FC2ブログ

会津・喜多方の旅④

福島・宮城
10 /19 2011
会津での夕飯は『会津しこん』
郷土料理のメニューも多いモダン和風の居酒屋です。
会津しこん⑦



お店は広くて足が降ろせる座敷タイプが多かったと思います。
会津しこん①



お通しは“もずく酢と温泉玉子”
これがスゴク美味しくて、今度家でも試してみようかと思っています。
会津しこん②



海鮮の入った“しこんサラダ”
会津しこん③



“刺身三点盛り”
美味しかったですけどHPの画像よりちっと寂しい感じ…。
会津しこん④



会津といえばこの“こづゆ”
福島でも会津地方だけにあるハレの日のお料理。
貝柱からとったダシと数種類の野菜などを使った具だくさんの汁物で
東北の料理にしては薄味。
玉子ボーロに似た小さくて丸い“豆麩”は会津だけのものだそうです。
会津しこん⑤



“炭焼き車麩の卵料理”
車麩はクリームの部分が無いロールケーキみたいな形をしています。
ウチの近所のスーパーでは約1cm幅で切ってある物が売っています。
味はカツ丼に似ているかも。
会津しこん⑥



そうそう、福島でカツ丼というとソースカツ丼が一般的です。
卵でカツをとじた全国的なカツ丼のことは煮込みカツ丼と言います。
これを初めて知った時はちょっとカルチャーショックでした。

そういえばワンともの地元では“にぎり寿司”のことを“生寿司”、
干ぴょう巻きや太巻きなど生魚を使わないお寿司のことを“和寿司”と言います。
最初、県外出身のダンナ・ピットには何の事だか分らなかったようです。


他にも唐揚げや串焼きなどを食べたのですがすっかり撮影を失念…


モチロン、地酒も飲みましたよ~。

ここは置いている地元の地酒の種類も豊富で、
今回はその中から会津錦濾過生原酒「さすけね」を。
無濾過生原酒なので濃いですけど、ノドごしが良くて美味しかったです

ちなみに「さすけね」は「さしつかえない」がなまったもので、
「大丈夫」とかそんな意味です。

この蔵元は他にも「なじょすっぺ」という銘柄があって、
これは「どうしましょう」という感じでしょうかね。

どちらも爺ちゃん婆ちゃん世代の言葉かなと思いますが、
気が付かないだけで無意識に使っているかも…。



では、今回は「じゃあ、またね」を福島訛りで…「んじゃ、まだない」






『会津しこん』
<MAP>
〒965-0871
福島県会津若松市栄町8番35号 ヴェルファーレ上六日
TEL : 0242-37-1707
ランチ 11時~14時、17時~24時






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

おおーっ

全部ウマそうですね
夕飯前のこの時間に見ると
一段とお腹が空いてきます(笑)
もずく酢に温泉卵いいですね
我が家はもずく酢を頻繁に食べるので
今度やってみます!

to:まんたさん

夕飯前の食べ物の映像は危険!
まんたさんトコも美味しそうな画像が多いから危ない危ない(笑)
もずく酢に温泉卵は温泉卵の完成度がカギですね。
ちょうどいい固さでチュルンと食べれたら
きっと美味しいと思います。


土地の物を食べるのが一番!

会津尽くしの夕飯でしたね。どれも美味しそうですが、一点だけ・・・ もずく酢と温泉玉子は、半熟以下の玉子を好きじゃない私にはちょっと・・・ (^_^;) 会社員時代に、上司行きつけの小料理屋で、とんぶりに生のうずらの玉子が載った突き出しが出ていたんですが、私は一度も食べず終い。店に行った誰かしらにあげていました。嫌いな食べ物があるだけで、人生の一部を損している気がします。
お国言葉。先日、お昼を一緒に食べた職場の人二人(二人とも元々横浜の人)に、直ぐに地方出身だと見破られました。上京して20年近く経っても、言葉の端々にどこか違ったイントネーションが出るらしく。こればっかりは仕方ありませんね。宮崎のイントネーッションって、東北のイントネーションに似てると言われることがよくあります。

to:Kakaさん

半熟玉子がダメなんですか。ワンともも昔はダメでしたけど、美味しい半熟のオムライスを食べてから大好きにになりました。この間テレビで有吉が「一度本物を食べて食べられるようになったら、安くても何処のでも食べられるようになる」って言ってましたけど一理あるかもしれませんね。そうは言ってもちょっと偏食気味なんですけどね(^_^;)
最近はあまりないですけど、福島から出たばかりの時はワンとももよく言われました。自分では訛っているつもりはないんですけど、やっぱりイントネーションなんですよね。アントラーズの興梠が宮崎出身なんですけど「訛りが抜けない」って言ってました。確かにちょっと訛っていて北関東から東北のイントネーションに似ているかも。東北でも青森はまた別モノですけどね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。