FC2ブログ

山形・庄内の旅⑩

2013 鶴岡・酒田
10 /07 2013
鶴岡最後の観光は『鶴岡カトリック教会 天主堂』

前日、酒田から戻ってきてからちょっと寄ったんですが
肝心なものを見るのを忘れてしまったので再度行ってみました。

こちらの天主堂は1903年(明治36年)に完成したロマネスク様式の木造建築で、
国の重要文化財だそうです。
2013 09 鶴岡カトリック教会 天主堂④


自然光だけなのでちょっと暗くなっちゃいましたが、こちらが祭壇。
両脇の窓の絵はステンドグラスではない「貼り絵」という方式で、日本で見られるのはこちらの教会だけだそうです。
2013 09 鶴岡カトリック教会 天主堂①


こちらは祭壇の反対側、入り口の上にあるパイプオルガン。
2013 09 鶴岡カトリック教会 天主堂②


信者の席が畳の上に椅子というのも日本ならではな感じです。
2013 09 鶴岡カトリック教会 天主堂③


そしてこちらが“黒い聖母”
こちらの教会が出来たときにフランスのノルマンディーにあるデリブランド修道院のから寄贈されたものだそうです。
黒い聖母はモンセラットで見て以来です。あまり無いので珍しいですよね。
前日はコレを見るのを忘れちゃって再度の来訪でした。
2013 09 鶴岡カトリック教会 天主堂⑤
コンデジのレンズの内部が曇っていたようです(- -;)



鶴岡観光はここまでで帰路につくことにしましたが、ちょうどお昼だったので鶴岡でランチを食べてから帰ることにしました。

お店に着くちょっと前ぐらいから台風の影響で強雨が暴風雨になってきました。
古い蔵を移築した素敵な外観だったんですけどね、写真なんて撮れる状況じゃなかったので駐車場からダッシュで店内へ。
開店してすぐだったのでまだ空いていましたが、暴風雨にも係わらず暫らくすると店内はほぼ満席に。人気店のようです。
2013 09 山形・庄内 金沢屋①
羽黒のそば蔵『金沢屋』


2人とも注文したのは十割そばと麦切りの “あいもり”
タイムサービス(11時~12時までの20食限定)で通常1,050円が680円です。
そばも麦切りもほぼ一人前に近い量でお盆に乗り切らないので麦切りは別に出てきました。
2013 09 山形・庄内 金沢屋②
2013 09 山形・庄内 金沢屋③
「麦切り」


麦切りは小麦粉を練って切るから麦切りというそうです。
麦切りがちょっと細いぐらいでうどんとの違いはよく分かりませんが、つるつるシコシコで美味しいのは間違いありません。


タイムサービスで得しちゃったのでデザートのセットも食べました。
食事と一緒だと500円が350円になります。
デザートはとうふプリンとお酒の風味がするパウンドケーキ?でした。
2013 09 山形・庄内 金沢屋④


食後もダッシュで車に駆け込み、台風に向かって帰ってきました。

仙台在住だったころに山形には何度か行っているんですが、雨の確立が高いんですよねぇ。一度は雪で大変な目に遭ったし・・・。

でも、庄内地方はとてもいい所でしたし、山形は他にも蔵王や山寺が有名です。
どちらもこれからの見所は紅葉でしょうかね。


これで山形・庄内のたびは終了です。
長々とお付き合いありがとうございました。
関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

すばらしい教会建築ですね。誰の設計でしょうか。ぜひ見てみたいです。

to:minさん

フランス人のパピノ神父という方だそうです。
こじんまりして可愛らしい教会でした。
お近くに行かれたらぜひ。

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。