FC2ブログ

ユーロに換金

旅行(travelog)
11 /08 2011
先週末、円をユーロに替えてきました。
この日のレートは1euro=111.71円

今年の2月に換金した時は1euro≒116円でした。
この時もだいぶ下がったと思いましたが今回は更に下がりました。

旅行する身にとっては嬉しいんですが、
ほんの2~3年前まで160円とか170円でしたから、
まぁちょっと下がり過ぎて怖い気もします。

ここまで下落した一因のギリシャ問題で日本まで大騒ぎですが、
次にヤバイのはイタリア、その次がスペインだとか。
イタリアはとうとうIMFの監視下に入りましたね。


ところで、このギリシャやイタリアの財政破綻で頭に浮かんだのが
FCバルセロナのクラブ経営悪化

「世界的なビッククラブなのに!?」と思われるでしょうが、
会長が代わった途端、恐ろしいほどの赤字が発覚しました。

前会長のラポルタ時代はチームも経営も概ね好調だと思っていたんですが、
実は粉飾決算していたようです
このラポルタ前会長、本業は弁護士なんですよ~

そもそもあった巨額の累積赤字に加えてさらに負債が増えたため、
現在いくつかのサービスが停止や廃止になっています。

一番ショックだったのがユニホームの胸部分にスポンサー・ロゴを入れた事。

胸ロゴのスポンサーからは多額のスポンサー料が入るので経営は潤いますが、
バルサは市民クラブのポリシーとして敢えて胸ロゴを入れず、
戦争の時も度々起こる経営危機の時も守り通した伝統でしたが、
クラブ創設112年目にして破られました

しかもカタール財団とかいう何だか分からない組織のロゴを…

フィーゴがバルサからレアルに移籍した時は、
彼の経営するレストランが破壊されたぐらいですから、
それ以上の事をやっちゃった前会長のラポルタ氏は
バルセロナで生きていけるのかと少し気になっていたのですが、

「銀行とカタールが
お金出してくれるんだからいいじゃん。
ボクちんは悪くないも~ん」


と、反省するどころか開き直っていたので、
いつもは温厚なワンとももバルセロニスタに向かって

「やっちまいな!!」

と叫びたくなったのでした。


みんなを騙して迷惑掛けて尻拭いさせるんですから、
せめて素直に謝ろうよって思うのは日本人だけでしょうか。








関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

以前はユニセフでしたね。
背に腹は代えられないということでしょうか。

to:片田舎動物病院 院長さん

ユニセフはスポンサーではなくてチャリティーとして
胸ロゴと一緒にバルサが高額な寄付をしていました。
まだ契約が残っていて、今ロゴは腰の部分に入っています。
慈善活動自体は良い事ですけど、お金があっての話ですよね。
まさに背に腹は代えられない事態に陥れた張本人に
罪の意識が無いのが腹立たしいです。

金、金、金・・・

なんだかんだ言っても、やっぱり世の中「お金」なんですかねぇ。確かに無いと困るものではありますからね。うちの実家をみると、「お父さん、あの時代にもっと稼ぐことは考えなかったの?」と、問いたくなっちゃいますもん。(^_^;) 
「潔い」って、直訳できる外国語って、無いのでは? 近い言葉はあるかもしれませんけど。「潔さ」って、日本人の美徳の一つですよね。でも最近は、日本人も潔い人は多くないのかも。官僚も政治家が「潔くない」典型。(-_-)

旅行前の円高、よかったですね。日本経済を考えるととっても心配ですけど・・・

to:kakaさん

お返事が遅くなってすみません。今、バルセロナにいます。
世の中「お金」はお金なんでしょうけど、それが全てではないと思いたいですけどねぇ。あれば困りませんが、人に迷惑をかけないだけの生活ができれば十分です。いい時期に稼いだ人は後で損した人も多かったんじゃないでしょうか。いい時も悪い時もマイペースが一番かもしれませんね。
台湾では「あっさり」という日本語が潔いという意味で使われていると聞いたことがあります。今の日本人には失われたものかもしれませんが、政治家や官僚は昔から持っていないと思いますね。あとマスコミも。最近特に度を越して酷いです。

旅行直前にさらにユーロ安になったのでカード払いにいいですね。と言いつつ、ここまでは現金払いが多いんですけど。円高は今の政府と日銀総裁のうちは解消しないと思いますよ(溜息)。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。