FC2ブログ

2011年12月 伊勢の旅⑥

2011 伊勢
02 /20 2012
あまり遠くまで行く時間はないけれど、ちょっと時間が余ったので
伊勢市内にある『伊勢河崎商人館』に行ってみることにしました。

お伊勢参りのために形成された問屋街で、「お伊勢さんの台所」といわれたそうです。
昔は勢田川の水運を利用して物資が運ばれてきとか。
伊勢河崎商人館⑲
1921年ごろ。館内の写真より。



ここは創業が江戸中期という酒問屋『小川酒店』だった建物で、
今は資料館として一般に公開されています。
平成11年まで現役の酒屋さんだったそうですよ。
伊勢河崎商人館⑮



中に入ると正面に大きな白鹿の看板がありました。
灘のお酒が運ばれて来ていたそうです。
伊勢河崎商人館⑭



入り口の左側奥にある大正末期の洋館『商人倶楽部』
伊勢河崎商人館②



こちらは母屋の庭から見た茶室の部分。
伊勢河崎商人館①



同じく母屋の座敷部分。
伊勢河崎商人館⑤



ちょっと急な箱階段を上って二階へ。
会談したのスペースを上手に収納にしていますね。
ちなみに、うちの階段の下はトイレです
伊勢河崎商人館⑧



母屋の二階部分です。
伊勢河崎商人館⑪



二階の格子窓から見える町並み。
伊勢河崎商人館⑫



階下に戻って土間を通り奥へ。
伊勢河崎商人館⑬



奥にある大きな蔵も資料館になっています。
伊勢河崎商人館⑦



古い道具とか看板、記録などが展示されていました。
貴重そうな古書も多かったです。
伊勢河崎商人館⑩




帰りに“復刻エスサイダー”を買いました。
これは昔、小川酒店で製造されていたエスサイダーの復刻版だそうです。
伊勢河崎商人館22



この後、お向かいにある『商人蔵カフェ』で一休み。
並びの蔵は雑貨などを売るお店になっています。
伊勢河崎商人館③



ダンナ・ピットは“和紅茶”、ワンともは“コーヒーとチーズケーキ”
伊勢河崎商人館⑳ 伊勢河崎商人館21



天井の梁に書かれた文字に歴史を感じますね。
伊勢河崎商人館⑱



もう少し町並みを散策したかったのですが、
ワンコを迎えに行く時間になってしまったので今回はここまで。

帰りは事故渋滞のため、帰宅まで8時間以上かかってしまいました。
疲れ果てたワンコは一週間ぐらい寝っぱなしでしたが、
今はこちらが負けるほど元気です・・・




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こんばんわ♪

ちなみにうちの階段の下は物置です(笑)
歴史を感じさせる建物ですね
こういう建物を見ると近頃
ものすごーく素敵に思えてしまいます
これって年齢に関係あるんですかね?(~_~;)

あと話は変わりますが、ソフトクリームを見ると
ついワンともさんを思い出してしまいます
これって条件反射かしら?(笑)


to:まんたさん

普通、階段下は物置ですよねぇ~。
ウチはトイレの場所が取れないから仕方ないんですけど、
ホントは物置で使えるとすごく便利なんですけどねぇ・・・。
物の感じ方の変化って年齢に関係あるかもしれませんね。
それはそれで嬉しいような寂しいような・・・(^_^;)

そういえば、ワンともはどこかに行くと
ソフトクリームばっかり食べてますね(笑)
それは、ダンナ・ピットがソフトクリームを見かけるたびに
「いいの?食べなくていいの?」と
脅迫?するからだと思います・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ビフォーアフター

階段下の収納は、日本の昔ながらのアイディアなんでしょうね。『ビフォーアフター』の匠たちも、よく作っていますよね。外国人から見れば、ちまちまし過ぎなんでしょうけど、日本の住宅事情を考えると、仕方なし。ってか、コンパクトであること、上手な隙間利用ってプラスな考え方ですもんね。
私もこういう日本的な場所を散歩したいです。車が無いので近場になっちゃいますが。

ワンちゃん、元気回復したようで何よりです。(^_^)

to:Kakaさん

『ハリーポッター』で、叔父さんの家でのハリーの部屋は階段下の物置でした。狭いけど人が横になれる広さがあるだけ羨ましい。広い家が当たり前の国の人から見たらせせこましく感じるでしょうけど、日本のこの狭さが知恵の源でもありますよね。それにお掃除も楽だし(笑)
車を軽に買い替えてからよく出掛けるようになりました。Kakaさんちは車の購入は?Danさんはやっぱりイタリア車がいいんでしょうか(笑)?

ワンコは、昨日お散歩させすぎて今日一日バタンキューでした。食欲はあるので回復は早いと思います(^_^;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。