FC2ブログ

会津・喜多方の旅⑤

福島・宮城
10 /20 2011
一泊二日、会津・喜多方の旅。
二日目は『鶴ヶ城』から。

お城は戊辰戦争でボッコボコにされた後取り壊され、
戦後になってから再建されました。⇒「ボッコボコ当時の鶴ヶ城」
唱歌「荒城の月」のモデルになったお城の一つです。
鶴ヶ城⑤


会津藩は渋々ながら京都守護職を引き受けたばっかりに
幕末の悲劇を一身に受けてしまって…。

福島県内にあった藩はほとんどが幕府軍となり、
その領地は多かれ少なかれ戊辰戦争の被害を受けました。

昔のワンともの地元は奥州街道の要衝で
白河藩に属し戊辰戦争当時は幕府直轄地だったので
被害も大きく貴重な文化財も多くが燃えて無くなってしまいました。



鶴ヶ城は「日本の名城100選」「日本さくら名所100選」にも選ばれています。
ここの桜はホントにキレイですよ。
今は紅葉が見ごろかな。
鶴ヶ城⑦



天守閣の入口。
中に入るとすぐは塩蔵になっていて、かつての石積みを見ることができます。
この石垣は本当の遺構なので存在感がありました。
鶴ヶ城①



展示は会津の歴史と藩内の暮らしや伝統工芸について。

刀の重さを体験するコーナー。
隣りに火縄銃のコーナーもありました。
鶴ヶ城②



天守閣から見た会津若松市内。
鶴ヶ城③



それから走長屋と干飯櫓。
今年の3月に黒瓦から明治以前の赤瓦になりました。
鶴ヶ城⑧



帰りはこの走長屋を通るのですが、ここはかつての武器庫跡だったらしく
小窓から火縄銃を構える像も展示されていました。
鶴ヶ城④




帰りはこの表門から。
鶴ヶ城⑥





次は白虎隊士のお墓がある『飯盛山』へ。
山の麓にはちょっとした土産物店が並んでいます。
正面に見える石段…けっこう心臓破りです。
自信の無い方は併設のエスカレーター(有料)をどうぞ。
飯盛山①



山の上には白虎隊士19名のお墓が並んでいます。
ここへは小学校のバス旅行で来て以来。
飯盛山②


白虎隊が一番有名ですが、他にも玄武隊、青龍隊、朱雀隊があり、
女性だけで編成された娘子隊というのもあって何人かは戦死しています。

二本松藩にも「二本松少年隊」がありました。
下はなんと12歳からの少年たちが参戦し多くが戦死しました。



こちらは『ローマ市寄贈の碑』
昭和3年、ムッソリーニ政権時代のローマ市から送られた像で、
鷲の載った柱はポンペイの遺跡から発掘した大理石の柱だそうです。
後ろに「武士道精神に捧ぐ」という文字があったのですが、
戦後、占領軍に削り取られたそうです。
飯盛山③



そしてこちらも戦前に三国同盟のドイツの外交官から送られた『十字章の碑』
ローマの碑と同じように碑文が削り取られましたが、後から再刻されたそうです。
飯盛山④

アメリカは日本の武士道精神がよほど怖かったとみえます。

白虎隊の武士道精神は敵味方に関係なく評価されるべきもの。
それを削っちゃうっていうのがねぇ…。
国土と体はデカイくせに「ちっちぇなぁ、アメリカ」



白虎隊士が自刃した場所から撮った鶴ヶ城。
で囲んだ部分がお城です。
ここから見たお城が燃えているように見えたんですね。
飯盛山⑤



これは白虎隊士が戦場から飯盛山に来る時に通った『戸ノ口堰洞穴』
見学コースだと白虎隊とは逆を辿る形になりますね。
飯盛山⑥



もう少し下った所にある国の重要文化財『さざえ堂』
世界的にも珍しい二重螺旋構造の木造建築だそうです。
ダンナ・ピットは「もっと全国的に有名になってもいいのに」と言いますが、
ここでは白虎隊がメインになっちゃってるから。
さざえ堂



さらに順路を下りて行くと麓のお土産物店の辺りに出ます。
『秘密のケンミンshow』で紹介された事のある「天ぷらまんじゅう」
柳津町の名物「あわまんじゅう」を購入。
飯盛山⑧ 飯盛山⑦


天ぷら饅頭のお店にはナゼかアントラーズ三選手のサインが!
店主さんが知り合いの方から頂いたそうです。
店主さんは全くサッカーに興味が無いらしいんですけどね。
飯盛山⑩



あわまんじゅうは大福より柔らかくてモチモチ、
天ぷらまんじゅうは外がサクッと中はしっとり甘く。
天ぷらまんじゅうの店先でどちらも美味しく頂きました。
飯盛山⑨





ちなみに柳津町で1月7日に行われる福満虚空尊圓蔵寺『七日堂裸参り』
子供の頃に一度見に行った事があるんですが記憶がおぼろげで…。
あわまんじゅの事はシッカリ憶えているんですけど

誰でも参加できるそうですよ。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。