FC2ブログ

東北の旅④

2010 宮城・岩手・青森
05 /13 2010
旅の2日目は石巻市にある『石ノ森萬画館』からスタートです。

石巻は石ノ森章太郎の出身地。
街の中には石ノ森作品にでてくるキャラクターがいっぱい。
石巻駅から漫画館までの通りは“いしのまきマンガロード”というそうです。
石ノ森萬画館? 石ノ森萬画館?
石ノ森萬画館⑩ 石ノ森萬画館?




『石ノ森漫画館』は“きこりん”みたいな形。
駐車場が分散していてちょっと不便でした。
石ノ森萬画館?



まずは石ノ森先生の手形がお出迎え。
石ノ森萬画館?



インフォメーションのお姉さんは『サイボーグ009』のコスチュームです。
女性だから003かな。
石ノ森萬画館?


ロビーはこんな感じ。
石ノ森萬画館?



ショップではこんなサイダーも。
けっこう高かったです。確か350円ぐらいだったかな。
石ノ森萬画館?
『仮面サイダー』



残念ながら中は撮影禁止。
画像は展示入口の手前にあった『キカイダー』のフォログラム。
石ノ森萬画館?




1時間ごとに動き出す『仕掛け時計』
漫画館の前の路を挟んだ公園がベストポジションです。
どちらかというと音声メインな感じでした。
もうちょっと動きが欲しかったかな…。
石ノ森萬画館?


ワンとも達には懐かしい内容でしたけど、
それ以降の世代にはどんどん馴染みが薄くなっていきそうですね。
仮面ライダーなどは新シリーズもあるようですし、
そういうのも増やしていった方がいいような気もしますが、
それだと石ノ森正太郎からはちょっと離れちゃうのかな…。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

楽しそう♪

「石ノ森漫画館」
ファンにはたまらない空間ですね♪
仮面サイダーが面白い(^^)
一本欲しい!!

キカイダーも懐かしい~v-291
Keiもそんな世代ですよ。

Keiの弟は仮面ライダーの変身真似をして
よく机の上から飛び降りていたので、
母親が「変身したら二度と人間に戻れないから!!」と叱ったんです。
弟はビックリして泣きながら
「変身!!変身!!人間に戻れ」と叫んでいたのを思い出しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本人はすばらしいけど・・・

本人は類まれなる才能の持ち主でしたが、
その家族がガタガタでしたね。
残念です。

石森時代のほうが良かった。

to:Keiさん

「これも石ノ森作品だったんだ~」っていうのもありました。
Keiさんもここに行ったら懐かしくなりますよ。
仮面サイダーはキャップが頭の形だったらもっと良かったのに。
そうしたらもっと高くなっちゃうでしょうけど。
昔、そんな容器のシャンプーがありませんでしたっけ?

弟さん、おもしろ~い(^^)
Keiさんのお母さんの叱り方、秀逸です(*^^)v

to:片田舎動物病院 院長さん

手塚治虫も早かったですが、石ノ森章太郎も早い死でしたね。
あの頭の中にあるアイディアを
誰にも受け継ぐことができないのは惜しいことです。
家族が残念、というのは知りませんでした。
成功者の家族にありがちなパターンなのでしょうか。

トオーッ!仮面ライダーはかっぱ♂が大好きで、結婚後まもなく、お店から、ご注文の仮面ライダー全集が届いております・・・みたいな電話を受け、「はあ、息子はただいま外出しておりまして・・」と返事しようかと思ったことがあります。かっぱ♂は、石巻に行ったら変身ポーズをしまくるんだろうなあ・・・。わあ、やだ、はずかしぃ・・・。でもここ十年くらい、毎年、夫婦で子供もいないのに仮面ライダーの映画を見に行っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

to:夫婦ともかっぱさん

この萬画館にも、子供よりお父さんの方が熱心と思われる親子もいましたし、ウチもそうですけど、大人同士で来ている人も少なくなかったですよ。ここまで世代を超えたファンがいると、ただのマンガじゃなくなってますよね。
他にも「石ノ森章太郎ふるさと記念館」というものあるそうで、石巻はカッパ♂さんには楽しい街かもしれませんね。もし行かれたらぜひ変身ポーズ、しちゃってください。見知らぬ仮面ライダーファンとお知り合いになれるかもしれませんよ(^^)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。