FC2ブログ

スカイマークのサービスコンセプト

旅行(travelog)
06 /07 2012
最近、「苦情は消費者生活センターへ」で話題になっている
スカイマークのサービスコンセプト。

他にも「荷物の収納は手伝わない」「乗務員に丁寧な言葉遣いは義務付けていない」
「身だしなみは自由裁量」「乗務員の私語に対する苦情は受付けない」などなど。
どれも目を疑うような逆ギレぎみの内容で・・・。

さすがに公共機関を一企業の苦情窓口にするのは非常識でしょう。
消費者生活センターからも苦情を言われたのでその部分は削るそうですが、
他は言い回しを変えるだけで内容は変更しないそうです(やっぱりキレぎみ?)。

スカイマークのサービスが悪いというのは聞いたことがなかったので
今回の話題で「へぇ~、そうなんだ」と思ったぐらいなんですが、
モンスターカスタマーが増えた昨今、航空会社も対応が大変なんでしょうけど
単純にこのニュースだけ聞いたら、ちょっとイメージダウンですよね。

中には「安いんだから仕方がない」という声もあるようですが、
でも荷物の収納ぐらいは手伝ってもいいんじゃないでしょうか。
安全上の問題もありますし、海外のLCCでもそこは手伝ってますよ。

「中国の飛行機なんてお客とCAの言い争いはしょっちゅうだ」という
コメントもありましたけど、レベルの低い方に合わせてどうするっ!

そういえば羽田空港の施設使用料の代行徴収でもモメていましたっけ。
今回の文章の言い回しといい、スカイマークはちょっと経営陣が大人気ないのかな。


これで運行運営がパーフェクトなら低サービスも妥協点になるでしょうけど、
実際にはパイロットの超過勤務とかCA不足とか能力不足とか指摘されていますし、
酷いのは滑走路間違えが過去に6回もあったというんですね。
(中国の航空会社かよっ!)

最近、国土交通省から指導が入ったからかどうは分かりませんが、
スカイマークのHPの求人ではあらゆる部門で新規募集しているんです。
特に機長とか副操縦士とか訓練教官とか運行技術とか整備管理とか・・・
なんか、ちょっと怖いんですけど。

茨城空港にスカイマークが乗り入れていて、ワンとも達には使い勝手がいいので、
今度、コンサドーレ札幌戦でも見に行く時に利用してみようかと思っていたんですが、なんか、ちょっと不安だなぁ・・・。

それにスカイマークって安いのかなぁ?
確かに大手よりは安いですけど、海外のLCCは比較にならないぐらい安いので、
一度頼まれて予約した時に「思ったより高い」と感じたんですよね。

海外のLCCと単純に比較はできないんでしょうけど、
これから他のLCCも増えてきて競争が激化しそうなのに、
色々とネガティブイメージが付いちゃって大丈夫?




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

今回のひと騒動が吉となるか凶となるか、
経営陣のお手並み拝見ですね。

to:片田舎動物病院 院長さん

喉元すぎれば・・・で、また元通りじゃないでしょうか。
あまり反省するタイプの経営陣じゃないような気がします。
事故だけは起こさないで欲しいですね。

昨日放送の「5時に夢中!」によれば・・・

「5時に夢中!」、昨日、ジムでエアウォーキングしながら見てました。(^_^) 
スカイマークの件は、メディアが偏った情報だけをクローズアップして出し過ぎたみたいですね。例えば、「乗務員に丁寧な言葉遣いは義務付けていない」というのは、「運行上の安全性を確保するために、ルールを守らない乗客に対しては強い口調で接する」ということで、何も問答無用で無礼な態度せ接客するつもりではないらしいんですが、メディアの取り上げ方は、大分違いますよね。
でもね・・・ やっぱり消費者センターの窓口ってのは、頂けませんね。(-_-;)
スカイマークは実際に利用したことがないからよく分かりませんけど。あ~、やっぱり国内線だったらANAかなぁ。

to:Kakaさん

「5時に夢中!」は最近見てないけどMXにしては視聴率いいらしいですね。
やっぱりメディアの誇張がありましたか。まぁ得意技ですもんね。でも、やっぱりちょっと文章が紋切り型で誤解されても仕方ないですね。誰が書いたか知りませんが、もうちょっとマシな日本語で表現できる人はいなかったんでしょうか。消費者生活センターって言っちゃうあたりに体質が透けて見える気がします。それより安全面の拡充が先決ですよ。ちょっとミスや不備が多すぎます。
ウチもANAでしょうか。マイレージ・プラスにマイルが溜められるので。JALがデルタに提携を変更していれば良かったんですけどねぇ。稲盛は余計な事をしてくれましたよ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。