FC2ブログ

2011年11月 バルセロナ・ミラノの旅②『Pelai』

2011 バルセロナ&ミラノ
12 /01 2011
成田からチューリッヒで乗り継いでバルセロナの空港に到着するのが
だいたい夜の19時すぎ。

ここから荷物が出てくるまで時間が掛かる、掛かる。
毎回30分は待ちますね

荷物をピックアップして空港バスで市内まで移動。
往復チケットが2人で18.30ユーロ也。
バルセロナの空港バス料金って、行くたびに値上がりしているような…


ホテルは常宿の『HOTEL JAZZ』なので、
空港バスは『Universitat(バルセロナ大学前)』で下車し、そこからは徒歩1分。

今回のお部屋はこんな感じ。
最初に泊った頃は新しかったこのホテルも少し劣化してきましたが、
お部屋のテレビ(シャープ製)が新しくなっていました。
スペインも地デジ化しているみたい。
2011nov HOTEL JAZZ
『HOTEL JAZZ』





ホテルにチェックインするとだいたい20時半ぐらい。
そこから少し態勢を立て直して食事に出ると
人気店はイッパイで入れない事が多いんですよ~。

迷っていると本当に食いっぱぐれるので、
かねてから気になっていたホテル近くのレストラン『Pelai』へ。
Pelai⑥



店内はモダンで落ち着いた感じ。
ワンとも達の入店時には、まだお客さんは2組ぐらい。
1時間半ぐらい経ったら結構入ってましたけどね。
ホント、スペインの人は驚くほど夕食が遅い。
Pelai②




まずはアペリティフ。
ライムが効いたちょっと酢っぱいけどサッパリする味。
Pelai①



お通しはたぶん塩タラとキャビアとトマト。
味はそれぞれの塩味だけだったと思います。
「おお、キャビア!」とド庶民丸出しで頂きました。
Pelai③



そして『ミックスサラダ』
何故か“野菜が食べたい”という気分が高まっていたのでガツガツと食べ、
そろそろ終わりぐらいの時に2cmぐらいの青虫さんが…。
もうお亡くなりになってはいましたが、
さすがにそれ以上は食べられなくなって残しました。
店員さんに申告すると「Sorry」と言ってサラダのお代はタダになりました。

まぁ虫も食べるほど安全という事ですね。
ウチもダンナ・ピットの実家からよく野菜を貰いますけど、
全くの無農薬なのでよく虫さんが付いていて、しっかり洗ったつもりでも
これが意外となかなか取れていないものなんですよね。

黙っていても良かったんですけど、言った方がお店のためにもいいかなと思って。
Pelai④
『MIXED SALAD WITH VEGETABLES,ANCHOVIES AND CANTABLIAN TUNA』



次のお皿はダンナ・ピットが『赤エビとルッコラのリゾット』
お米を炊いているスープがクリーミーなのか、通常の物より濃い感じ。
ダンナ・ピットはこの旅行中で一番のヒットだったようで、
「次回も食べる」と言っています。
Pelai⑤
『RED PRAWNS RISOTTO AND FRESH RUCULA 』



ワンともは『きのことフォアグラのフィデウア』
フォアグラを「レバーかな、レバーっぽい」と言って食べていました。
“FOIE”はフランス語でフォアグラの事なんですね。
良い物を食べさせても甲斐の無い客でゴメンね…。
Pelai⑦
『CATALAN SLIM NOODLES WITH MUSHROOMS, FOIE AND DUCK HAM』



機内食もしっかり食べていたので、この日はこれでもう十分。
他にビールを1杯ずつ飲んで、サラダの代金は抜きで50ユーロぐらいでした。


疲れていたせいもあって、ホテルに戻ってからすぐ就寝しました。







『Pelai』
<MAP>
C/ Tallers, 62, 08001 Barcelona,Spain
TEL:+34 933 16 84 00
Lunch 13:00~16:00
Dinner 20:00~23:00
年中無休









関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

機内食がなくても私ならこれで十分です。
自分自身食べたことのない物ばかりで、
見ていて楽しいです。v-410

to:片田舎動物病院 院長さん

バルセロナまで15時間ぐらいかかりますから、
機内食は食べないとさすがにお腹が空きます(笑)
パエリアやリゾットは日本でも珍しく無くなってきましたけど、
フィデウアはまだまだ珍しいので見かけたら試してみてください。

こんばんわ♪

着いて早速おいしそうなもの食べましたね
ワンともさん夫婦は、手慣れててかっこいいです!(^^)!
私達ならきっと、どうする?どうする?とか言って
どんどん時間が過ぎていきそう(~_~;)

フィデウアって麺ぽいものですか?
柔らかい皿うどんみたい見えて
スイマセン、庶民丸出しで(~_~;)

青虫さん食べなくて良かったですね^m^

to:まんたさん

ホントはもうちょっと早い時間に着けると
お店の選択肢も多いんですけどね。

青虫さんはサラダを食べるたびにネタになってました。
「どうする?どうする?」はちょっとありましたよ。
よっぽどの事じゃないと面倒だから大概は言いませんし、
言う時はダンナ・ピットですし(笑)
そういう点では頼りにしています。

フィデウアは細くて短いパスタをスープで炊いたものです。
皿うどんというよりはビーフンっぽいかも。
日本のスペイン料理店でもほとんど見ませんし、
まだまだマイナーなお料理です。

私も・・・

フォアグラのことはよく分かりません。食べたことが無くはありませんが、「別に食べなくてもいいや」って感じですかね。庶民の口には合わない食材なんでしょうかね、やっぱ。(^_^;)  それと、ちょっと良いレストランに行くと、サラダはなかなか注文しませんよね。胃袋の許容量を考えて、サラダは控えますもん。
ドイツでジャガイモを茹でて、皮をむいて「さぁ、マッシュしよう」と思ったその時、何かの幼虫を発見した時は固まってしまいました。勿論、茹でた後だったので、天に召されてはいたんですが。マッシュする前でヨカッタです。
サラダの料金、無料にして貰えてよかったですね。(^_^)

to:Kakaさん

ワンとももフォアグラの事はさっぱりですが、そもそも肝臓ですもんね。もっとねっとりした食感だったような気がするんですが、炊き込みだからレバーの食感になっちゃったのかも。まぁワンともも「別に」って感じです(笑) ちょっといいレストラン自体あまり行かないんですけど、野菜不足が心配でなんとなく頼んじゃいます(^_^;) それにしても今回はやたらに野菜を欲した旅行でした。
マッシュしちゃったら除けようがないですもんね。勿体ない事になる前に気付いて良かったですね。一番最悪なのが食べている途中で残骸を発見すること…想像してちょとオエッ。
サラダは無料になって良かったです。同じものをまた出されても困っちゃいますしね(笑)。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。