FC2ブログ

山形・庄内の旅⑥ 『酒田』 ~その2~

2013 鶴岡・酒田
10 /02 2013
満腹になったところで次は酒田観光へ。

まず向かったのは『山居倉庫』
1893年(明治26年)に建てられた米保管倉庫。

黒い板壁の落ち着いた佇まいの蔵とケヤキ並木は絵になる景色でした。
ケヤキは日本海からの強風と夏の日差しから守るために植えられたそうです。
2013 山形・酒田 山居倉庫①


12棟あるうち3棟が資料館やレストランや物産販売のショップになっていますが、
他は現在も倉庫として稼働中です。
2013 山形・酒田 山居倉庫③


屋根は珍しい二重屋根。
倉庫内の風通しを良くするための構造だそう。
2013 山形・酒田 山居倉庫②


ケヤキ並木のある方と反対側も味のある佇まい。
2013 山形・酒田 山居倉庫④


こちらは最上川の物資輸送に使われていた小鵜飼船。
実際には前方に帆を掛けて使うようです。
上り船では塩、砂糖、海産物、木綿、茶など、下り船では米、紅花、青苧、大豆などが運ばれたそう。
2013 山形・酒田 山居倉庫⑤

青苧(カラムシ)って何だろうと思い調べてみたら、麻のような繊維が取れる植物だそうで、現在でも有名な小千谷縮や越後上布の原料なんだそうです。
一大産地だった戦国時代の越後では上杉謙信の大きな財源にもなっていたそうですよ。今では福島県の昭和村が唯一の産地なんだそうです。


最後に併設のショップ『酒田夢の倶楽』でお土産を買って、つや姫とさくらんぼのミックスソフトを食べました。
ちょっとジェラートっぽいソフトクリームでした。
2013 山形・酒田 山居倉庫⑥
ピ、ピントが奥に合ってしまった・・・。




関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

地元が米産地なので他地区の米はあまり食べたことはありませんが、
このような作物にかかわる遺物、
全国に多くありますね。

to:片田舎動物病院 院長さん

以前は黒部産のコシヒカリを食べていましたが
すごく美味しかったです。
今は地元支援 もあって福島産を 食べています。
農耕文化の遺物も現代のものとミックスさせながら
残せていけたらいいですよね。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。