FC2ブログ

会津・喜多方の旅⑥

福島・宮城
10 /23 2011
飯盛山の次は喜多方へ移動。
詳しくは喜多方市山都町宮古

この間ご紹介した「山都新そばまつり」の山都町より
さらに北へ7~8km行った所が宮古地区です。
冬は時に陸の孤島になるような山深い所にある蕎麦の隠れ里。
山都町堂山
『山都から宮古に行く途中の風景』



ワンともは20年ぐらい前の冬に一度行った事があるのですが、
車はなんとか通れましたが雪はたくさんありました。
あの頃よりはちょっと道が整備されたようです。



今回訪ねた『中村屋』はワンともの20年前の朧げな記憶を辿って
なんとか探し出したお店です。
昔は看板も無かったっけ。
宮古そば「中村屋」①



お店と言っても自宅を開放している普通の民家の座敷。
他のお店もこんな感じのようです。
近くを流れる川の音しか聞こえてこない静か~でのどか~な佇まい。
宮古そば「中村屋」②



今回予約したのは蕎麦食べ放題の3,000円のAコース。
まずは郷土料理に舌鼓。
20年前と変わらなければ、このお料理はここのお婆ちゃんが作っているハズ。
宮古そば「中村屋」③


山菜の天ぷらも付きます。
衣に味が付いているので天つゆが要りません。
ちょっとフリッターのような感じ。
宮古そば「中村屋」④


ここまでで結構なボリュームです。
20年前も蕎麦の前にお腹イッパイになった記憶が…。



そしてメインのお蕎麦。
自家製粉の十割蕎麦なのに白くてツヤツヤ。
あっという間に風味が変わってしまうので、
蕎麦が出てきたら蕎麦に集中した方がいいでしょう。
宮古そば「中村屋」⑤


宮古では「水そば」と言って水で味わうお蕎麦が有名なのですが、
水そばが出るのはお店によってまちまちのよう。
水そばでなくても、まずはツユ無しで食べても風味が味わえると思います。

ダンナ・ピットは二椀お代わりしました。


今は息子さんに代替わりしたようですが、
20年前はお父さんが元気に接客していました。
確かもう80歳を越えていると思いましたけど、
宮古手打ちそば保存会の会長さんだった(今も?)方です。

予約した時はお父さんが元気に対応してくれました。

今回はお目に掛かることができませんでしたけど、
これからも元気でお蕎麦を打って欲しいですね。



『中村屋』
<MAP>
福島県喜多方市山都町蓬莱中村4611
TEL:0241-38-2585
予約制(3日前までに予約)
不定休




帰る時に見た『一ノ戸川橋梁』
明治後期に掛けられた橋でSLが走る時の絶好の撮影スポットらしいです。
一ノ戸川橋梁






TPPへの参加が決まれば外国産の安い蕎麦粉がさらに増えて
宮古地区の蕎麦にも影響が出るんでしょうか。


今日買った“結び糸こんにゃく”
コンニャク芋が国産だと198円ですが、中国産だと98円。

350%の関税が掛かっていてもこの価格差!!

今日は国産を買いましたけど、
これで関税が撤廃されたら太刀打ちできないですよね。


「影響が出たら補償します」
何でもバラ撒けばいいと思っている品性下劣な政府。

これって「金やるから黙ってろ」って事ですよね。
こんなに国民を見下した対応もないでしょう。

「第一次産業に関わる労働力の割合1.5%のために、98.5%が犠牲になっている」
と言った違法献金の前原誠司。
(政治資金規正法違反、公民権停止じゃ。さっさと辞めいっ!)

でも、実際は国民全部が犠牲になるんですよね~。

円高に対して無策なのも、円高と関税を混同させて
TPP参加の下地作りをしているような気がします。


正に日本にとってTPP惨禍になりそうじゃありませんか。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

一ノ戸川橋梁、調べてみました。
一度SLの走る姿を見てみたいです。

当方もわずかばかりの水稲農家ですが、
私を含め、この辺りで農業で儲けよう
なんて思っているものは全くおりません。
土地を「農地」から「宅地」にすると
とんでもない金額の税金がかかってくるので、
仕方がなく農地(農業)を維持しているだけのようなものです。

今日の新聞でもTPPについて盛り上がっていますが、
全く別世界の話です。

to:片田舎動物病院 院長さん

この路線には他にもいい感じの古い橋があるみたいですよ。
展示のSLしか見たことがないので、走っている姿も見てみたいです。

ワンともは環境保護団体のような農村賛美者ではありませんが、
TPPによって食料の分野を外国に握られる可能性があるのは問題だし、
規制緩和で外国人労働者が流入しやがて土地を取得できるようになったら…
これは、かつての植民地からの領土収奪と同じ危険性があると思います。

最近ようやく農業vs産業以外の部分も報道されるようになりましたが、
どこに対しても平伏叩頭で気概の無い卑屈な民主党政権が
アメリカ相手に是々非々で交渉できるはずがありません。
今の政権では史上最悪の不平等条約締結にしかならないと思います。
要するに日本政府もアメリカ政府も信用できないということですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。