FC2ブログ

『チルコ・マッシモ』から『真実の口』

2009 バルセロナ&ローマ
01 /11 2010
フォロ・ロマーノを出たあと、『チルコ・マッシモ』を通って『真実の口』のある教会へ向かった。

チルコ・マッシモ。
確かにマッシモ…。
長さ620m、幅120mあるという。
今はただの野原で、所々に犬の落し物があったりする。
10万人が熱狂した戦車競走のあった場所とは思えない。
チルコ・マッシモ
パラティーノの丘から見た『チルコ・マッシモ』


チルコ・マッシモのテヴェレ川側にあるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の入り口横に、かの有名な『真実の口』がある。
もう16:00近かったのだけど、20人ほどの列ができていた。オフシーズンの夕方でも列ができているのに、ハイシーズンはどんなことになっているのだろう。この教会の周りはそんなに広くないのに…。

大体の人が自分達の後ろに並んでいる人に撮影をお願いして、1、2枚撮ったらすぐ場所を譲っていた。中には多少多めに撮影している人もいたが、やり過ぎるとヒンシュクを買う雰囲気だった。
大体の人が口に手を入れて撮っていたが、ワンとも達が見た限りでは、例の手を引っ込めるパフォーマンスをしている人はいなかった。もうメジャー過ぎて誰にもウケないからかも。
真実の口
『真実の口』


教会の中はほの暗くて装飾も少なく簡素な感じだった。
でも6世紀の建造と歴史は古い。
鐘楼が美しいと有名だそうだが、よく覚えていない…。
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会③


モザイクの聖母子像が東方教会っぽかった。
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会①


併設のショップでイケメン神父さまのカレンダーを発見。
他のカレンダーと比べても、あきらかに売れているようだった。
日本でもイケメン僧侶やイケメン神主のカレンダーがあったら売れそう…?
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会②


教会をあとにして、またマッシモな野原を歩き、『カラカラ浴場』まで行ってみたが、日没で閉館した後だった。
冬季は日没と同時に閉館だそうだが、見た目で日没がいつかは人によって違うと思うのだけど、その辺は係員のさじ加減なのだろう。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

真実の口

これには鋭く反応してしまいますね
ローマの休日のオードリヘップバーン大好きでしたから(^。^;;
他にもヘップバーンの作品はたくさん見ましたが
やはりこの作品のヘップバーンが一番可愛い

閉館が日没ってなんか笑ってしまいました
時間の観念が今の日本人とはまるで違うのですね
日本人だって昔はそうだったと思うのですが・・・

真実の口・・・。日本の観光地だと近くに「真実の口・おみくじ」とかありそうじゃないですか?口の中に手をつっこんでおみくじを引く・・・という・・・。

イケメン僧侶・・・。タモリ倶楽部で紹介されていたなぁ、そう言えば・・・。ゲストがパフュームでした。なぜ?

ワンともさんたちも、

後ろに並んでいる人に写真を撮ってもらいましたか? 勿論、私たちは撮ってもらいましたよ。(^_^) でも、列側に向かって撮ってもらうことになるので、ちょっと恥ずかしかったりもしましたが。
イケメン僧侶って・・・ そんなのがあるということを知りませんでしたが、イケメン僧侶がいるなら、美人過ぎる尼僧ってのもいるんでしょうか? ワンともさん、イケメンのカレンダーは買わなかったんですか? (^_^;)  

to:ジェニュインさん

妖精といわれた素晴らしい女優さんでしたね。
晩年の様子も素敵だったと思います。
ヘップバーンの映画は一本も見ていないんですが(^_^;)
それでも内容はほとんど知っています。
機会があったら見ていきたいですね。

日没…時間はだいたい決められると思うんですけど、
日が長くなったら長めに見せてあげたいと思っているので
そうしていると好意的に解釈することにしましょうかね(^_^;)

to:ラーダ・ドゥーナさん

真実の口は、ナゼか札幌の「白い恋人パーク」にありましたよ。
もちろん、そこでも口に手を入れて写真を撮ってきました。
どうしても手を入れたくなりますね、あの口。
「真実の口おみくじ」はあったら引くと思います。
どういう表記が相応しいと思います?
明治神宮みたいに「ローマは一日にしてならず」とかの格言とか。

イケメン僧侶の企画ってあったんですか。
見たかったなぁ。
パフュームは、売れていると聞いて驚いています。

to:Noraさん

一人ずつ撮るにはちょっと気を使いますし、二人で撮るにはやっぱり後ろの人にお願いするしかないですよね。中には家族で入れ替わり立ち替わり3、4回撮っている人達もいましたけど、あれはちょっと顰蹙でした。確かに並んでいる人の視線がちょっと恥ずかしかったですね。
ラーダさんの話だといるみたいですよ、イケメン僧侶。見てみたかったです。美人過ぎる尼僧ってのも探せばいるかもしれませんね。でも尼僧はワケありの人が多そうなので顔出しはしないような気がします。イケメン神父さまのカレンダーは、さすがに買うまではしませんね~。インテリア的にも変な感じになりますし(^_^;)

真実の口

Yo-も行ったときに、ちゃーんとやってきましたよ。
真実の口に手をいれて・・・
ぜんぜん正しい生き方をしていないので
二度と手がとりだせないかもぉ~
それならそれでいいやぁ~
なんて開き直って手を入れたことを思い出します
きっとこの行列に中国人が並んでいたら
後の人のことも考えずに、バシバシ写真をとりまくっていたはずですよ
ほんと常識って言葉をしらない人種ですから(完全に差別しているYo-でした)

Re: 真実の口

あの場所では、他にポーズのとりようがありませんよね(^_^;)
「嘘つきは手が抜けなくなる」は、迷信だと分かっていても
なんとなく心配なのはナゼでしょうね。
人の心理って不思議です。

> きっとこの行列に中国人が並んでいたら
> 後の人のことも考えずに、バシバシ写真をとりまくっていたはずですよ
> ほんと常識って言葉をしらない人種ですから(完全に差別しているYo-でした)
およよ。最近、なんぞ、中国人がらみでイヤなことでもありましたか?
国民性、日本での犯罪の多さ、外交関係などなど、
差別というか、日本人の中に中国人のイメージができちゃってますよね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。