FC2ブログ

台北旅行②

台北
10 /02 2010
今回宿泊したホテルは“グロリアプリンスホテル”
漢字で書くと“華泰王子大飯店”
華泰は「ファータイ」と読むようです。

華泰王子大飯店①


場所は中山区。
最寄りの地下鉄駅は“雙連”
エアポートバスはアンバサダーホテルで降りて200mほど歩きます。


ここは日本のプリンスホテル系なので日本語が通じます。
通じますどころか日本語しか使いませんでした。
スタッフはかなり感じが良かったです。


予約は『エクスペディア』の直前割引プラン。
クイーンサイズのベッドの部屋でした。
できればツインが良かったんですけど
直前割引だから仕方ありません。

幅はさておき、布団が一枚だと問題があるんですよねぇ…。
案の定、ダンナ・ピットに巻き取られました。

華泰王子大飯店②



部屋も浴室もそれほど広くはありませんが清潔でした。
若干の古さはありましたけど。

華泰王子大飯店③



欧米のホテルには無いポットやお茶やコーヒーのティーパック
それにパイナップルケーキが置いてありました。

そうそう、500mlサイズ(590mlだったかな)のミネラルウォーターが無料でした。
2本ぐらい置いてあったと思います。

これはお掃除の時に無くなった分だけ補充されていました。
ちなみに冷蔵庫の中の冷えたモノは有料。

台湾の水は硬水でそのまま飲めないらしいので
そのためのサービスなのかもしれません。


部屋で有線のインターネット(無料)が使えたので
ホテルから少しだけブログを更新しました。


新聞も午後に一回、無料で配布されました。


ちょっと不満があるとするとトイレの水流が弱かったこと。
でも、ウォシュレット付きだったのはブラボーでした。


このホテルは大丈夫でしたけど、台湾のトイレは詰まり防止のために
トイレットペーパーを流さない所が多いみたいですね。

今回の旅行では流したり流さなかったり…。

新しい施設だから大丈夫かなぁと思っても
トイレに大きなゴミ箱が設置されているとちょっと迷いました。
もし流して逆流してきたら怖いですしね…

それと、できればゴミ箱には蓋が付いていて欲しかったかな。

そうそう、和式トイレが多かったのも意外でした。
日本でも最近はほとんど利用する機会が無かったので
たまに使うと足腰にきますね

トイレットペーパーのことはさておき、
台湾のトイレ事情は質、設置数ともに欧米よりははるかに良いと思いました。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

台湾に行っていらしたのですね。うらやましい。
そうそう、トイレ・・・。たまにそういう国はあるけど、実際トイレもTOTOだったり、トイレットペーパーも高級品だったりするのに、ごみ箱が置いてある。確かにふたなし。郷に入ればというけれど・・・それでも流したい!!!
だから、時々ホテルに帰っていました。

アハハハ・・・

ワンともさんもダンナ・ピットさんに布団を持って行かれるんですね。お気持ち、よ~~~く分かります。(^_^;)
日本語が通じるホテル、便利ですし嬉しいですよね。私が台北で止まった部屋は、天井から水漏れがしていてフロントにヘタクソな英語で電話したら日本語が返ってきました。「あなたが下手な英語を話すより、私が日本語を話す方がいい」といったところでしょうかね。
中華圏のそういうトイレットペーパー事情が、浅草周辺の公衆トイレの問題でもあるようですね。水洗事情と、トイレットペーパーの紙質が悪いということで、中華圏では便器に流さないのが一般的みたいですが、日本の備え付けの小さな汚物入れからはトイレットペーパー溢れ出しているという記事を読みました。そこは、モラルの問題というよりは単純な習慣の違いなんでしょう。
無料の飲料が部屋にあると、テンションが上がってしまう超庶民派Kakaでした。

1枚目の写真

バイクがいっぱい信号待ちしてて
中国っぽい感じがしますね(笑)
ところで台湾って中国に入るの?それとも独立国?
すみません、もの知らなくて(~_~;)

ホテルも清潔そうでイメージと違いました
続きも楽しみにです♪

to:夫婦ともかっぱさん

一度流れてようやく行けた初台湾でした。
すごく面白かったです。
台湾のトイレ事情については事前情報として知っていたのですが、
やっぱり流さないのは抵抗がありますよね。
ゴミ箱全開だったので、使用済みを更にくるんで捨てていたので
全然エコじゃなかったです(^_^;)
そうそう、トイレットペーパーは結構柔らかくて良かったです。
結構、水溶けが良さそうでしたけど、あれでも詰まるんですね。

to:Kakaさん

それぞれに掛け布団があっても早々に自分のは床に落としてワンとものを巻き取るダンナ・ピットですから、一枚となると危険度は高いですね(~_~;)
>「あなたが下手な英語を話すより、私が日本語を話す方がいい」
いやいやそんなに卑下しなくても…(^_^;) ホテルスタッフの好意だととっておきましょう。ホテルに限らず日本語が通じると端的に伝えるだけじゃなくてニュアンスまで伝わるような安心感がありますね。今回の台湾旅行にはそんな感じが随所にありました。
浅草寺あたりのトイレ事情は確かに生活習慣の違いでしょうね。今回の旅行ではワンとももうっかりトイレに流してしまったりしましたし。詰まらなかったから良かったようなものの、これで詰まって溢れさせたら「まったく日本人は」って思われるかもしれませんしね。
無料の水はすごく助かりましたよ。安いとはいえ買わずに済むのは嬉しいことです。それだけでホテルの好感度が上がりますね(*^。^*)

to:まんたさん

スクーターは多かったですよ。
ベトナムも多いらしいですけど、
暑いから走って涼んでいるとい聞いたことがあります(^_^;)

台湾は中国でもないし独立国でもない複雑なポジションの国です。
日本は台湾独立を承認していないので大使館などはありませんが、
事実上の独立国のような感じにはなってますね。
日台関係は年配の人でも意外と知らない人が多いですよ。

台湾のホテル選びをしている時も、どこもキレイそうな印象でした。
最近、更新がホントにスローなんですけど、どうぞお付き合いください。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。