FC2ブログ

アムステルダムのレストラン『De Blauwe hollander』

バルセロナ&マドリー・チューリッヒ・アムス
03 /17 2010
初日の夕食に行ったのはライツェ広場近くのレストラン『Blauwe Hollander』
ガイドブックに載っていたレストランで、ホテルからも近いし、オランダ料理だし、いいんじゃないの、ということで決まった。
実際に行ってみたら、ガイドブックに載っている外観と違っていて少し迷った。ガイドブックには隣りのビルの写真が載っていた。寒いのに、ムダに歩いちゃったじゃないのっ
BlondeHollander⑤


お店は奥に長い。入店時はそうでもなかったが、すぐ満席になったと思う。天井には木の梁が何本も渡してあって、テーブルごとに赤いシェードのランプが下がっていた。


まずはビール。ハイネケンの黒とWieckse Witte。Wieckse Witteはなぜかストロー付き。これもオランダのビールだと思うが初めて飲んだ。味はあまりよく覚えていない…。
BlondeHollander①


旅行中は野菜不足になるのでサラダ。そして冬によく食べられるというオランダ名物のエルテンスープ。豆が主材料の野菜スープだが味はというと、う~ん、不味くはないけど…
確かベーコンが載っていたような気もするが、食べちゃった後だったかな。
BlondeHollander②


そして牛肉の煮込みのようなもの。これも、う~ん… 不味くはないんだけど美味しくもない…。
BlondeHollander③


すっかり食べちゃったあとの画像だが、ソーセージも。ソーセージはまぁまぁだったと思うが、付け合わせのザワークラウト混ぜポテトがイマイチ 温かいマッシュポテトにザワークラウトが混ぜてあって微妙にクセがあった。別々だったら良かったのにね。
BlondeHollander④


ワンとも達の選んだメニューが良くなかっただけで、ホントはもっと美味しい物があったのかもしれないけど、でも、なんとなくオランダの食事には期待しない方がいいかも、と思った夜だった。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

オランダ料理・・・そういえば、あんまりイメージがないですね。なんだかドイツ料理っぽいモノが出てくるのでしょうか・・・。朝はニシンの燻製とかチーズとか冷たいものを食べるって言うし・・・。

オランダビールも聞いたことがないなぁ・・・。

外国の料理ってイタリアンだの中華だの馴染みのある料理ならとっときやすいけど、それ以外だとハードルが高そうですね。まず、基本的に何を頼んだらいいかわからないですしね・・・

to:ラーダ・ドゥーナさん

そうですよね、イマイチよく分かりませんよね、オランダ料理っていっても。
ワンとももドイツ料理とそんなに違わないだろうと思っていました。
実はこの旅行中、オランダ料理らしきものを食べたのはこの夜だけなので
本当のオランダ料理がどんなものなのかは分からず仕舞いなんですよ(^_^;)

ハイネケンはオランダのビールですよ。これは有名だから分かるんじゃないでしょうか。
あとは国内向けだけの小さいビール会社もあるんでしょうけど、
そこまでは現地に行ってみないと分かりませんよね。

日本にオランダ料理店もあるんでしょうけど少なそうですね。
内容からしても、イタリアンや中華ほどメジャーのはムリだと思いますよ。
でも、オランダ人には故郷の味なんでしょうね。

オランダ料理ねぇ~

ベネルクスの『地球の歩き方』を見ると、ベルギーのレストラン情報に、オランダ料理がイマイチなことが書かれています。「オランダはプロテスタントで質素であることが重要視されたがために、食文化が豊かではなくなった」と。言われてみれば・・・ ですね。カトリック圏の方が食事は断然美味しいですもんね。ドイツはカトリック、プロテスタント大体半々ではありますが、食事はプロテスタントの影響が強いのかも。(^_^;)

to:Noraさん

> ベネルクスの『地球の歩き方』を見ると、ベルギーのレストラン情報に、オランダ料理がイマイチなことが書かれています。
あ、そうなんですか。気が付かなかった。ガイドブックだからイマイチと思ってもそれなりにいいように書くかと思いきや、それなりに素直に書いているんですね。

「オランダはプロテスタントで質素であることが重要視されたがために、食文化が豊かではなくなった」と。
そんな謂れがあるんですね。プロテスタントは革新的なイメージがあるので食文化にも割と寛容なのかと思っていました。制度的な革新と食文化への姿勢は別なんですね。とはいってもワンとものカトリックとプロテスタントのイメージは、BBCの「モンティ・パイソン」なです。カトリックは避妊できないので大量に子供ができて、それを生活のために生態研究所に売り飛ばすのをプロテスタントの夫婦が窓越しに見るという超ブラックな内容でした。そうそう食文化が乏しい所は戦争が強いという話を聞いたことがあります。今までで一番戦争をしているのがイギリスらしいので、そこは納得です。

ガイドブック

ガイドブックにのっているお店って
二通りにわかれますよね
ほんとに美味しいお店
店側がお金を出して掲載してもらっているお店
この区別は行った人にしかわからないけど
まぁ最近はネットのクチコミとかも利用できるようになって
ガイドブックだけに頼らなくて良くなったのは、ITの力ですねぇ
せっかく期待していって、
無駄歩きまでして、
イマイチな食事では残念でしたね
Yo-はアムステルダムで何も食べていない・・・
これまた、さみしい思い出です

to:Yo-さん

オランダの場合、そもそもご飯が美味しいのかどうか疑問です。
一度きりで判断するのはナンですが、
お店のチョイスが悪かったというよりは、
オランダ料理ってこの程度、的なが感じが強いです。
まだガイドブック掲載のお店に行って
極端にハズしたことはありませんが、
紹介内容がちょっと過大だと思った事はあります。
まぁ、わざわざ載せておいて「イマイチ」とは書けませんよね。
ネットの情報発信力には助けられてますよ。
特にホテル選びではレビューを見て決めています。
バルセロナはだんだん慣れてきたので、
徐々にガイドブック以外のお店も開拓したいです。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。