FC2ブログ

2007 バルセロナ&ポルトガルの旅④

2007 バルセロナ&リスボン
04 /27 2010
発見のモニュメント傍にある地下道を使うと世界遺産
“ジェロニモス修道院”の前に出ます。

ジェロニモス修道院は、大航海時代の莫大な富によって造られたそうで、最終的な完成まで300年ほどかかったそうです。
ジェロニモス修道院①
“発見のモニュメント”前の広場から。




回廊が有名らしいですが有料だったので、無料の場所だけ見学しました。
ジェロニモス修道院②
『修道院内部』


修道院の中にはヴァスコ・ダ・ガマやポルトガルの有名な詩人カモンイスなどの石棺が置かれていました。

ヴァスコ・ダ・ガマは有名ですが、カモンイスは初耳でした。
ポルトガル史上最大の詩人だそうです。


ところで、外国の修道院や聖堂には、当たり前のように棺が置いてありますけど、亡くなってから白骨化するまでの過程がどうだったのかいつも気になります。

白骨化じゃなくてミイラ化かな…。

ガイドブックには王妃の侍女イネス・デ・カストロとペドロ一世の悲恋が書いてありましたが、ペドロ一世が亡くなっていたイネスを王妃の座に着ける時、掘りだした彼女の遺体の手に、臣下に忠誠の接吻をさせたらしいので、やっぱりミイラ化でしょうか…。

それにしても、今の感覚ではちょっとやり過ぎな王様ですね。

そこまでペドロ一世をトリコにしたイネス・デ・カストロはこんな感じだったみたいです。→ (Wikipedia)









A23 地球の歩き方 ポルトガル 2009~2010A23 地球の歩き方 ポルトガル 2009~2010
(2008/11/29)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

私は・・・

この世界遺産の前を殆ど素通りして、この近くにあるお菓子屋さん(ガイドブックにも載っている)に行きました。修道院の前では、数枚写真を撮っただけでしたよ。其の後、市場を覗きに行きましたが、午後だったため、イマイチ活気がね・・・

先日、「もう直ぐ魚介料理をたらふく食べられる~」と書いてしまいましたが、ドタキャンになってしまいました。それもこれも、アイスランドの火山噴火の影響でTamaが過労気味でまた喘息を発症。(昨年のベルギー旅行中に発症したのと同じ) 先週は隣国への一泊出張すらドクターストップがあったため、今回(本当は明日から予定でした)の旅行(早めの夏休み)は見送り。(;_;) 今日も点滴打ちに行くことになっています。(^_^;) 

to:Noraさん

ええっ、あんなにデカデカと載っているジェロニモス修道院を素通りですか!?まぁ、ワンとも達も祭壇の部分だけ見て有料の部分は見ていませんが…。近くのお菓子屋さんというのはアソコでしょうか。だとしたらワンとも達も行きましたよ。
あの近くに市場があったんですか。市場は朝に行かないと雰囲気が味わえないのは万国共通ですね。

アイスランドの火山噴火は影響がスゴイですね。日本からも出国できない人がたくさんいて毎日報道されていましたけど、GW前で旅行会社は戦々恐々だったでしょうね。Tamaさんの喘息は大丈夫でしょうか。こればっかりはしかたありません。どうぞ、お大事に。早く元気になって改めて魚介類食べ放題に行けるといいですね。


ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。