FC2ブログ

フィレンツェ⑥ 『Pisa -Ⅱ-』

2011 バルセロナ&フィレンツェ
02 /29 2012
メッツォ橋を渡ってボルゴ・ストレット通りへ。
旧市街っぽい街並みになってきました。
Pisa⑤



この通りをちょっと行くと見えてくるのが『サン・ミケーレ・イン・ボルゴ教会』
チェーザレの時代、この教会の横の修道院で大学の講義が行われていたそう。
チェーザレは16歳でピサ大学の大学生だったんですよ~。
Pisa⑥



ボルゴ・ストレット通りからウリッセ・ティーニ通りを通ってカヴァリエーリ広場へ。

広場に着いてすぐ右手に見えたのが
『サント・ ステーファノ・デイ・カヴァリエーリ教会』
メディチ家が創設したサント・ステファノ騎士団の教会だそうです。
Pisa⑨



その横にあるのが『カヴァリエーリ宮』
地図を見るとピサ国立大学になっているんですが、校舎の一つでしょうか。
Pisa⑧



で、こちらが『オロロージョ館』
かつて“飢餓の塔(ファーメの塔)”があった場所で、
ダンテの「神曲」地獄篇にも出てきます。
かつてピサの権力争いに負けたウゴリーノ伯爵一家がここにあった塔に幽閉され
ことごとく餓死するまでの壮絶なお話の現場です
今残っている建物は改築されたもので、左側の四連の窓が
改築前の唯一のものだそう。
Pisa⑦



『オロロージョ館』のアーチを抜けて突き当たりを右にファッジョラ通りへ。
少し行くと突き当たるのがカルティナーレ・フェルティナンド・カッポーニ通り。
たぶん人の名前なんでしょうけど、長い・・・
きっと地元の人はカッポーニ通りって言ってると思う、うん。

そこを左に曲がって道なりに行くと右側にあるのが『ピサ大司教邸』
ピサでのチェーザレの住まいだった所です。
Pisa⑪



中庭までは入ることができました。
チェーザレの時代、ピサ大司教はラファエーレ・リアーリオで、
パッツィ家によるメディチ家当主とその弟の暗殺事件に利用された人です。
リアーリオはパッツィ家の関係者で、チェーザレ暗殺の密命を受けていますが、
ここでもチェーザレに籠絡されて利用されています(笑)
パッツィのメディチ暗殺・・・映画『ハンニバル』でも出てきたエピソードですね。
Pisa⑫



大司教邸を背に正面を見ると・・・出ました『ピサの斜塔』
ちょっと背の高い子が「えへっ」という感じで覗き込んでいるみたい。
Pisa⑩



次はいよいよ『ピサの斜塔』に登ります。










関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

斜塔そばでは、
お約束の支える格好をして写真を撮られたのでしょうか。
あればモザイク付きで構いませんので、
ぜひ見せてください。

to:片田舎動物病院 院長さん

フツーに写真は撮りましたけど
お約束の写真は残念ながら撮っていません。
でも、みんなやってましたね。
やっぱりお約束なんですね(^_^)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。