FC2ブログ

2011年11月 バルセロナ・ミラノの旅①

2011 バルセロナ&ミラノ
11 /29 2011
前回に引き続き、今回もスイス航空を利用しました。

離陸の時は生憎の雨だったのですが、
家から空港まで行く間はなんとか降られずに済んで良かったです。
2011novスイス航空 成田空港



席に付いて離陸までの間、機内誌をめくっていたらワンともの妹達を発見!
あくまでも雰囲気ですけどね(^_^;)
2011novスイス航空 機内誌② 2011novスイス航空 機内誌①



機体が安定してから配られたお菓子と飲み物。
ワンともはこの後の食事にワインを飲みたかったのでビールはパス。
この手のスナックって矯正装置にガンガン詰まって大変…。
2011novスイス航空 おつまみ



その後の食事ではダンナ・ピットが照り焼き風の“チキン”
ワンともがクリームソースのペンネの“パスタ”
過去の激マズ機内食を思えば、スイス航空のはなかりマシな味です。
2011novスイス航空 行きの機内食② 2011novスイス航空 行きの機内食①




そしてワイン。
白はいくつかの産地からランダムに選ばれているせいか
前回乗った時と味がちょっと違う気がしました。
2011novスイス航空 機内食ワイン



そして途中のおやつのアイス。
行きがバニラで帰りはストロベリーでした。
そして、どちらもスプーンが折れそうなぐらいカッチカチ。
2011novスイス航空 行きのアイス 2011novスイス航空 帰りのアイス




到着前の軽食はキノコとグリーンピースのピラフ。
これはなかなか美味しかったです。
2011novスイス航空 行きの機内食③



帰りの機内食も大体同じような内容。
またダンナ・ピットが“チキン”でワンともが“パスタ”
2011novスイス航空 帰りの機内食② 2011novスイス航空 帰りの機内食①

パスタの中にリンゴが入っていたのはちょっと…。
火を通しある果物が苦手なのでケーキもパス。

だからフルーツ系のケーキがほとんどダメなんですけど、
「女性は好き」という先入観があるじゃないですか。
たまに頂いたりすると大概はダンナ・ピットの胃袋に収まっています。



成田到着前の軽食はスクランブルエッグとポテトなど
2011novスイス航空 帰りの機内食③



帰国の際、ミラノ・マルペンサ空港からスイス・チューリッヒ空港までは
AVRO RJ100という翼が機体の上に付いている小さな飛行機でした。
ワンとも達にとっては、シアトル→バンクーバーで乗った
プロペラ機に次ぐ小ささでしょうか。
2011novスイス航空 ミラノ・マルペンサ空港③




ボディにいかにもスイスという可愛らしいペイントがしてあったので
みんな写真を撮っていましたよ。
2011novスイス航空 ミラノ・マルペンサ空港②



ワンとも達は個人旅行ですが、
チューリッヒから成田まではいくつかの日本の団体さんも同じ便でした。

ツアーにはいろんな年代の人達がいましたけど、
シニアのおじさん達は、機内で飲み物が配られ始めると「ビール、ビール」
気圧の影響もありみんなすぐに出来あがっていました。
でも、ウルさく騒ぐ事はありませんでしたけど。

食事の時もビールなりワインなりを飲んでご機嫌。
トレイを下げるCAに「ごっそさん!」と声を掛けたりして(笑)

そんなおじさんの中の一人が、薬とビールを一緒に飲んでしまい、
具合が悪くなって、昨日の「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」
になったワケです。

たぶん、来る時も同じような事をして平気だったので
帰りも同じようにしてしまったのかもしれませんね。

旅行は楽しくても帰りはそれなりに疲労していますから
ちょっと効きすぎてしまったのかも。

アルコールは論外ですけど、中にはジュースも禁忌な薬もありますし、
なににしろ「薬は水で!」

そして、「家に帰るまでが旅行ですよ」…ですね






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

始まりましたね。

機内食のネタだけでも数回分楽しめました。v-272
ヨーロッパ方面へは新婚旅行以来行っていないので、
いつも新鮮に楽しませてもらっています。

私は尻尾がある動物が専門なので
こういう場面では残念ながら
じっとしているしかありません。

to:片田舎動物病院 院長さん

途中から息切れしないように頑張ります。

スイス航空の機内食は悪くないですよ。
最近のエアーラインランキングでも上位にきてますしね。
もし、ヨーロッパ方面へ旅行される際はスイス航空はお薦めです。

ブラックジャックはシャチを治したので
逆もアリだと考えるのは短絡的ですね(^_^;)
人間を診るお医者さんでも眼科医や歯科医だったら
どうだったんだろうと少し思いました。

薬はお水で!

耳が痛いです。うちでは平気でビール、ワイン、お茶、コーヒーで流し込むことが殆どなので。ま、大袈裟な薬ではなく、市販の風邪薬、胃腸薬の類が殆どですけどね。そっか・・・ 組み合わせによっては体調が変化することもあるんですね・・・ 
来年から、羽田-フランクフルト線が就航しますね。あ~、後6年早ければ、成田まで行かずに済んだのに・・・ 
久々にMövenpickのロゴを見ましたよ。(^_^)  かちかちアイス、分かります。機内の冷凍庫の温度調整は難しいのかもしれませんね。
因に、先日Danさん、義母と一緒に国内線に乗ったんですが、二人とも(無料の)メニューには無いコーヒーとアイスコーヒーを注文していました。(恥) とはいっても、せめてコーヒーくらいのサービスはあってもいいような気もします。(^_^;)

to:Kakaさん

エラそうに書きましたけど実はウチもご同様です。たいして効かない日本の市販薬ぐらいなら大丈夫なんでしょうけど、おじさんのは処方薬っぽかったですし、やっぱり気圧の違いが要因かもしれませんね。ホントにヤバイ飲み合せがある時は予め教えてくれますけど、「飛行機でビール」というのは予想外だったのかもしれません。
羽田発着の会社を使いたいとは思うんですけど、成田に比べるとちょっとずつ高いんですよねぇ。ウチの場合、いっそのこと茨城空港の方が都合がいいんですよ。駐車場は無料だし。何にしても成田は不便です。
Mövenpickはドイツのメーカーなんですか。スイスエアーはルフトハンザの子会社なのでドイツの物を多く取り入れているのかもしれませんね。Mövenpickはイチゴの味が濃くて美味しかったですよ。
国内線の飲み物にコーヒー類が無いなんて有り得ませんね。せめてホットコーヒーは標準サービスじゃないと。ファミレスのコーヒーお代わりを見習ってほしいですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。