FC2ブログ

『Eden Amsterdam American Hotel “エデン・アムステルダム・アメリカン・ホテル”』

バルセロナ&マドリー・チューリッヒ・アムス
03 /12 2010
ネタに詰まったので、過去ネタを…。
ワールドカップ・イヤーの今年、日本が予選で対戦する国で行ったことのある国はオランダだけ。ということで、オランダ旅行の切れ切れになっている記憶を繋ぎ合わせてみたい。当時はただのスナップ写真だったので、公開できる画像が少ないかも。


オランダに行ったのは2005年11月後半ごろ。空港からホテルに着いたのは夕方ごろ。空港からホテルへは、市内のホテル巡るシャトル・バスを利用した。当時の料金は忘れてしまったけど、現在は片道12euro、往復19euroのよう。
《エアポートシャトルバスの時刻表&ルート》


アムステルダムで宿泊したのは『Eden Amsterdam American Hotel』
05年当時の名前は『Crowne Plaza Amsterdam American』だった。
中央駅からは少し離れたシンゲル運河沿いにあるアールデコ様式の4つ星ホテル。。ライツェ広場にも近い。1900年に建てられた歴史あるホテルで、国の文化財にも指定されているそう。
朝食を食べた1Fのパブ・ラウンジは、あの有名な女スパイ・マタハリが結婚披露宴をした場所だとか。
アメリカンホテル③


室内はモダンに改装されている。ツインの部屋を予約したが、ナゼかトリプルの部屋だった。おかげでかなり広くて快適だった。
アメリカンホテル①

アメリカンホテル②


部屋の窓から見たアムステルダムの景色。家の形がオランダっぽい。
この窓の下をふと見たら、白のブリーフが窓の桟に載っていた。飛んできたのか、誰か落としたのか…。あのパンツは今もあるだろうか…。
アメリカンホテル④




ホテルから歩いてすぐの所にあるライツェ広場は、市電の電停もあり交通の便が良かった。ランドマークとしては市立劇場がある。
ライツェ広場


ホテルのすぐ横を流れるシンゲル運河沿いにはカナル・クルーズの船着き場もあり、早速ボートに乗って運河クルーズへ。昼もいいけど、夜はライトアップされている街並がキレイだった。運河に掛かる様々な橋や両岸の建物、かつての大航海時代の栄華が偲ばれる旧港などを日本語の案内テープの解説付きで巡る、とても充実したクルーズだった。
アメリカンホテル⑤
暗いけど、まだ17:30ぐらい。

テープでは運河に並ぶたくさんのボートハウスについても説明していた。ボートハウスは住宅問題を解決するために認められた住宅で、繋留地からの移動は不可。もちろん税金が課せられるので、税金逃れのために不法に移動を繰り返す船もあるそうだ。
ナゼかカーテンを引かない家が多く灯りが点いていると中が丸見えだったが、なかなかオシャレな様子。でも夏は蚊が多くて大変なのだとか。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Crowne Plaza って言ったら神戸にもできました。って言っても以前は新神戸オリエンタルホテルがANA Crowne Plaza Kobeになったのですが・・・。

アムステルダム・・・。いかにもオランダちっくな建物や風景ですね~。カーテンをひかない家が多く中が丸みえ・・・。
つ、つい「飾り窓」を思い浮かべてしまいました・・・。

to:ラーダ・ドゥーナさん

Crowne PlazaってANAとくっついたんですか。このホテルはSUMMIT系列で、提携先の航空会社のマイルも貯まったような記憶があります。

特に屋根の形がオランダちっくですよね。もっとオランダらしい風車はもっと郊外に行かないとないらしくて、この時は見れませんでした。カーテンを引かないと、昼間はまだしも夜になると灯りでさらに内部が浮き出てましたね。飾り窓とは窓から見える光景が違うだけで、灯りの効果は一緒ですね。

ワンともさん・・・。すみません。ごめんなさ~いv-356詳しくは当ブログにて・・・

to:ラーダ・ドゥーナさん

ぎぇぇぇ!
なんとか回答してみますが、ほったらかしになっちゃったらゴメンなさい<(_ _)>
お仕置きっていうのが怖いですね(^_^;)

なんか、どうしましょ~って感じですよね。
でも、お仕置きっていったってたぶん遊びでやっていることなので、使用停止とかへんなことにはならないと思います・・・よ

お気持ちに負担をかけちゃって申し訳ないです

to:ラーダ・ドゥーナさん

なんだか最近、色々と所要があって更新もままならないので
どの程度できるか分かりませんけど、なるべくトライしてみますね。
もしかすると、次の人には回せないかもしれませんが、
ま、そんなにお気になさらず。

Yo-も2004年2月にアムステルダムへ行きました。
っていうより、ギリシャからオランダを経由して成田へ戻る予定でしたが、
オランダで乗り継ぎを失敗して、着の身着のままでオランダで入国することになったのでした。
スーツケースは、そのままどこかへ行ってしまって・・・
本来なら乗り継ぎ時間が5時間くらいあったので、運良くアムステルダムのショーツツアーなんかがあったらいいなぁ~と思い、オランダの地球の歩き方を持っていったのが役に立ちました。
おかげで短い時間でしたけど、電車にのったり、市内観光ができました。
あまりにも短い滞在だったので、また行きたいと思っていました。
ワンともさんのブログを読んで、気分はオランダ旅行中!!

to:Yo-さん

えっ!スーツケースがどこかへ行ってしまった!?
その後、見付からなかったんですか?
そもそも、なんでまた乗り継ぎに失敗を?
ワンとも達は何度かスキポールを利用していますが、
ポルトガルに行った時、乗り継ぎの時間がけっこうあったんですけど
食事した後はずーっと椅子で寝てました。
5時間の待ち時間も行動しようというYoーさんはエライっ!
ワンともは次にオランダに行くなら風車が見たいです。
ちょっと郊外にいかないといけないらしいので、
その時は別な街も絡めて風車を見に行きたいです。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。