロ・ロマーノ②
“レジア(王宮)”
いつからか教会になった模様。

フォロ・ロマーノ③
“カストルとポルックスの神殿”
奥の壁の残っているのは“ヴェスタの神殿”
カストルとポルックスは「ベルばら」で知った。確かオスカルとアンドレの関係の例えにしていたような…。


フォロ・ロマーノ④
“セヴェルスの凱旋門”


見所はもっとあったと思うがじっくり見ている時間はない。
次はパラティーノの丘へ。
入口の方へ戻り感じで通り過ぎ、坂道を登る。
ちなみにフォロ・ロマーノパラティーノの丘は、コロッセオとの共通のチケット。

パラティーノの丘はローマ発祥の場所の一つで、ローマ帝国時代には貴族や皇帝の邸宅があった場所。歴代皇帝の宮殿があったことから、パラティーノは宮殿を意味する英語やイタリア語の語源になったそう。なるほど、パレスやパラツォと語感が似ている。
パラティーノの丘①
“ドムス・アウグスターナ”
ドミティアヌス帝の私邸跡。


パラティーノの丘②
“スタディオ”
競技場ではなくて馬場だったらしい。


ステディオの横から坂道を下る。ひょっとしてチルコ・マッシモの方に出られるのかと思ったが、つづら折りになっているだけで最初に入った入場口に戻ってきた。
この入場口の横にはトイレがあったが、トイレがほとんどないので助かると思う。

フォロ・ロマーノからパラティーノの丘は、アップダウンが多くて足場もボコボコしているから案外疲れた。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

Barでコーヒー飲んで、お手洗いを!

は、イタリア旅行で常識になっているんでしょうが、たまにお手洗い目的でBarでコーヒー飲んだのに、お手洗いが無かったり、泣きたくなるようなお手洗いだと悲惨ですよね。(^_^;)

>“聖なる道”と“ティトゥスの凱旋門”
ここに行ったことは覚えていますが、何が何やら覚えていません・・・ (-_-;)

to:Noraさん

ホント、海外ではトイレに苦労しますね。クオリティはさておき、フォロロマーノの入口横にトイレがあっただけでもマシだと思います。その点、日本はトイレ天国ですよね。トイレのストレスがないだけでも国内旅行は気が楽です。
“聖なる道”と“ディトゥスの凱旋門”は、一番入口っぽいのに出口専用で、間違えてムダに歩いたという記憶とともに暫くは忘れそうもありません(~_~)

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

to:職務履歴書の書き方さん

ご訪問&コメント、ありがとうございます。
内容もお褒めいただいて恐縮です。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。