FC2ブログ

オルセー美術館展

美術館・博物館
06 /16 2010
月曜日に『オルセー美術館展』を見に、
六本木の新国立美術館に行ってきました。
パリ旅行では、リニューアルオープンしたてのオランジュリーを優先したので、オルセーに行けなかったのが残念だったんですよね。

新国立美術館



平日で、しかも雨だったのですが、けっこう混雑していました。
かなり有名どころが来ているので人気も高いのでしょうね。

オルセー美術館展①



今回の目玉の一つはやっぱりゴッホでしょうか。
特に“自画像”の前は人だかりで、
そんなに大きくはない絵を見るのに一苦労でした。
う~ん、でもやっぱりゴッホは怖い。

オルセー美術館展②

中は撮影禁止なので、入口にあったポスターのゴッホの“自画像”を。
どちらかというと耳を切った後の自画像の方が有名でしょうかね。



ワンとも的にはモネ“日傘の女性”ゴーギャン“タヒチの女”が見られて良かったです。

ピカソも一枚だけ来てました。
相変わらず分からないですけど存在感はスゴイ。

今回のテーマは「ポスト印象派」ということで、
だんだん抽象画的になっていく過程の作品群だからでしょうか、
ピカソの絵でもまだ描いてある物が判別できました。

それから、点描画の点数が多かった印象です。
この当時の一種の流行だったんでしょうね。


そうそうアンリ・ルソー“蛇使いの女”は圧巻でした。
この作品が来ているとは知らなかったのですが、
前日のテレビで“蛇使いのニューハーフ”を見たのは
何かの予兆だったのでしょうか




この日の昼食はまたまた四川飯店。
月曜はレディース・デイで2割引きなんですね~。

四川飯店




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ゴッホ・・・

絵画を見るのが好きなDanさんですが、ゴッホに関しては・・・ 「ゴッホだったら、山下清でいいよ」らしいです。(^_^;) まぁ、共通するものが無くはないと思いますけどね。あと、ルーベンスとかの巨大な絵もあまり好ましく思っていないようです。人であれ、物であれ、好き嫌いが激しくて・・・ 
私は絵画のことはよく分かりませんが、抽象派よりは印象派の絵画の方が好きです。『なるほど!ザ・ワールド』の途中CMでモネの『睡蓮』が出ていたのを、何故かよく覚えています。

to:Kakaさん

ゴッホ、山下清…どっちも独特ですね。山下清はさておきゴッホの絵は怖いんですよね。ゴッホ美術館はホラーハウスですよ。ルーベンスはワンとももあまり。フェルメールとかレンブラントとか印象派もそうですけど、当時の風俗が分かるものが好きですね。即物的だから見て分かるものがいいんです(^_^;)
『睡蓮』はオルセー展にも小さいのが一つ来てましたよ。あちこちでいろんなタイプのを見ましたけど、いったい何作あるんでしょうね。

ゴッホ・・・。今までは単に名前を知っている画家だったのですが、あれこれと事情を知ってしまうとねぇ・・・。

ちょっと見たい気もするし、たぶん、それなりに何か得るモノがある気はするのですが、おも~い影みたいなモノをもらって背負いこんでしまう気がします・・・。

to:ラーダ・ドゥーナさん

> ゴッホ・・・。今までは単に名前を知っている画家だったのですが、あれこれと事情を知ってしまうとねぇ・・・。
ゴッホのエキセントリックで破滅的な人生を知ってこそ、彼の作品の魅力というか迫力になっているような気がします。どの画家もそうですが、背景を知って見るのとそうでないのとではやっぱり印象が違いますよね。

> ちょっと見たい気もするし、たぶん、それなりに何か得るモノがある気はするのですが、おも~い影みたいなモノをもらって背負いこんでしまう気がします・・・。
なんだか気が弱っている時に見たら取り憑かれそうな気がして怖いですよね。もしゴッホ展に行くなら、怖いもの無しって時じゃないとダメです。もしくは「この絵は1億円」とか、俗物になって行くとかですね(^_^;)

ご無沙汰してますw
オルセー美術館展行かれたんですね。

来月パリ行った時に行くんですけど・・
オルセー美術館展にも行ってみようかと思ってます。

ゴッホ・・この目で観てきます。笑

to:naonaoさん

こちらこそご無沙汰しています。
オルセー美術館展は平日にも関わらず混んでました。
特にゴッホの前は混んでいるので覚悟して行って下さいね。

パリのオルセー美術館も楽しんできて下さい。
きっと日本に来ている絵の場所は「貸し出し中」になっているでしょうね。
いいなぁ、ワンともも行きたいなぁ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。