FC2ブログ

松ちゃんのオカンのミートソース

世間話し
09 /22 2010
先日の「松本人志の○○な話し」で紹介されていた
松っちゃんのオカンのミートソースを作ってみました。
松っちゃん曰く「未だにこれを越えるものがない」そうです。


レシピは簡単。
材料は玉ねぎのみじん切りと合挽き肉のミンチとトマトケチャップ。
量は特に紹介されていなかったのでテレビの見た目で。
ワンともは小ぶりの玉ねぎ一個、合挽きミンチ300gぐらいで作りました。

まずフライパンに油をひいて、
玉ねぎのみじん切りとミンチを炒めます。

ミンチに火が通ったらケチャップを割とたくさん入れて炒め煮に。

松ちゃんのオカンはトロミ付けに片栗粉を使っていましたが、
このまま煮詰めていってもいいと思います。
その方がケチャップの酸味が和らぐような感じです。


これが食べてみると意外とイケました。
ケチャップの味はするんですけど、
家で作るハンバーグソースのような家庭的な美味しさです。
粉チーズをかけると更に美味しかったですよ。


恐るべし、松っちゃんのオカン…。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

なんだか・・・

とっても和風なレシピっぽいですね。(^_^) ケチャップ使って”和風”と言うのも変ですが、懐かしい味がしそうです。玉ねぎ、ひき肉(冷凍)、ケチャップ、パスタ(乾麺)、チーズくらいなら、常備してありますので、困った時の一皿によさそうですね。先ず、一人ご飯の時に試してみます。
うちの母、料理はそこそこ上手だ(だった)と思いますが、私の中のおかんの味No.1は何かなぁ~ 冷や汁か、きんぴらごぼうか・・・  料理は上手だったんですが、ハイカラな物は作れないうちの母でした。(^_^;)

to:Kakaさん

和風というとそうかもしれませんね。日本のカレーやハンバーグはもはやお袋の味ですし。ダンナ・ピットいわく「ボロネーゼはイタリアン、これはミートソース」だそうです(^_^;) 家で作るオムライス的な感じに仕上がると思いますよ、たぶん。
ワンともは祖母の味ですね。きんぴらなどの定番のお惣菜もそうですが、戦中戦後に食べていたというものも時々おやつとして登場しました。昔は砂糖が貴重だったので安く手に入るようになってからはふんだんに使っていましたね。しかも白砂糖。白い砂糖には憧れがあったんだと思います。
冷や汁ってイマイチ味の想像がつかないんですけど、冷めた味噌汁ではないんですよね?

なんだか味が想像できそうですね。でも、なぜかくせになる・・・味かな?

家でミートソースを作る時は栄養面を考えて無塩の野菜ジュースを使います。そして、酸味と甘みはケチャップで具はミンチと玉ねぎとニンニク。バジルを少々・・・。

たま~に食べたくなる味です

to:ラーダ・ドゥーナさん

ケチャップの味は絶対します(^_^;)が、確かにクセになる味といっていいでしょう。
ウチはトマトのパスタだとアラビアータ系ばっかり、ミートソースを自宅で作ったのは初めてです。ケチャップの塩分がちょっと気になりますが、また作ってしまいそうです。

冷や汁

冷たい味噌汁・・・ ではありませんね。胡麻、煮干し、煎った落花生のすりつぶした物が多少口の中に残る感じのするワイルドな田舎料理です。土産屋に即席の冷や汁も売られてはいますが、母は「あんなのは美味くないっ!」と認めていません。(^_^;) 家庭によって少しずつレシピは違っていますが、私的には母の冷や汁がNo.1です。慣れない他県の方には軽いカルチャーショックを与える料理の一つでもあるようですが、東京生まれのDanさんも「美味い!」と言ってくれたので間違いないと思います。(^_^)

to:Kakaさん

胡麻に煎った落花生…香ばしくて美味しそう。確かに冷たい味噌汁ではありませんね。できればKakaさんのお母さんの冷や汁を頂きたいところですが、そうもいきませんから出会った冷や汁に挑戦したいと思います。美味しいカルチャーショックなら大歓迎ですよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。