FC2ブログ

2013年 バルセロナ-プラハ旅行⑭

2013 バルセロナ&チェコ
02 /21 2013
旅行4日目はチェコ・プラハに移動です。

スペインのLCC・ブエリング航空(vueling airlines)を利用しました。
バルセロナ発は新しい方のターミナル1から。
プラハまでは約3時間です。
2013 0207 ブエリング航空 バルセロナ



バルセロナのはピーカンでしたが、
プラハの上空は厚い雲が垂れ込めていて嫌な予感が・・・

降りてみたら雲の下はやっぱり若干雨模様。
ご多分に漏れず「初めて行く所は雨」の法則が発動です


プラハ到着はターミナル2。
荷物をピックアップしてから、まずは空港で両替。

チェコの通貨はコルナ
チェコはEUとシェンゲン協定には加盟していますが、ユーロには加盟していません。
いずれ加盟する予定のようなんですけど、コルナのままの方がいいような・・・。

1月7日の両替レートは1円=4.5コルナぐらいだったでしょうか。
日本円で2万円ほど換金しました。
後で街角のキャッシュディスペンサーからキャッシングもしたんですが、
こちらも同じぐらいのレートでした。

買い物や食事の支払いにはユーロも遣えましたが、お釣りはコルナでした。



さて次はプラハ中心部までの移動ですが、空港バス(AE)を利用しました。
空港バス乗り場はターミナルを出てすぐの所にあるんですが、
時刻表を見てビックリ!1時間に2本しか走っていません。
しかも、ワンとも達が行った時、バスは行ったばっかり・・・
気温4℃の寒い中、30分待ちましたよ。
プラハ・ルズィニェ空港③
『ターミナル2の空港バス乗り場』
市バスのバス停と一緒になっていました。



運賃は60コルナ(約270円)
ガイドブックには運転手からも買えると書いてありましたが、
時間もあるのでダンナ・ピットがターミナルのチケット売り場まで買いに行きました。
チケット売り場も特に案内が無く、ちょっと分かりづらかったようです。
プラハ エアポートバスチケット
『空港バス(AE)のチケット』


移動手段は他に市バス、シャトルバス、タクシーがありました。

ただ、プラハのタクシーはボッタクリで有名らしく、
旅行前の下調べでもその情報はかなり目にしました。
外務省のホームページにも注意喚起の文章が載っているぐらいなんですよ。
しかも信頼性の高いタクシー会社の名前と電話番号まで。

空港からタクシーを利用する場合は、到着ロビーのタクシー会社のカウンターで申し込むと、スタッフがタクシーまで案内してくれるそうです。

帰りは出発時間が早く、どうしてもタクシーを使わざるを得なかったので、
ホテルのフロントに呼んでもらいましたが、特に問題はありませんでした。
呼んでもらったタクシーは外務省も推すAAAタクシーでしたよ。



さて空港バスの中心部行き終点はプラハ本駅。
ワンとも達はその一つ手前のマサリク駅で降りました。

でも、このバス停、大雑把にいえばマサリク駅のエリアかもしれませんけど、
実際にはちょっと離れた場所でした。

帰国後、記憶を辿って調べてみたところ、空港バス・マサリク駅のバス停は、
ナームニェスティ・レプブリキ通りのPALLADIUMというピンクのショッピングビルの前だったと思います。

マサリク駅とホテルの位置関係が分かる範囲の地図をダウンロードして持っていったんですが、バス停が駅からそんなに離れているとは思わなかったので、地図外だったんですねぇ・・・

地図アプリも立ち上がらないし、ちょっと小雨模様で、焦りました。
が、ダンナ・ピットの動物的な嗅覚でなんとかホテルに辿り付くことができました。



それから、このマサリク駅ですが、路面電車のアナウンスなどでは、
マサリコーヴォと言っているように聞こえたんですよね。
実際、表記はMasarykovoですし、グーグルマップの日本語表記はマサリコヴォです。どうしてガイドブックの表記はマサリク駅なのかなぁ・・・。
プラハ・マサリク駅
『レトロな雰囲気がステキな夜のマサリク駅』





  




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

バスのチケットの色が綺麗ですね。

行きたかったですよ、プラハ。『アマデウス』が撮影されたくらい、綺麗な街だということは聞いていますが、実際に見てみたかったです。Danさんの会社の工場は、ウィーンとプラハのちょうど中間くらいの町にあるようで、そこに駐在している日本人は、大抵ウィーンに週末買い出しに行っているようです。「観光は一切せず、和食食べて、和食材食べて、さっと帰る!」と、言っていました。(^_^;) 出張でチェコに時々行っていたDanさんに言わせると、「食い物は、ドイツより美味しいよ!」とのことですが、ワンともさん的にはどうでした?
先進国になりきれない国のタクシーは、やっぱり緊張するでしょうね。いいタクシー会社を利用されたようで何よりです。ルーマニアでは、若い日本人女性が殺されちゃってましたから、場合によっては命がけ…

to:Kakaさん

あら~、プラハはまだだったんですか。勿体な~い。観光地ですけど落ち着いてて期待以上に良かったです。行ったのが冬だったせいもあるかもしれませんが。プラハにも和食店や和食材店はあるようですが(チェコ大統領選に立候補しようとした日系人は和食材店経営だそうです)、ウィーンの方が使い勝手がいいんでしょうね。でも、どっちに行くにしても結構な距離だと思います。あ、ウィーンの方が交通の便がいいのかもしれませんね。チェコのご飯もドイツと変わらない気がしましたけど、まぁ確かに若干チェコに軍配でしょうかね。
タクシーに限らず政治や会社の汚職など、東側だった頃の悪癖がまだ残っているようです。真っ当にやった方が長い目で見ると良いってことに気付いてほしいですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。