FC2ブログ

ルーブル美術館分館~ル・ルーブル・ランスLe Louvre-Lens~

2006 バルセロナ/ドイツW杯&パリ
05 /22 2008
2010年にフランス北部の街ランスルーブル美術館の分館
『ル・ルーブル・ランス(Le Louvre-Lens)』がオープンするそうです。ランスはノートルダム大聖堂やシャンパンで有名な方ではなく、昔炭鉱で栄えたベルギーに近いパド・カレー地域圏という所にある街。50年近く放置さていたその炭鉱地帯を利用して分館を設置し、さらに世界遺産の登録も目指そうというランス市挙げての一大開発プロジェクトなんですって。
分館のエントランスはガラス張り(ガラス好きね)で、130メートルにも及ぶ展示スペースは「時のギャラリー」と名付けられパリのルーブルで眠っている未公開作品を使用する予定だとか。ルーブル美術館の作品数も相当なものですが、さらに130メートルのギャラリーを埋めるほどの未公開作品があるのかぁ・・・よくぞ集めたものですナ。

ランスへはリール経由で行くみたいですね。
パリ-リール間TGV1時間10分だそう。


ワンともも2年前にルーブル美術館に行きましたが、とにかくデカイので1日で回りきれるシロモノではありません。10作品ぐらいに絞ってみましたが、作品から作品の移動だけでも大変で・・・。今となっては「サモトラケのニケ」「モナリザ」「モネ」の小作品しか憶えてましぇん苦笑

特に「モナリザ」はまだまだ“ダ・ビンチ・コード”人気の影響ですっごい人だかりだった上、そんなに大きくもない絵なのに防弾ガラスに守られ手前にはまであるので細部まで見ることはできませんでしたね~。でも本物が放つオーラはトリ肌ものでした。
Louvre.jpg



「何ゆえピラミッド?」と思っていた「ガラスのピラミッド」も今ではすっかり定着したようですね。この下がチケット売場になっています。
Louvre2.jpg



ちなみに2012年にはアラブ首長国連邦にもルーブルの姉妹館『ルーブル・ダブ・ダビ(Louvre ‘dAbu Dhabi)』が開館予定だそうです。まだまだ出てくるルーブルの収蔵品・・・。


他にも、2009年にロレーヌ地方のメッスにパリのポンピドゥー・センターの分館が、リヨンでは南部の再開発に伴なう美術館や博物館の移転&リニューアルで2010年に『ミュゼ・デ・コンフリュアンス(Musee des confluences)』が、2011年にはトゥールーズ北東部の古都ロデスにこの地方出身の「黒の画家」とも呼ばれるピエール・スーラージュの作品を集めた『ピエール・スーラージュ美術館(Musee Pierre Soulages)』が、2008年秋にはノルマンディー・コタンタン半島の街シェルブール・オクトヴィルに新しいアート施設 『ル・ポワン・デ・ジュール(Point du Jour)』などなど、これから数年間フランスは美術館の開館が花盛りのようですよ。


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

毎回すごいですね!いっつも行ってるんですか?

遊びにきましたぁ♪

僕は芸術や美術が大好きなんで1回行ってみたいところですね♪キレイな建物もいいですが絵画とか特に大好きなんです(^^)ノ

to:たまさん

ようこそ、たまさん。

毎回は行きませんが(笑)、ルーブルは定番ということで一応行って来ました。
そうですよね、たまさんは絵がお上手ですもんね。
パリはたくさん美術館があるので、絵が好きな人にはもってこいの場所だと思いますよ。
ワンともも絵画が好です。印象派がいいなぁと思いますが、ルネッサ~ンスの頃のもいいですね。
ダンナ・ピットはカメラとか時計とか車とか博物館系が好きみたいです。

2010年なんですね

この夏にパリ&北部計画中なんですが、2年後にしようかなあ、2年も待つのは無理かなあ。
毎度の詳細なレポート、勉強になります!

夏にフランスですか・・・いいなぁ。
北部というとまさにランスの辺りですね。
今回も2年後も行かれて変化を楽しむのもいいかもしれませんヨ。
ブルターニュの方へは行かれたんですか?

ダラダラな文章をいつも読んで頂いて恐縮です m(_ _)m

こんばんは

ブルターニュ行ってないんです、行きたいですね。
フランス見るとこあり過ぎです・・

to:あつさん

ワンとももブルターニュに行ってみたいんですよ~。
まずは“モンサン・ミッシェル”に行ってみたいですね。
ホントにフランスは見るとこあり過ぎですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。