FC2ブログ

『ElchE(エルチェ)』

バルセロナのグルメ
02 /22 2011
3日目のお昼はモンジュイックの丘の麓のレストラン『ElchE』で。
ガイドブックによると「さっぱり味のパエリアが食べられるお店」とのこと。
ElchE①

開店前に着いて開くのを待ってから入りました。
昼は12:45オープンだから日本人にとってはちょっと遅めですね。

オープンから暫くははガラガラでしたけど、
お店を出る頃には続々とお客さんがやって来て満席に近い状態になりました。
やっぱりスペインの食事は早く行くに限ります。



店内はシックで落ち着いた雰囲気。
クッションがいい感じでした。
ElchE②



飲み物はダンナ・ピットがビール(€3.5)。
ワンともはハウスワインのロゼ3/8ボトル(€5.0)。
3/8は300ml弱ぐらいでしょうかね。
ElchE⑩
ビールは“A.K.DAMM(アカ・ダム)”というスペイン・ビール。
一口貰って飲みましたけどコクがあって美味しかったです。
サラサラと飲みやすい他のスペインビールも美味しいですけど、
ワンともはA.K.DAMMの方が好みです。



パンの他に固いパンというかラスクというか…。
固いパンに付いてきたのは、たぶん鶏レバーのペーストだと思います。
ElchE③




定番のミックス・サラダ(€8.0)
白菜を生で食べたことはありませんでしたけど、
ちょっと甘みがあって美味しかったです。
ElchE⑥




アーティチョークのフライ(€4.2)イカのフライ(€8.0)をタパスで。
レギュラーサイズのもありますけど、タパスで頼むと小皿で出てきます。
ちょっとずつ色々と食べたいときにはいいですよね。
ElchE④
ダンナ・ピットはアーティチョークにハマったみたいです。



コロッケ(€4.0)
中身は何だったっけ(^_^;)
でも、クリーミーで美味しかったです。
ElchE⑤




そしてシーフード・パエリア(€17.20×2人前)
まずパエリア鍋の状態のものを披露しに来ます。
それから奥に持って帰って、一人ずつ取り分けたものを運んできます。
この辺がちょっとカジュアルなお店との違いでしょうかね。
ElchE⑦
ちなみに注文は二人前から。




デザートにダンナ・ピットがマンダリンとレモンのソルベ(€4.8)
半分ぐらいはワンともが食べちゃったんですけどね。
ElchE⑧




ワンともはカフェ・コン・レチェ(€2.0)
ElchE⑨




ここはお料理のお味も然ることながら、店員さんの態度も愛想も非常に良くて
気持ちよく食事ができました。
その分、お会計もそれなりにしましたどね(全部で80ユーロぐらい)。
でも、次回もきっとまたリピートするでしょう。






『ElchE(エルチェ)』
Carrer Vilà i Vilà, 71
08004 Barcelona, España <MAP>
TEL:934 413 089
無休/12:45-16:00、20:00-24:00




マレマグナムにも『EXL』という系列のお店があるようです。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

すいている早めの時間に行って、他の客で賑わいだす頃に「ごちそうさま」する。
特に手の込んだ料理をゆっくり味わいたい時は、そうするのがカコイイでつね。

to:ビリキナータさん

だいたい最初の30分ぐらいは貸し切り状態の事が多いです。
すぐ座れるのはいいんですけど、ちょっと落ち着かないでつよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。