FC2ブログ

2013年 バルセロナ-プラハ旅行②

2013 バルセロナ&チェコ
01 /17 2013
チケットはルフトハンザ航空から購入したんですが、ANAとのコードシェア便で、
羽田⇔フランクフルトの運行はANA。
飛行機は今何かと話題のボーイング787-8でした。
2013 Barcelona-Praha ANA787


座席数は223席。
機体はみるからに小さくて、これでヨーロッパまで行けるのかと思いましたけど、ちゃんと行きました。スゴイ燃費の向上ですね。
ただ、今となっては別な意味で「ちゃんと行けた!」って感じになっちゃいましたけど。

座席の並びは2-4-2。
前後のピッチは広く感じました。ひょっとして幅もちょっと広いのかな?

モニターは各座席にあってタッチパネル式。リモコンはモニターの横。
従来のタイプのように間違えて腕で押してしまったりする事がなくていいですね。
他にもUSBとiPodコネクターも付いていました。
パソコン電源もあるようなんですが、ちょっと見付けられませんでした。
映画は割りと新しい作品が多かったような。
「るろうに剣心」と「ツナグ」と「注文の多い料理店」を見ました。


ちょっとスゴイと思ったのはトイレがウォシュレット付き!!
国際線の787にだけある設備らしいです。
トイレの洗浄ボタンを押すと自動でフタも閉まりました。
さすが日本の意見が入れられただけの事はあります。ちなみTOTO製だそう。


それに窓! 
電子カーテンというそうです。一番暗くしても外が薄っすらと見えました。
窓枠の少し下にコントローラーがあります。
2013 Barcelona-Praha B787-8
ちょっと曲がっちゃった・・・。


機内の湿度も調節されているらしくて、確かに静電気による毛布まとわり付きを感じませんでした。


海外旅行で日系の航空会社に乗ったのは初めてだったんですが、
サービスは丁寧だし食事も機内食にしては美味しかったし、何といっても日本語が通じるのが気分的に楽でしたね。あ、でも、往復とも一人だけ外国人の男性CAが乗務してました。エコノミーは一人でしたけど、全体ではどうか分かりません。
2013 Barcelona-Praha JPN-FRK⑤
『到着前の朝食(往路)』
後ろの座席だったので、和食は早々に売れてしまって二人とも洋食でした。
十穀米と焼き鯖・・・食べたかったナ。

そうそう、食事内容をモニターで確認できるんですよ。
それに、食事を配る時にCAが印刷した食事の画像を示して「どちらにしますか?」って聞いてくれるので、外国の乗客にも分かりやすいですね。

2013 Barcelona-Praha FRK-JPN② 2013 Barcelona-Praha FRK-JPN③
『出発後の食事』『到着前の朝食』どちらも復路
到着前の方は和か洋か選べたんですが二人とも和食にしました。
そろそろ和食が恋しくなる頃だったんですねぇ。


それから、機内で配られたペットボトルの水は東レのモノでした。
「東レって水商売もしてるんだ」と思ったんですが、濾過フィルターとかトレビーノとか作ってるから、水を売っていても不思議ではないですね。
東レは787の機体の素材を担当しているみたいです。

今回のチケットはルフトハンザのSクラスで、ユナイテッドのマイレージに100%加算できました。燃油費が値上がりする前に予約できたのもラッキー。
っていうか、燃油費っていつになったら廃止になるんでしょう。
利用者もウンザリですが、航空会社の経費も圧迫しているんでしょうね。
だから燃費のいいB787を開発したんでしょうけど、最初はトラブルが多いとはいえこの飛行機はちょっと多すぎなのかな。

昨日もANA機の高松空港緊急着陸がありましたし、今日はとうとう国交省から運行停止命令がでてしまいました。これはアメリカが同様の命令を出したのを受けてのようですが。

