FC2ブログ

東北の旅⑨

2010 宮城・岩手・青森
05 /24 2010
2日目の宿は八戸のホテルを取りました。

本当は青森市内か弘前が都合良かったのですが、
この時期はどこも満室。


再び“ケルン方式”採用です。


花巻から八戸までの距離もハンパではありません。
一般道では日付を越えそうだったので、八戸自動車道を利用しました。


さて、八戸のホテル。
ギリギリで何とか空いていたのが“ワシントンホテル”のダブルだけ。

ワシントンホテル③



この画像だと妙にラブホな雰囲気。
ちゃんとしたビジネスホテルです。

ワシントンホテル八戸① ワシントンホテル八戸②





ホテルに落ち着いて時間を見ると、すでに22時近くになっていました。

少し歩いてなんとなく入ったのが山海喰処『禄文銭』

禄文銭⑧


時期と時間のせいかお客さんは少なめ。

禄文銭①


あまり期待していなかったのですが、お魚の美味しいなかなか良いお店でした。
水揚げが多いのかイカ・タコのメニューが豊富だったように思います。

初日の夜に比べると注文したお料理が少ないですが、量が多かったので十分でした。
特に〆で食べたツケ麺は盛りがよかったです。

禄文銭④ 禄文銭③

禄文銭② 禄文銭⑤

禄文銭⑦



ビール以外に特別純米酒“八仙”も堪能。
蔵元は地元・八戸の「八戸酒造」です。
口当たりのいい美味しいお酒でした。

禄文銭⑥

この間、ダンナ・ピットが買ってきた
熊本出張土産の“香露”も美味しかったです。


そういえば、『dancyu 6月号』に載っていた記事によると、あのサッカーの中田ヒデが「今、一番興味があるのは日本酒」とのこと。

高級なシャンパンやワインしか飲まないイメージがあったので、
日本酒とは意外でした。


各地の蔵元なども回っているそうで、
しかも日本酒の入り口はマンガ『夏子の酒』だとか。
日本酒好きにとってはちょっとしたバイブルですね。




日本の大事な文化・伝統・技術ですから、こうして影響力のある人が興味を持ってくれるといい啓蒙になるでしょう。


『dancyu 6月号』は、特集の“餃子づくりの天才になる”も気になりますね。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こんばんは。

八戸、私も泊まった事があります。
東横インですけどね。

近くのおそばやさんに期待しないで行ったんですが、意外とおいしかったです。

新幹線の止まる八戸駅付近だったので、寂しい感じだったのを覚えてます。

to:70sとむさん

八戸は思ったより大きな街でした。
ご飯も美味しかったし(*^_^*)
八戸は新幹線が停まるんですね。
夜も遅く着いて朝早く出掛けたので、
自分が八戸のどの辺にいたのかも分からないまま次へ移動してしまい、
八戸駅がどこかも分からず終いでした(^_^;)

宮城の古川も駅周辺は閑散としてましたね。
ワンともの実家あたりも商店街は駅から離れています。
これは鉄道敷設の時、昔は蒸気機関車だったので
火の子を嫌って中心から外したということを聞きました。

大丈夫。大丈夫。
ラブホな感じはしませんよ。
ベットが部屋の中央じゃないからでしょうかねぇ~(笑)
それにしても、ちょっと入ったお店でも
ワンともさんはハズレがないですよね。
料理も美味しそうです。
旅先で遅い時間にまともな食事をとれないと
なんだか妙にむなしくなりませんか?

to:Yo-さん

ラブホのベッドは中央にあるんですね。
まぁメインですからねぇ。
いやいや古川の居酒屋さんはお料理はイマイチでしたね。
お店の造りと接客は悪くなかったんですけど。
今回は遅い時間が多いかったので居酒屋さんばっかりでした。
もうちょっと郷土料理的なものも食べたかったですね…。
夜遅いとその点が残念です。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。