FC2ブログ

2013年 バルセロナ-プラハ旅行23

2013 バルセロナ&チェコ
03 /29 2013
ストラホフ修道院からNerudova(ネルドヴァ)という通りをぶらぶら下ってくると
マラー・ストラナ広場に出ました。
あちらの団体旅行者らしき集団が添乗員さんの説明を聞きながらバシバシ写真を撮っていたので、ワンともも一枚。
中央の塔は “ペストの円柱”、左側の建物は“聖ミクラーシュ教会”
2013 January マラー・ストラナ⑥



この広場のすぐ側、にあるスターバックスのチェコ第一号店
トラム停Malostranské náměstí(マロストランスケー・ナームニェスティー)が最寄駅です。<MAP>
チェコじゃそんなに安くない価格だと思いましたが、それなりに混んでました。
2013 January マラー・ストラナ⑪



このエリアは18世紀ごろからあまり変わっていないそうで、
Nerudova(ネルドヴァ)通りからMostecká(モステツカー)通りにかけては色んなお店がありました。
このアーケドにはレストランが多かったかな。
2013 January マラー・ストラナ⑦



ダックスの飼い主としてはやっぱり反応してしまう一品。
チェコもイタリアンのレストランが多いような気がしました。
2013 January マラー・ストラナ③



陶器やガラス製品が名産のチェコ
陶器だとブルーオニオン、ガラスだとボヘミア・グラスですが、
街角のお店ではそうじゃない陶器やガラス製品も多く見かけました。
あと、お隣がポーランドだからでしょうか、琥珀のアクセサリーも多かったです。
2013 January マラー・ストラナ② 2013 January マラー・ストラナ④
ガラス細工の方は「善良な兵士シュヴェイク」がモチーフでしょうか。
中央のフクロウは目が据わってるし・・・。



人形劇が盛んなチェコだけあってマリオネット人形のお店もよく見ました。
劇場も多いみたいですね。それこそ国立劇場から大道芸まで。
伝統的なマリオネットの中で異彩を放っていたマイケルとジャック・スパロー。
2013 January マラー・ストラナ①



セグウェイツアーを発見!
ダンナ・ピットが興味津々でしたが、ちょっと高いうえ3時間のツアー以外に練習時間も要るらしく、最終日の午後には向かないということで諦めました。
2013 January マラー・ストラナ⑤



こんな珍しい車も発見!
ボディがダンボールでできているという東ドイツ製の車“トラバント”
ボディがダンボールというのは西側の揶揄で実際は繊維強化プラスチックだそうですが、資材不足からプラスチックに紙を混ぜていたそうです。
タイ式マッサージ店のPR用に置かれていたものですが、ナンバープレートが付いているので走らせようと思えば走るのかなぁ・・・。
そういえばタイ式マッサージ店も何件か見かけました。
2013 January マラー・ストラナ⑧



こんなクラシックカーもありました。
こちらは市内観光用で60分1650コルナ(約7,425円)から。
時間内であればコースは勝手に決められるそうです。
観光客を乗せて走っているのを1、2回見かけました。
2013 January マラー・ストラナ⑨



このまま歩いてカレル橋を渡り、17番のトラムに乗ってJiráskovo náměstí(イラースコヴォ ナームニェスティー)で下車・・・するはずが間違えて一つ手前で降りてしまいました。
仕方がないので一駅歩いて“ダンシングハウス”へ。
男女がダンスしている様子をビルで表したデザインだそうですが、建築当初はあまり評判が芳しくなかったみたいです。
面白いですけど使いづらそう。
2013 January ダンシンングビル



ここから一駅だけトラムに乗って“カフェ スラビア”へ。
ダンシングハウスに行く時に間違えて降りたトラム停のすぐ側にあります。
1800年代に隣の国民劇場を利用する文化人のためにオープンしたカフェだそうです。
国民劇場???
こんなに近くを通りながら全然存在に気付きませんでした。
ガイドブックを見たら三ツ星が付いてました。見逃したぁ~
2013 January カフェ・スラビア②



そんな文化薫るカフェで頂いたのは、
ダンナ・ピットはビール、ワンともはコーヒーとケーキ。
このチョコレートケーキ、ケーキ自体は甘過ぎずいい感じだったんですが、スポンジとチョコの間にジャムが・・・ 。ワンともはジャムが食べられないんですぅ
頑張ってちょっとは食べてみたんですがダンナ・ピットにパスしました。
「ケーキとビールは合わない」って言ってましたけど、そうだろうねぇ
2013 January カフェ・スラビア①





『カフェ スラビア』
Smetanovo nábřeží 1 110 00 Praha <MAP>
224 218 493
最寄のトラム停 Národní divadlo(ナーロドニー ティヴァドロ)






  




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

スタバ

こちらがチェコの第1号店なんですね。そういえば、先日、島根県に第1号店が出来、行列が出来た、なんてニュースを見ました。あんなに沢山あるチェーン店で、まだ無い県が日本にあったんですね。(^_^;)

ダンシングハウスとやらは、ん〜、微妙な感じ。使いづらそうでもあり、スペース効率が悪そうですもん。ビルの中にいる分には、問題無いんでしょうかね?

国立劇場じゃなく、国民劇場っていうと、なんか地方の公民館をイメージしてしまいます。星が三つも付いているのなら、それなりに格調高い劇場なんでしょうけど。ビールにケーキはダメ? ビールしか飲まない私の叔父は、ビールにおはぎでもOKな人です。(^_^) ケーキに挟まってるジャム… ありがちですよね。ドイツでも「このジャムがなければ…」みたいなケーキは沢山ありました。

to:Kakaさん

今ではチェコ店も数店舗あるようです。日本では、この間、島根にオープンして、残るは鳥取だけになったみたいですね。
曲線の構造物は使いづらいと思いますよ。家具が特注品や造り付けなら別ですが、一般販売品は合わないでしょうしね。デザイナーズ○○とかって一見オシャレですけど使いづらいのが多い気がします。例えばホテルのバスルームとか・・・。

国民劇場は、オーストリア帝国に支配されたいた頃はドイツ語が主流だったらしく、「チェコ語によるチェコ人のための劇場」を求めてチェコ人の募金で出来た劇場なので国民とが使われているみたいです。建物は格調高いですが公演内容は幅広いみたいですよ。
ワンともはビールにポッキーとかアーモンドチョコぐらいだったら大丈夫ですがケーキはちょっと。あんこ系はさらにちょっと。果物が載っているぐらいなら大丈夫ですが加熱加工してあるのはちょっと苦手です。女はフルーツ系が大好きという先入観でこられるとちょっと困る事があります。

スーパーマリオネーションが制作したサンダーバードやキャプテンスカーレット。
私は大好きですが、これらはちょっと異質ですね。

to:片田舎動物病院 院長さん

チェコのマリオネットは口は開くけど目は動かないみたいです。
映像と劇場とでは動きや声の大きさなども違うかもしれませんね。
ワンともは人形劇というとプリンプリン物語とかドリフの西遊記とかですね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。