FC2ブログ

スギ花粉飛散で悲惨・・・

世間話し
03 /27 2012
去年のある日、辺りが黄色くなるほど花粉が飛んだ日があって、
時期が時期だけに「放射能じゃないの!?」と大騒ぎになりましたっけ。

今年は去年ほどの飛散量ではないようですがスタートが遅かったですね。
ワンともは一昨日あたりからスギ花粉症の症状がヒドく出始めたので
とうとう市販薬のお世話になることになりました。

病院でもらう薬は「眠くならない」タイプは効き目が薄く、
「眠くなってもいい」タイプはホントに眠くなります。

ワンとも愛飲の市販薬は体質と相性がいいのかよく効くんですが
魂が2~3cmぐらい抜けたような感じでフワフワします。

ご近所さんの行っているお医者さんは一日2回服用で、
昼間は「眠くならない」のを、夜は「眠くなる」のを処方してくれるようです。

この処方はとても気が利いていると思うんですが、
昼間の「眠くならない」タイプは効き目が薄いのでちょっと辛いんですよね。

「シーズン前に注射するといい」と言う人もいますが、
それでシーズンが乗り切れるというのはちょっと怖い。

以前、紹介されていた減感作療法の一般診療化はどうなったんでしょうね。

「花粉を出さない杉」の植林とかにこだわって一向に杉林を手入れしないのは
スギ花粉が飛ばないと困る関係各所からの要望でもあるんでしょうか。

花粉症による経済損失って、バカにならないという話ですけどね。



お散歩の後、家に入ってから体をプルプルさせるけど、それも結構キビシイのよ
danke20120327
てへぺろ ((^┰^))


関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

花粉症なんて若い都会の人が
なるもんだと勝手に思っておりましたが、
ついに自分もそうなったようです。

眼がかゆい…。v-406

今のところ、大丈夫そうです。

国外で、過去3年程、苦しんだ花粉症、やっぱり白樺が私にはダメだったようで、今年は全然平気です。今年大丈夫でも、来年花粉症にならないとは限りませんが。うちの母は、初老となってから発症していますし。(^_^;)
比較にはならないでしょうが、花粉症で売上を延ばしている商品も多いんでしょうね。私はマスクの相場が分からないのですが、職場で多くの人がマスクをしていて、「マスク代がバカにならない・・・」と、言っています。昔は、ガーゼの繰り返し使うタイプが主流でしたが、今は使い捨てが当たり前ですもんね。しかも、機能性も高くなり、単価もアップ・・・ 
ワンちゃんには、花粉症って無いんでしょうか? (・_・)?

to:片田舎動物病院 院長さん

ワンともが花粉症になったのは田舎にいる時だったので
あまり場所は関係ないかもしれません。
しかも当時はスパイクタイヤの出す粉塵もあってWパンチでしたよ~(≧≦)
院長さんの花粉容量もいっぱいになってしまったんですね。
最初は付き合い方が分からず大変でしょうから
早めにお医者で薬を貰ってください。

to:Kakaさん

スギ花粉には反応しなくて良かったですね。白樺だとその時期に北海道にさえ行かなければ大丈夫かもしれません。でも、花粉症って突然やってくるんですよね。石原都知事も60過ぎてから発症したようで、それまでは「気の持ちよう」と言っていたのを改めざるを得なかったようですし(笑)。この苦しみは罹ってみないと分からないと思います。
仕事をしていた時は毎日メイクで汚れるので使い捨ての方が都合がいいんですよね。ワンともは一箱60枚入って500円ぐらいの特売品を使っていますけど、最近はメイクや機能も考慮したマスクが売られていますから、そういった物を使い捨てで使っていたらバかにならないかも。家族も花粉症なら結構使いますね。ワンともが花粉症になってもう25年以上。順に杉を切って植林すれば花粉は減っていたはず・・・。花粉症が無くなっては困る人達がいて、政治家もお役所もポーズだけの対策をしているような気がしてしょうがないんですよねぇ・・・。
ワンコにも花粉症はあるような事を聞いたことがありますけど、ワンともの周りでは見かけません。猿がなるのは知られてきましたね。マスクも薬も無くてちょっと可哀想(^_^;)

花粉症

私も花粉症とは長い付き合いになりますが

毎年、春一番が吹くころに発症します

今年は春一番が無かったようですが

それなりに風が吹いた日に目がかゆくなって

鼻水が・・・・

ただ年齢を重ねるうちに症状は軽くなっています

きっと神経が鈍くなっているのでしょう^^

to:ジェニュインさん

このところ風が強くて花粉症には特に辛いですね。
今年は目が辛いという人が多いのでこれは風のせいでしょうか。
もし、年とともに症状が軽くなるのなら、
それはそれで嬉しいような悲しいような・・・。
でも、還暦過ぎて発症した人もいるので
年は関係ないかもしれませんね。
なににしても、症状が軽くなっていくのは羨ましい~。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。