FC2ブログ

『武相荘』

ちょっとお出かけ
05 /15 2012
29日はは白州次郎と白州正子の旧宅である『武相荘』へ行ってきました。
白州次郎について書かれた本を何冊か読んで興味があったので
いつか行ってみたいと思っていました。
武相荘①
デジカメ忘れてケータイで撮ったのでちょっと横長。
このケータイのカメラの性能が悪い悪い。
もうこのメーカーのケータイ買わない


場所は東京都町田市。少し先はもう神奈川県川崎市。
さすが連休中の都心は渋滞も少なく割りとスムーズに到着。
武相荘の駐車場が少なくてこっちはちょっと困りましたけど・・・。
武相荘③
入場料は1,000円。結構いいお値段です・・・。
町田市の文化財か何かに指定されているようですよ。


ガレージにあったペイジというクラシックカー。
NHKのドラマで使用したものを展示しているそうです。
次郎が最初に乗った車と同型だそうですが、
彼が最初に車に乗ったのって確か16、7歳ぐらいだったような・・・。
当時は免許とか関係なかったんでしょうかね。
ちなみにNHKのドラマはちょっと美化し過ぎて奥歯が浮く感じが無きにしも非ず。
武相荘②


太平洋戦争の開戦にともない食料不足などを予想して
自給自足の生活をするために買った家だそう。
英国のカントリー・ジェントルマンの意味もあったようですけど。
武相荘④


今よくある古民家cafeのような趣味の良さが感じられました。
こういうのもセンスなんでしょうね。
ワンともがやったら悪趣味になりそうですもん。
武相荘⑥


この新聞受けは確か次郎のお手製だったような・・・。
真似してウチの玄関先に置いたら新聞受けだけ浮く・・・。
武相荘⑨


中は撮影不可でしたが、土間が改装されて床暖房付の洋風のリビングになっていたり、正子の集めた骨董や着物が展示されていたり、執筆の部屋も見ることができます。


第二ギャラリーになっている離れには次郎に関する展示がされています。
有名なジープウェイ・レターとかもありました。
武相荘⑦


こうして旧宅まで行っている割には、
次郎の功績も正子の世界もあまりよく分かっちゃいなくて、
何でもかんでも肯定的に信奉しているわけではないし、
興味があるのは二人の強烈な人間性なんでしょうね。


ついでに言うと、最近、本を出したり講演をしたり、
たまにテレビに出たりして自分をひけらかしている孫がいますが、
本なんて「金返せ」レベルですし、テレビに出たのを見ても態度が鼻に付くし、
あのエセ脳科学者の茂木健一郎と知り合いらしく、
茂木氏が「あの白州次郎と正子の孫なんですよ。スゴイでしょ」、そんな人と友人の自分もスゴイでしょ、って暗にアピールして興奮してましたけど、スゴイのはジジババであって孫じゃあない。次郎と正子の孫だったら何の取り柄が無くても「すごーい」って感動しないといけないのかっ!?

その孫にしてみたらジジババに寄生して食っていくつもりなんでしょうけど、
目障りだから巷をウロウロすんな!って思います。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

はじめまして

武相荘の詳細写真をありがとうございます。
以前から興味はあったのですが、なかなか行くまでには至りませんでした。

お二人の事柄に関しての知識は
経歴とエピソードは新聞や雑誌のちょっとした記事の内容程度ですが
その中に垣間見える、当時の日本人の毅然とした態度や考えに尊敬の念を抱いていました。

ただしへそ曲がりなので、マスメディアが美化したり、
頻繁に取り上げるとちょっと興ざめするところがありましたが、
こちらのお写真を拝見して出かけたくなりました。

茂木健一郎さんへのご意見、大いに賛成!
このような人物を重用するマスメディアのいい加減さにウンザリしています。

ちょっと辛口?

NHKのドラマ、録画したものをDVDにコピーして送ってもらっていたんですが、結局見ないまま、日本に持ち帰りましたよ。(使い回しのため) ストーリーも、実際の人物像も私はよく知らないのですが、ドラマを見なかった最大の理由は「Danさんが中谷美紀を嫌いだから」でしょうかね。(^_^;)

ゴールデンウィーク、うちは結局、Danさんの実家に行っただけで、他は何処にも行きませんでした。恐らく夏休みもそんな感じで過ぎて行くんだと思います。

to:えっせいよさん

確かコメントを頂くのは2回目・・・?
まぁそれは置いておいて、コメントありがとうございます。

ウチも「行こう行こう」と言いながら数年経っての訪問です。
ワンともは白州次郎についての本を読んだことが入り口でした。
毅然とした態度や考え・・・つまりプリンシプルですね(笑)

吉田茂の片腕だった頃は徹底的に叩き、
今さらヒロイックに持ち上げるメディアも無節操ですよね。
むしろへそ曲がり気味で訪ねてちょうどいいと思います(笑)

茂木健一郎氏がテレビなどで言っている事は
自分で考えた事じゃないんですってね(盗用&詐欺?)。
脱税もしてるし、頭は良いんでしょうけど人間性がちょっと・・・。
この人の起用のみならず、今のマスコミは概して歪んでますよね。

to:Kakaさん

確か白州次郎についての本は、ノンフィクション作家とかそういう人が書いた本ばかりだと思いました。ドラマはそいうのを参考にして作られたんでしょうけど、それらの本から受ける印象とはだいぶ違いますねぇ。演出脚色するにしても「そうじゃないだろっ」って感じです。まぁ中には変な本もありますし、不肖の孫の本は論外ですが、何冊か読んでの平均的な印象ですけどね。ドラマはまた別物だと思って見れば、それなりに面白いとは思いますよ。
ワンともの知り合いにも中谷美紀が大嫌いと言う人がいました。なんかちょっと高慢に見えるみたいです。まぁ、そんなに気安いタイプには見えないかなぁ(^_^;)

ウチは夏休みといってもカレンダー通りなので通常営業です(笑) とはいってもまた民主党が言い出した7~9月の休みを10月に移動して連休を作るのは反対!祝日にはそれなりに意味があるし、連休の並びで一喜一憂するのも一興なんですよ。連休ばっかり増えたって先立つものが無きゃ、ねぇ・・・。

こんにちは

初めてではなかったのですね。
ごめんなさい。

わたしは自慢ではありませんが、記憶力が偏在的に乏しく、
人物名や本のタイトルをはじめ顔もすぐに忘れるので、苦慮しています。

特に困るのは道ですれ違って御挨拶されたときや、話しかけられた時。
笑ってごまかしていますが、恐怖!

このようなひとは、初めてのごあいさつの二度や三度を繰り返すのは当たり前?

本当に悩みです。

to:えっせいよさん

いえいえ、どうぞお気になさらず(^ ^)

記憶力が乏しいのではワンともの方が上かもしれません。
登場人物と関係が入り組んでいる本なんて何度も前に戻った挙句、
とうとう最後まで読めなかった本もたくさんありますよ。
戦国時代とか海外の歴史とかもうお手上げです(笑)

思い出せない人にご挨拶されて慌てた事もありますが、
全然知らない人に知り合いだと思ってご挨拶して
キョトンとされた事もありますよ(^_^;)

お互い似た者同士と言う事で、気にしないでいきましょう。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。