FC2ブログ

大阪・神戸の旅⑦

京阪神
01 /06 2011
ちょっと疲れたのでロフトの前からタクシーに乗って北野・異人館街へ。


北野坂を登りきった辺りで降りて、まずは『風見鶏の館』(¥300)へ向かいました。
楽するつもりでタクシーに乗ったのに、ここから先の坂道のほうがキツかった…
風見鶏の館④
肝心の風見鶏が映っていない…



昔、一度だけ来たことがありましたが、
内部の事はすっかり忘れてしまっていました。


お屋敷内にあった風見鶏。
風向計ですが、鶏は魔除けでもあるそうです。
そういえばポルトガルでは鶏がモチーフのものが多かったです。
このお屋敷の施主はドイツ人ですが。
風見鶏の館②




ゴージャスな1階の食堂。
2階にも朝食の間という食堂がありました。
どんな食事をしていたんでしょうね。
風見鶏の館①




こちらは書斎。
思ったより机の奥行きがないと思いました。
しかし、食事用のテーブルで全て事足りている我が家とはエライ違い…。
そもそも比べるのが間違いですネ。
風見鶏の館③




更になんだ坂こんな坂を登り『山手八番館』(¥500)へ。
ここにある”サターンの椅子”に座ると願いが叶うとか。
テレビで紹介されてから続々と人が訪れているようですよ。

椅子は2脚あって、向かって左が男性、右が女性。
画像は男性用。
サターンの椅子
『サターンの椅子(男性用)』


女性用の椅子はなかなか人が途切れませんでしたが、
男性用は座り放題って感じで、
ダンナ・ピットもワンともの順番が来るまでずっと座っていました。


それにしても、ここに来るとテンションが上がっちゃうんでしょうけど、
人が願い事をしている最中に、大声で「自由!」と言う人がいて
せっかくのお願い事が「自由」に侵略されました…
ワンともは自由なんて望んでないのよっ!
自由なんてね、孤独とセットなんだからねっ!!

ちなみに“サターンの椅子”のサターンは悪魔ではなくて
ギリシャ神話の豊穣の神サトゥルヌスのことだそうです。

サトゥルヌスって、あの「我が子を食らうサトゥルヌス」


全体的にアフリカ?アジア?といった
民族彫刻が多く展示されていましたが、
入口の上にあるステンドグラスも見所だそうです。
山手八番館




その後は、無料だということで『ラインの館』へ。
ラインの館




さらにオランダ坂を下って北野坂の方へ。
オランダ坂の途中に朽ちた異人館がありましたが、
あれは地震でダメージを受けた後、修復されずにいたのでしょうか。
ちょっと調べたところ所有者は外国にいるらしく、
修復も取り壊しも望んでいないので、市も何もできないのだとか。
う~ん…。


最初にタクシーから降りた北野坂を登りきった辺りにある
『風見鶏本舗』でお土産のバームクーヘンを購入。


そこから坂を下って元会員制喫茶の『にしむら珈琲店』で一休み。
95年の大震災後に一般開放したそうです。
にしむら珈琲店②



画像はワンともが頂いたブレンドとオペラ。
にしむら珈琲店①


なかなか高尚なお店で、お値段もそれなりにお高かったですが、
入店の際には「いらっしゃいませ」ぐらい言って欲しかったナ。
帰りの「ありがとうございました」はありましたけど。

小うるさい?






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ありがとうございましたはあったものの、≪入店の際には「いらっしゃいませ」ぐらい言って欲しかったナ。≫っていうのに、まったく同感です。私も小うるさいクチ?年初からプチ笑いさせていただきました。
神戸・北野の洋館の旅、ステキですね。私たちは適当に買った共通入場券で入れるところを回ったので、山手八番館には行ったことがありません。今度行くことがあったら、ぜひ願いがかなうイスに座りたいです!

竹内まりや

♪自由と孤独はふたつでセット~♪って、歌っていましたねドラマの主題歌で。私は昨年動画(えぇ、もちろん中国の違法サイトです)で見たんですけど。
風見鶏の館は、建築後もずっとドイツ人が所有していたんでしょうか? ゴージャスな館での食事は、ジャガイモ、ザワークラウト、ソーセージ、ビールだったりして・・・ (^_^;)
今日、先生に「なんでドイツのショートケーキはあんなに大きいんです?」と質問したところでした。先生も返答に困っていましたけど。「ドイツの食文化はダメなのよ・・・」と。日本のショートケーキは小ぶりで本当に繊細ですよね。私ももう直ぐ口に出来ます。(^_^) 
・・・で、ワンともさんの願いごとは何だったんでしょう? ヒミツですか?

to:夫婦ともかっぱさん

前から気になるタチではあったんですが、年齢とともにより気になるようになりました。しょっちゅうイライラしていて精神衛生上よくありませんね(^_^;) しかも、割と年配の人に態度がイマイチの人が多いんですよねぇ。
今回行きたかった異人館はセットが別々だったので、それぞれ行くことにしました。拘らなければ共通券の方がお得だと思います。山手八番館の椅子は並ぶと言っても10人ぐらいでしたが、時期や時間帯にもよるかもしれません。行かれたら是非座ってお願いごとをしてみてください。

to:Kakaさん

そんな歌詞の曲があるんですね。竹内まりやというとベスト盤しか聴いたことがないです。しかも、かなり前の…。中国って、フィルタリングが厳しい割には違法サイトは野放しなんですね(^_^;) フランス革命のスローガンでしたっけ「自由、平等、博愛」って。自由と平等・博愛って、なんだか矛盾しているような気がしてしっくりこないんですよね~。
風見鶏の館がいつまでドイツ人の所有化だったかは分かりませんが、70年代後半にこの建物が保存・公開となったのには、NHKの朝ドラの影響があったようですよ。
最初の持ち主はどんな食事をしていたんでしょうねぇ。原作の「坂の上の雲」では、ドイツ人参謀が日本に来る条件としてモーゼルワインが手に入るかどうか尋ねる場面がありましたけど。
外国のケーキが大きい理由として、胃袋のキャパの差もあるんでしょうけど、小麦粉やバターが日本よりかなり安価だというのは考えられますかね? 最近の日本のケーキやお菓子は、コンビニのものもクオリティが高くなっていますよ。

>・・・で、ワンともさんの願いごとは何だったんでしょう? ヒミツですか?
お願い事は言わない方がいいらしいので、叶ったら教えますね(^_-)

お~、風見鶏の館は何度か入った事がありますよ。あと、うろこの家とか。
でも、サターンの椅子とやらは知りませんでした。
あと、北野坂には他にもパワースポットがあるそうですね。
で、お願いが叶ったらまたお礼まわりに来ないといけないとかなんとか。
昔はそんなこと、なかったのにな~

パワースポットって言葉、最近やたらと聞きますね

to:ラーダ・ドゥーナさん

ワンともも風見鶏の館は2度目ですが、うろこの家はまだないです。
サターンの椅子はダンナ・ピットが知っていて行きました。
調べてみたらうろこの家にあるイノシシ像とか
旧中国領事館の狛犬とかいくつかあるようですよ。
お礼が義務的なのはどうかと思いますけど、
お願いが叶ったらお礼に行きたくなるものなのかもしれませんね。

世知辛いとこういったパワースポットとかが流行るみたいですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。