FC2ブログ

2007 バルセロナ&ポルトガルの旅②

2007 バルセロナ&リスボン
04 /13 2010
ホテルから歩いてすぐの所にある“ポンバル侯爵像”
の像の周りにはバス乗り場、タクシー乗り場、地下鉄の駅などがあって交通の便が良いです。ここから終点レスタウラドーレス広場までがリベルダーデ大通り
ポンバル侯爵像

この像のポンバル侯爵は、1755年に起こったリスボン大地震からの復興に尽力した人だそうです。この地震、津波も発生して多大な被害をもたらしたとか。ポルトガルにそんな大きな地震があったこと自体、驚きでした。



リベルダーデ大通りを歩いてレスタウラドーレス広場まで散策しました。
ブランドショップなども立ち並んでいるのですが、なんとなくのんびりとして雰囲気のいい通り。この日は天気も良くて気持ちが良かったです。

リベルダーデ大通りの終点“レスタウラドーレス広場”
この辺りがリスボン観光の始点でしょうか。
あまり高い建物がないせいか、空が高く感じられました。
レスタウラドーレス広場


ポンバル侯爵像のあるあたりからレスタウラドーレス広場までは地下鉄も通っていますが、(たぶん)2~3kmぐらいなので歩けちゃいます。
その後利用したリスボンの地下鉄はとても新しそうで明るくてキレイでした。ローマの地下鉄とはかなりの差…。
リスボンの地下鉄
確かチケットには、日本のSuicaなどのようなチャージ式のものを使ったような…。料金もそんなに高くなかったと思います。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こちらも

当方もハワイ旅行記を小出し中です。

別に出し惜しみしているわけではないですが、
一回量に限りがあり、
すべて紹介するにはかなりの日数がかかりますね。

to:片田舎動物病院 院長さん

ハワイ旅行記、楽しく拝見しています。
寒い日が続く中、ハワイの暖かさを反芻していませんか?

ワンともの場合は、そもそも作業が遅いというのもありますし、
小出しにしてカサ増しというのもあります。
次の旅行までなんとか繋ぎたい一心です(^_^;)

そういえば・・・

リスボンでは地下鉄に乗りませんでした。移動は徒歩かトラムのみ。ガイドブック等にあるように、特にベレン地区に向かうトラムの中ではスリに遭わないように注意していました。が・・・ 予想以上に穏やかな町だった印象があります。ローマとか、ナポリの方が全然危険度は高いのかも。(^_^;) 
あ~リスボンのタコご飯が食べたい。でも・・・ もう直ぐ魚介類をたらふく食べられる予定です。フフフ・・・ それまでに花粉症、治らないかな~ (;_;)

to:Noraさん

ワンとも達のホテルが少し中心から離れた場所だったので地下鉄は何度か利用しましたが、ホテルの場所によっては全く使わなくてもOKかもしれませんね。行った時期が閑散期だったのでトラムも他の場所もそんなに混んでいませんでしたけど、日本にいる時と同じような危機意識でも大丈夫なぐらいノンビリした所だと思いました。ローマとはまったく雰囲気が違いますね。
タコご飯…食べ損ねたので次回があれば食べてみたいです。「魚介類をたらふく食べられる予定」とは、どこか旅行のご予定でも?今年は寒くて雨ばかり降っているせいか花粉症が楽でした。Noraさんは結構辛いですか?

ポルトガルの写真を見直していて思い出しました。

一度だけ地下鉄に一度だけ乗りました、ショッピングモールに移動する際に。(^_^;)
話は変わって、季節外れというか、来春に備えてというか、花粉症にはお茶と乳酸菌が予防になるようですね。つい数日前にそういう記事を読みました。来春の花粉の量はスゴいみたいですね・・・

to:Kakaさん

ショッピングモールってひょっとして“エル・コルテ・イングレス”でしょうか。あそこは確か地下鉄と直結していたような…。
来年の花粉は大変みたいですね。今から戦々恐々です。いろんなメーカーから花粉に効果のある乳酸菌商品が発売されていますけど、いろいろありすぎて迷っちゃいますよね。それより森林の手入れをちゃんとして花粉飛散を抑制して欲しいです(~_~;) 花粉関連商品を売っている会社は、花粉症がなくなると困るんでしょうけど…。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。