FC2ブログ

『永遠の0』読み始めました

世間話し
12 /20 2013
今頃かよっ!とツッコミを受けそうですがようやく読み始めました。
まだちょっとしか読んでいませんがかなり読みやすいです。



ホントは図書館で借りようと思ったんですけど3年ぐらい先まで予約でいっぱいだったので、珍しく?(笑)、書店で買いました。作家さん、ゴメンなさい(^^;)

近所の買取もしている書店では、この本については買取額30%UPになってましたし、出版されてからもう4年も経つのにAmazonでもいまだに本のランキング2位ですからね、相当な人気ですね。
明日から映画も始まるし、また1位に返り咲くかもしれませんね。

ワンコの散歩友の奥さんも「読んだわよ。面白かったわよ。映画も見に行くの」
と言っているぐらいなので、戦争モノだけど万人ウケしているんでしょうね。

奥さん「でも、主演が岡田くんでしょ。ちょっと顔が今どきじゃない?」
ワンとも「昔顔の若手俳優って誰かなぁ?」
奥さん「う~ん、すぐ思い出せないよね~」

『大空のサムライ』の坂井三郎も戦時中はまだ20代でしたけど、写真を見ると
どう見ても20代には見えない・・・。
昔の人は若くても顔つきが出来あがっちゃってるから、現代だと30代の俳優さんじゃないと見合わない感じですよねぇ。

昔顔の若手俳優・・・いまだに思いつきません。

そういえば、ワンともが買った書店では、『永遠の0』の横に坂井三郎著『大空のサムライ』も関連本として並んでいました。
結構古い本ですけどなかなか面白かったですよ。

それにしても、スタジオジブリの『風立ちぬ』も零戦の話でしたし、
今年は零戦ブームなんでしょうかね。

そういえば靖国神社の遊就館に零戦が展示されていたと思うんですが、
だいぶ前に一度見学に行ったことがあるんですけど、ちょっとうろ覚えです。

しばらくは混みそうなので落ち着いたらまた改めて見に行ってみようかな。



関連記事


ポチッ-☆とよろしくお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング





コメント

非公開コメント

鹿児島県知覧の特攻基地を見学に行ったことあるんだけど
涙なしに見れなかったの思い出したよ。

to:ビリキナータさん

「ホタル帰る」を読んでから知覧の特効基地は一度行ってみたいと思っていますが、
心身ともに元気じゃないと圧倒されそうで怖いですね。

百田尚樹さんといえば『海賊とよばれた男』ですね。読んでいませんが、興味はあります。先日、初めてTVで百田さんを拝見しましたが、著書と違って明るい方なんですね。大阪のオモロいオッサンって感じでした。クラシック音楽の大ファンということで、『題名のない音楽会』に出演されていたんです。
『永遠の0』は… 私は図書館で数百人待ちしてから読みたいと思います。私がこんなに努力しているのに、Danさんは毎週土日とも本屋に行ってなにかしら買っていますけどね。読みたい本の種類が違うのが残念。
昔顔の若手俳優… 『ごちそうさん』の東出君は「今風さがまるで無い」ということで採用されたようですよ。でも、彼はモデルですもんね。ちょと違うか。

to:Kakaさん

確かに百田尚樹さんのキャラは意外でしたね。作家の前は放送作家だったそうなので面白いのも納得です。「海賊と呼ばれた男」もだいぶ予約待ちしないとダメなので、待ちきれなかったら買うつもりですが、でも文庫になってからですね。最近はもっぱら図書館に無いのだけ買うようにしていますが、絶版や特に単価の高いCDは助かりますね。作家さんにとって図書館は迷惑でしょうけど(^^;) ウチはダンナ・ピットがほとんど本を読まないので買うのも借りるのももっぱらワンとものみです。
「今風じゃない」といえば昔、「君の名は」に出た時の鈴木京香がそんなふうに言われていたような・・・。東出君はメイクや衣装のせいもあると思いますが確かに七三がよく似合いますね。 岡田君は「少年岡田」のイメージが強くて(^^;)

ワンとも

計画好きトラベラー
「ワンとも」です。
旅の相方は「ダンナ・ピット」。
我が家の旅にまつわるアレコレを、乏しい文章力をフル回転して書いています。
応援よろしくおねがいします。