FC2ブログ

台湾旅行2011⑦ <平渓線・その3>

台北
08 /05 2011
昼食の後は『十分大瀑布』へ。
十分の駅から歩いて20分ぐらいあるでしょうか。
道々出ている案内に沿って行きます。

途中で見かけた天燈(ランタン)を作る家。
十分?




中ではせっせと天燈を作っていました。
一声かけて写真をパチリ。
十分?




十分は旧正月の天燈節(ランタン祭)が有名です。
※音が出るのでボリュームにご注意。





普通の日でも希望があれば天燈を上げることができるようで、
沿線のお店には天燈とメッセージを書くスペースが設けられていました。
十分⑰




晴天の空に時々飛んでいく天燈が。
十分⑯




さて、十分大瀑布までの風景はのとてものどか。
でも、暑っい~。
ダンナ・ピットはみるみる溶けかけたアイスのような状態になり
ワンともはうっかり日焼け止めを塗り忘れた両腕が後で大変なことに…


大瀑布に行く途中では吊橋を渡り、
十分⑩




線路沿いを歩き(何かと線路が近い)、
十分⑬
オバちゃんが飲み物を売っていました。



入口にようやく到着。
入場料80元(約240円)。

入口付近にも展望台がありますが、
さらに奥へ向かうと正面から滝を眺められるスポットがあります。
ちょっと登り降りが大変ですけどね。
十分⑭
マイナスイオン~~~




帰りも溶けたアイスと腕焼き放題で駅まで戻りました

十分站でクールダウン。
味はマンゴーと抹茶。
十分⑱




炭鉱博物館も行ってみたかったですけど、
時間と体力がリミットのため断念。


次に来た電車に乗り、また瑞芳経由~八堵乗換えで台北站まで戻りました。
十分⑮

帰りは座れなかったので余計に疲れたぁ。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

コンバンワ♪

ランタン祭り、キレイですね
流れてる音楽が中国っぽいなぁと思いまいた(笑)
でも、見ていて火事にならないのかな?と
ちょっと心配になりました

最近の日本もずいぶんと暑いけど
やっぱり台湾は暑そうですね(~_~;)

to:まんたさん

ランタン祭に行ってみたいんですけど夜なので帰りの足が問題ですね。
文化圏的には中国ですからね、赤系の色遣いも多いです。
火事はワンともも気になりましたけど、
ワンともの地元の火祭りも案外と大丈夫なので、大丈夫なのかもしれませんね。

気温だけみると日本の方が高い時もありますけど、
台湾とは日差しの質が違いますね。

天燈祭、きれいですね。
これなら海外まで行って見る価値、ありです。

to:片田舎動物病院 院長さん

きれいですよね。
実際に現地で見てみたいですけど台北から微妙な距離なので
帰りの足が心配です。
趣は違いますけど、台北でもランタン祭はやるようですよ。

日本の田舎みたいですね。

言われなきゃ、十分大瀑布だとは分かりません。台湾通(渡辺満里奈?)だったら直ぐに分かるのでしょうが。(^_^)
宮崎の完熟マンゴーはおいといて、最近はやたらとマンゴーを使ったスイーツを見かけますが、元々は中華圏のマンゴープリンに影響されたんでしょうかね? 台湾でも抹茶のソフトクリームが食べられるなんて!! 
店頭にぶら下がったランタン、パッと見はお祭りの水入りヨーヨーみたいです。でもそれにしちゃ、大きいか・・・

to:Kakaさん

平渓線はノスタルジーな日本が残っているということでしたがその通りでしたね。渡辺満里奈の「たわわ台湾」は読みました。あの本に載っていた佛跳スープが気になってるんですが高くてまだ食べれていません。
特に夏場のマンゴースイーツ率は高いですよね。台湾でのマンゴー率はそれ以上だと思いました。ワンともはマンゴーにそれほど食指が動かないのでタピオカミルクティーの方がいいですね。台湾の抹茶ソフトはソース掛けで日本のとはちょっと趣きが違いました。ソフトクリーム自体もミルキーのような濃い味で甘かったです。
店頭のランタンは可愛らしくて素敵でした。中で作っていたのは飛ばすランタンでしたけど、店頭のは形が違うので何につかうのかなぁとは思ったんですけど…。言葉ができたら聞けるんですけどねぇ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。