FC2ブログ

コンフェデレーションズ杯2013 決勝

サッカー観戦
07 /02 2013
昨日の朝はコンフェデレーションズ杯の決勝を見るために6時に起床。
せっかく早起きしたのにキックオフは7時からでした・・・。
だったら、番組表に6時から関連番組、7時から試合って書いてよ~

決勝はブラジル-スペイン。
絶好調の開催国ブラジルとFIFAランク1位のスペインというまたとない好カード。
当然、緊迫した接戦を期待していましたが、結果は3-0でブラジルの圧勝。


ブラジルは一時、サッカー王国没落の様相を呈していましたが、
今のチームは見違えるほど強くなっていると感じました。

メンバーはヨーロッパでプレーしている選手が中心だし、
何よりスコラーリが監督っていうのが大きいんじゃないでしょうか。


一方のスペインはバルセロナのサッカーをベースにした華麗なパスサッカーで
ここ10年近く世界のサッカー界を席巻していましたが、
昨シーズンあたりからそのバルサスタイルを崩され始めました。
それがそのまま代表戦にも出てしまったような気がするんですよね。

相変わらずボール支配率は高いんですけど、ガチガチのゴール前の守備を崩せなくなってきて得点力が落ちています。

逆に早いプレスで高い位置でボールを奪われ、縦のパスで裏を狙われて得点されるケースが目立つような感じがしますね。

なんか、昨シーズンのCL準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦とか、
準決勝のイタリア戦もそんな感じだったと思うんですが・・・。

それでも今回のブラジルは掛け値なしに強かったと思います。

そんなブラジル相手に日本は3-0で済んで良かったネってとこでしょうか。
ま、ブラジルは全力を出してない感じでしたけどね。

イタリア戦も監督自身があれで善戦したなんて思っているようじゃダメですねぇ。

ザッケローニには大いに問題あり。
W杯本戦前に交代した方がいいと思いますが多分しないでしょう。
岡ちゃんの時もしなかったし。

しかし、もっと問題ありなのはその裏にいる原博実!
なんてったって「原博実が選ぶザッケローニ・ジャパン」ですからねぇ~。

今回の散々な結果が原には「決定的な形はできている」ように見えるようですが、
どこが!?
むしろどんどん崩れていると思うんですけどっ!

まぁ、強化担当技術委員長としては保身のための自己弁護もしますわなぁ。
ザッケルゥーニィ原なんてバかな芸名の息子も共倒れしちゃうしね。

しかも原に縁故のあるFC東京がらみの選手の多いこと多いこと。
現FC東京と元FC東京を合わせると5人もいるんですよ。
最終的に外れましたけどサプライズ召集の東も入れたら6人ですよ。
FC東京って、今リーグで何位でしたっけ?(ちなみに7/2現在で7位)
これで原の私情が無いなんて信じられます?

だいたい原の監督実績なんてたった一回ナビスコ杯で優勝しただけなのに
何でこんなヤツがサッカー協会で幅を利かしているのか訳分かりませんが、
こいつが憚っている間は日本代表に未来はありません。





関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。