バッテリー系のトラブルが多いようですが、バッテリー自体は日本のGSユアサ製。
そのバッテリーは電源周辺関係を請け負ったフランスのタレス社に納入されたとか。

車の話ですが、我が家の前の愛車は4WDの欧州車でしたが、6ヶ月点検か何かの時にバッテリーの配線がメチャメチャだった事が発覚しました。
もちろん車体の製造はヨーロッパ某国の工場です。某国王室御用達の有名メーカーですから、よもやバッテリーの配線を間違えているなんて思いもよらなかったので、そのまま半年も乗っていたワケです。ふつうは新車のバッテリーの配線の事なんて気にしませんよね。あのまま乗っていたらそのうち発火とかしたんでしょうか。

そんな事もあるので、今回のB787もバッテリーのトラブルだからといって一概にバッテリー自体が悪いとも言えないのかも。いずれにしても早急な原因究明が待たれますが、願わくは日本製品がトラブルの原因じゃありませんように。
YS-11とかはありますけど、戦後、自前で飛行機を作ることを禁じられてきただけに、100%日の丸印の飛行機が飛ぶまでは、ここで躓いて欲しくないという気持ちです。



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

こんばんわ♪

またバルセロナ行かれてたんですね
すごいなぁ~
長距離の移動の時はやはり
日本の航空会社がいいですよね

しかも機材はボーイング787
よくぞご無事で(笑)
私も乗ってみたいと思ってましたが
今は、しばらくはいいかなって思ってます
そもそも運航停止命令が出たから当分は
乗れないでしょうけど(苦笑)
私も日本製品がトラブルの原因じゃありませんようにって
思ってます




B787, 日本製の部品が悪くないことを私も願っています。早く原因の究明が進むといいですね。ともあれ、ご無事でいってこられてよかったです。
しかし、水を積み込む重さだって限界がある飛行機のなかでウォシュレットとは贅沢なもんですね。昔飛行機の中で髪を洗って、えっ???と思わせた女の人がいましたが、そのうちシャワー付き洗面台でもできてOKになるかもしれません。
プラハ、きれいな街なんでしょうね。行ってみたい場所の一つでもあります。 更新を楽しみにしています。

to:まんたさん

また行ってきました、バルセロナ。
日系の国際線は初めて乗ったんですけど、
日本語が通じる安心感と、やっぱりサービスが丁寧ですね。
でも、最初の軽食を配り忘れられましたけど(^_^;)

787のトラブルの事は知ってましたけど
乗ったと時はそんなに気にしてませんでした。
準国産といいますが、900社もの寄せ集め製造というのにも
問題があるような気もしますね。
知名度のある選手ばかり集めても機能しないチームのように
なってしまったのでしょうか・・・。

to:夫婦ともかっぱさん

日本製品を悪者にして高額の賠償金をふんだくって収束みたいな事になりそうな懸念が・・・。なにせ、これまでも官民協力して数々の言い掛かりを付けては多額の賠償金や和解金をふんだくってきたアメリカですから。考え過ぎでしょうかね?
787のトイレの洗浄水は、水出てる?っていうぐらい少ないように感じました。ウォシュレットを付けるに当たってTOTOも相当頑張ったんでしょうね。飛行機で洗髪って・・・そんな非常識な人が?滞在先で日本の評判を落とすような事もしてないか心配。シャワー付き洗面台が出てきたとしてもビジネス以上かもしれませんね。でも、一回3分とか制限付きで。
プラハはいい街でしたよ。もう一日多くしても良かったなぁと思いました。

今話題の787でしたか。
当然まだ乗ったことはありませんが、
さすが最新鋭機ですね。

あの狭い空間にぎっしり詰まった機内食、
私は大好きです。

to:片田舎動物病院 院長さん

せっかくの最新鋭機が残念な事になっちゃいました。
早く解決されるといいんですけど。

機内食は飛行機に乗った時の楽しみの一つですよね。
時々、残念な機内食もありますけど、それも旅の思い出でしょうか。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。