FC2ブログ

『TORRES~トーレス~』 ワイナリー・ツアー②

2007 バルセロナ&ミュンヘン
06 /04 2008
このワイナリーは17世紀から続いていますがスペイン内戦(1936-1939)の時に破壊され、その後再建されたものだとか。内戦前は確か巨大な樽だったかな・・・があって、それがシンボルだったそうです。
醸造設備は今や近代化されていましたが、伝統的な部分も大事にしているんだとか。

赤ワインを絞るタンク。
Torres7.jpg



白ワイン用タンク。
Torres6.jpg

圧搾するんだと思っていたらブドウの重みだけで果汁を抽出するんですって。決してブレンドもしないそう。



斜面を利用した貯蔵庫の入口はひっそりとしていました。
Torres8.jpg



中は温度や湿度が一定に保たれ、樽は収穫された年・種類・畑などごとにきちんと管理されています。こんなトンネルが何本も奥に延びていました。
Torres3.jpg

ヴィンテージで一番古いのは1906年もの。
1906年というと日本では明治39年。夏目漱石が「坊ちゃん」を発表した年で、前年は日露戦争が終結した年です。
でも、ワインはもって80年が限界。
1~3年ぐらいで飲むのが一番いいんだとか。
ヴィンテージはあくまでもディスプレイだそうですよ。



バルセロナから少し離れた辺りからずーっと続く葡萄畑。
初夏から秋にかけて行ったら、全然様子が違うんでしょうねぇ・・・。
Torres9.jpg

TORRES社はペネデス以外にもスペインの各地やチリ、カリフォルニアにも畑を所有しているそうです。


約1時間ほどのツアーが終わり、試飲をしてお土産を買ってペネデスの駅まで戻ると夕闇が迫っていていました。この時は冬至が近かったですけど、17時でも十分陽が残っていました。
途中にフレシネの醸造所を見かけたので次回訪ねてみたいですね。
VilaFrancaDelPenedes4.jpg
“ヴィラ・フランカ・ペネデス駅”


TORRESの見学はホームページから予約できます。
トップページからのアクセスは「COME AND VISIT」
「Our Winely in Pacs (Spain)」から。
「Request Visit」が予約フォーマットです。


見学ツアーをしているTORRESのワイナリーは他にもあるので、
バルセロナからペネデスへ行く場合は
上記の「Pacs」を選んでください。

見学ツアーの時間は午前10:00~と午後16:00~の2回のみ。
料金は一人4ユーロ
最後におつまみ少しとグラスに一杯のワインの試飲をしました。
(ワンともはもう一杯飲ませてもらっちゃいました~オンプ 

全体の所要時間は約5時間。
移動の方法は明日ご紹介しますね。






関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

酒蔵

そうですねぇ、やっぱりワイン蔵って、ワンともさんの仰る写真のようなイメ-ジですよね。ワインでもウィスキ-でも酒樽の香りっていいですよね。酒蔵に居るだけで酔っ払えそうな気がします。(^。^) 白州のウィスキ-工場見学に行った時もそれはそれは良い香りが漂っていました。
入場料が4euroというのは良心的ですね。ヘレスの『Tio Pepe』は8euroでしたよ。

ヴィンテ-ジもの、あまり古いと飲めないなんて知りませんでした。(-_-;) 

to:Noraさん

ウイスキーも樽の香りが大切らしいですね。
日本酒は逆にホーロータンクに代わっていったみたいですけど。
白州の工場って見学できるんですね。
機会があったら行ってみよう~。

ヘレスといえばシェリーですよね。
『Tio Pepe』って、セビージャから行けるのかしら?
ワンとももヴィンテージのほうが美味しいような感覚でしたけど古すぎるのもダメなんでしょうね。
よく自分の生まれた年のワインを結婚式に使うカップルもいますけどどうなんでしょう???20~30年ぐらいだったら大丈夫なのかなぁ。
それにしてもヴィンテージってどんな味なんでしょうね。どんな風にダメなのか飲んでみたいですけどねぇ~。

Jerez

Jerezには、Sevilleから行けますよ。Seville基点に日帰り往復するとなると、Jerezの醸造所の見学だけで終わってしまうかもしれませんけど。「醸造所の近くで食事もしたい!」とJerezにも一泊したのですが、Jerezには泊まらなくてもヨカッタかなぁと思っています。(^_^;)

生まれた年のワインって・・・ (汗) 飲み物として飲めたとしても、高くて買えないだろうなぁ。密かに、Tamaが入社した年(今なら手が届くだろうか・・・?)のワインを購入して、定年退職時に贈ろうかなぁなんて思ってみたのですが、それも40年近く経ってしまうんで、難しいところですね。日本だと、折角高いワイン買っても開ける前に地震で割れちゃう恐れもあり。(^_^;)

to:Noraさん

そうですか。
今度行ってみようかな。セヴィージャだけで目いっぱいかもしれないけど、なるべく行く方向で・・・。ヘレスで食事したい時は早めに出ることにします。

生まれた年のワイン・・・確かにねぇ。
きっとお金持ちなんですよ~。
探す方も大変だと思います。
ワンともは、友達の出産祝いに「子供が20才になったら飲んでね」ってワインを贈ったことはありますけど、もう飲んじゃったような気がします。
TORRESの言うとおりさっさと飲むに限るのかも・・・(・・*)ゞ

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。